トラック運転手がフォークリフト資格を取るべき理由|フォークリフト免許の取り方とは?

      2018/08/06

フォークリフトを運転するには資格を取得しないといけないことをご存知ですか?

フォークリフトは人の手では持ち上げられない重い荷物の持ち上げや短距離の運送ができ、運送現場で非常に重宝される免許です。トラック運転手なら持っていて損はないでしょう。

また、フォークリフト資格を取るのが難しいイメージがあるかもしれませんが、実は比較的簡単に取ることができます。

今回はフォークリフトがどんな車両か、フォークリフト運転資格の取得方法などについてご紹介します!

フォークリフトとは?

工事現場などで一度は見かけたことがあるフォークリフトですが、実際どんな機能を持つ車両なのでしょうか?

一言で言うと、フォークリフトはつめ(フォーク)を車体前面に備えた荷役自動車のことです。

厳密には、以下3つの条件を満たす車両をフォークリフトと呼びます。

  • フォークなどの貨物を保持する装置が装備されている。
  • マスト(フォークを上下させるために必要なレール)を保有する。
  • 動力を持って走行、フォークなどの昇降をおこなう。

(引用元:Wikipedia

フォークリフトを使うことにより、人間の手の数十倍の力が必要な荷物の上げ下ろしが簡単にできるため、運送業界だけでなく建築業界や食品業界でも使われます。

フォークリストは様々な現場で重宝するため、潰しがきく免許です。

フォークリフトの免許取得方法

フォークリフトは特殊な運転技術が必要になるため、普通免許を持っているだけでは運転できません。

ただし、特殊免許を取得する必要はなく、講習を受講し資格を取得することで運転できます。また、講習は18歳以上であれば誰でも受講することができ、期間は1週間、費用は4万円程度で済みます

講義を受ければ誰でも取得できる資格のため、フォークリフトを運転することは意外と簡単にできるのです。

フォークリフト運転技能講習

最大積載荷重が1t以上のフォークリフトの場合、フォークリフト運転技能講習を受講する必要があります。

労働基準局長指定による教習機関で講習が行わ他後、「技能講習終了証」が交付されます。技能講習の内容は学科、実技、終了試験です。

技能講習修了証を持っていれば、すべてのフォークリフトを運転することができます。

特別教育

最大積載荷重が1t未満の小型フォークリフト特別教育の受講が必要です。

内容は運転技能講習と同じく学科と実技で、終了試験はありません。

(引用元:物流倉庫プランナーズ

フォークリフトの種類

フォークリフトは用途や特徴によって種類が異なり、種類によって必要な免許も変わります。

主要なフォークリフトの種類をご紹介します。

カウンターバランスフォークリフト

カウンターバランスフォークリフトとは、皆さんがよく見る最も一般的なフォークリフトです。

座って乗るタイプで、つめで荷物を持ち上げた時にバランスが取れるように、後ろに重みをつけてバランスをとっています。

カウンターバランスフォークリフトの大きな特徴は、転倒しにくく安定感があり、安全性の高い車両であるということです。

また、つめの上昇速度や車両の走行速度が早いため、作業効率も高いです。

ただし、リーチフォークリフトに比べると車体が大きいため、狭い場所での作業には不向きです。(引用元:カウンターフォークリフトってどんなもの?

リーチフォークリフト

リーチフォークリフトとは、立ったまま運転や作業をするタイプのフォークリフトです。

小回りが利き、狭い場所でも問題なく作業できるため、屋外より屋内で使用される事が多いフォークリフトです

欠点は、背が高くバランスがとりにくいため、転倒事故も起こりやすい車両であることです。運転はカウンターバランスフォークリフトより難しくなります。

サイドフォークリフト

サイドフォークリフトは、長尺物の運送に使われるフォークリフトです。

鋼材、木材、アルミサッシ、カーペットなどを専用の広い荷台に載せて運びます。

2.5tのサイドフォークリフトは、全長が約2700㎜にもなります。通常のフォークリフトでは横から落ちてしまうような長尺の荷物を安全に運ぶことが可能です。

ウォーキーフォークリフト

コンパクトな歩行タイプのフォークリフトを、ウォーキーフォークリフトと呼びます。

歩行しながら運転するため、広範囲の移動はできませんが、狭い通路や天井の低い場所での荷物運送に最適です。

小型フォークリフトのため、特別教育の資格があれば運転できます

(引用元:物流倉庫プランナーズ

フォークリフト資格があれば転職に有利?

トラック運転手はトラックの運転だけではなく、荷物の積み込みも行うことが多いため、フォークリフトが運転できることは転職で大きなアドバンテージになります。

求人検索をしたことがあるドライバーなら、「要フォークリフト免許」と書かれた求人を見ることは多いのではないでしょうか?

フォークリフトの免許や運転経験がが履歴書にあるだけで、トラック運転手の転職の幅が広がるのです。

現役トラック運転手のブログでも、フォークリフト免許は絶対とっておくべきだと書かれています。

大型免許とセットで絶対的にとっておくべき資格、それがフォークリフト免許です。

(中略)

トラック運転手で昇給するためにはトラックのサイズを大きくするぐらいです。大型免許、フォークリフト免許を取得すれば昇給する可能性が高くなります。人生大きく変わりますよΣ(゜Д゜)

(引用元:TruckerLog

比較的簡単に取得できる免許でもあるので、トラック運転手を目指している方は、ぜひフォークリフト免許取得を検討してみてください!

最後に

フォークリフトとはどういう免許か理解いただけたでしょうか?

講習を受ければ運転することができるため、比較的簡単にフォークリフトを運転できることがわかっていただけたと思います。

仕事の幅を広げたいと思っているトラック運転手の皆さんは、ぜひフォークリフト資格を目指してみてはいかがでしょうか?

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東(東京/埼玉/千葉/神奈川など)、愛知県
・年齢:全年齢OK
・経験:経験者、未経験者ともにOK

運送会社の多いエリアにて、かなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。
特に、関東や愛知県でお仕事を検索したいドライバー様には、自信を持ってオススメできます!
10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能です!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としていますが、関東以外の求人情報は他社より多い状況となっております。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント 公式サイト >>

【3位】 マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東以外・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's 公式サイト >>

 - トラック運転手