フォークリフトのリーチ式とカウンター式とは?それぞれの特徴と違い、必要な資格

   

フォークリフトには操作方法が違う2つの種類があるのをご存知ですか?聞いたことはあるけれど、詳しい操作方法について知らないと聞きづらいものですよね。

そこで、フォークリフトのリーチ式とカウンター式、それぞれの特徴と必要な資格についてご紹介したいと思います。

リーチ式リフトの特徴

最大の特徴は運転する人が立った状態で操縦する事ができるのが最大の特徴です。爪の部分が上下するのはカウンター式フォークリフトと違いはありませんが、爪の部分が前後に伸縮するのがリーチ式の特徴です。

爪の部分が伸縮するという事は爪の長さを調節できるという事になります。そのため狭い場所で作業をするのに適しています。

バッテリーで動くタイプが多いので空気を汚す事がありません。そのため屋内の作業に向いています。倉庫やデパートなどの集配などで使われる事もあるようです。

運転をする時に立った状態で作業をするので、あまり大きな荷物を積むのは危険です。そのため軽い荷物を移動させたりするのに使われる事が多いです。

カウンター式リフトの特徴

一報のカウンター式リフトは誰もが見た事があるという、運転手が座った状態で作業できるタイプのフォークリフトです。

カウンター式のフォークリフトは座席の後ろや下の部分に重りを搭載しています。そのため重い荷物を運ぶのに適しています。

例えば重い荷物を運ぶ時に荷物の重さで前に重心が傾くと言ったことがありません。さらに爪ががっちりとした大きなのも特徴の一つです。

これだけではなく、フォークの爪の上下の稼働領域が広く、さらに言えば重心がしっかりとしているので、爪の上昇と下降の時のスピードが速く効率的です。

しかしながらカウンター式のフォークリフトは、爪が伸縮しないので小回りがきかないというのも特徴と言えるでしょう。屋外でも屋内でも幅広く使われているタイプです。

必要な資格

フォークリフトの運転をするのは簡単そうに見えても意外と難しい作業です。そのため資格を取得していない方がフォークリフトの操作をする事はできません。

ちなみにフォークリフトの資格の正式名称は「フォークリフト運転技能講習終了証」と言い、普通に道路を走っている車とは違う、労働安全衛生法で定められています。

技能講習終了証ですので免許という感じではなく、終了証のカードを受け取る事になります。

フォークリフトの運転技能講習終了証を取得すれ、どんな業務であっても講習を終了していれば、多くのフォークリフトの運転ができます。フォークリフトの需要が高い現在だからこそ取得を検討してはいかがでしょうか。

求人の違い

面接

フォークリフトの資格についてはどちらも一緒です。では求人ではどちらの方がお給料が良いのか?ここ一番気になるところですね。少しでもお給料が高い方が良いというのは誰もが思うところです。

ですがどちらの方がお給料が高いという決定的な差はありません。でも経験者が優遇されるというのは同じです。

できればどちらのタイプのフォークリフトも運転経験があると、採用する側としても優先順位が上がります。なのでできればどちらのフォークリフトも経験があった方が良いでしょう。

多くの場合はドライバーとして働いていて、フォークの資格を取得するという方が有利かもしれません。その方がお給料のアップにつながるからです。

フォークを使うのが必須な運送業界においては、資格を取得している方が多い方が作業効率が上がるので、未経験であっても臆さずどんどん応募してみると良いでしょう。

まとめ

今回はフォークリフトのリーチの違いについてをご紹介いたしました。それぞれのタイプの特徴やどんな動きをするのかなどについての疑問が解消できたら幸いです。

フォークリフトでお仕事がしたいと思っているのなら、どちらも経験しておいた方が得なのは間違いなさそうです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!高待遇に求人を1分で無料検索(全国対応)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、ハローワークや求人誌、友達の紹介などで転職してしまっているからです。

もっと良い会社があるにも関わらず、面倒くさい・いつも使っているからという理由で、あまり求人を探さずに転職を決めてしまっているのです。

しかし、転職サイトなどはドライバー求人を専門にしていなかったり、検索条件がドライバー向きではなかったりして探しづらかったりしますよね。

そこで、私はドライバー専門求人検索出来るサイトで求人を探すことをオススメしています。

このあと紹介するサイトは、「ドライバー求人のみを扱った求人サイト」です。
※トラック、タクシー、トレーラー、ゴミ収集、フォークリフトなど運転を伴う求人

簡単な条件、エリアで検索すると、希望条件にあったドライバー求人のみを見つけることができます。

・転職したいが、忙しくて転職活動に時間をかけられない方
・初めての転職で、誰かに相談したい方
・ハローワークや求人誌の転職で失敗した方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の簡単無料求人検索サービス

ドライバー求人検索

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索/登録して見ることをおすすめします!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

 - フォークリフト