4tトラックの積載量・才数・m3はどのくらい?車両総重量との違いも解説

   

4tトラックは公道を走るトラックの中で、一番多く走っていると言っても過言ではないほど多く走っていて、物流業界では必要不可欠なサイズですよね。

そのため、4tトラックの求人も数多く出ており、ここからドライバーへの転職を考えている方も多いと思います。

しかし、これから乗ろうと思っているトラックの積載量についてご存知の方は少なく、4t車だから4t積めるだろうと思っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、4tトラックの積載量に関することについて詳しくお伝えしていきたいと思います。

積載量とは

トラックを使用するメリットの1つは、「たくさんの物を積むことができるから」です。普通の乗用車以上に多くの荷物を積めるからこそ、トラックの使用に意味があります。

ただ、トラックのタイプによってどの程度積載できるかが異なります。そのトラックで積載できる最大の物量を「最大積載量」と言い、これをオーバーしてしまうと法律違反ということになります。

そのため、「ぎゅうぎゅうになるまで積もう!」という考え方だと、知らず知らずのうちに法律違反を犯していたということになるかもしれません。

4tトラックは積載量が4tと言う意味ではない

4tトラックとは、いわゆる中型トラックのことを指します。日本でも数多くの4tトラックが日々走行していますが、4tトラックがどのようなものかという点については、意外と知らない人が多いです。

「積載量が4tだから4tトラックなんでしょ?」という人は多いですが、実はそうではありません。車両によって重量が異なりますので、その重量次第では4tの物を積めないというケースもあるのです。

「4t以上積めるトラックもあれば、そうでないトラックもある」ということですね。

最大積載量と車両総重量の関係

最大積載量とは、車両総重量から車両重量+乗車員を引いたものです。一昔前の道路交通法では、中型自動車の総重量は8t未満までとされていました。

したがって、例えば車両重量が4tだとすると、

車両総重量8t-(車両重量4t+乗車定員等0.1t)=3.9t(最大積載量)

となります。

この場合、4t未満の積載しかできないということになるため、単純に4tトラックだから4t積めるということではないのです。

ただし、現行の道交法では、中型自動車の車両総重量が11t未満までということになっていますので、4t以上積めるトラックが多数存在するようになりました。

トラックの形状によって積載量は変化する

トラックの形状については、とても多くの種類がありますが4tトラックも例外ではありません。

平ボディだけでなく、バンボディや冷凍冷蔵車、幌ウィングなどがあり、それぞれ特徴が異なります。また、積載量についても、トラックの形状によって変化します。

そのため、規定上最大積載量が4tだったとしても、物理的にそこまで積めないというケースも発生しうるのです。したがって、各トラックの形状と積載量の関係は、よく踏まえておく必要があるでしょう。

4tトラックは積載量ではなく才数で積むこともある

トラックにどの程度の荷物を積めるかについては、最大積載量で表すケースが多いです。

ただ、その表記だと不十分なケースがあります。なぜなら、荷物によっては、軽いものの容積が大きいというケースがあるからです。その場合、最大積載量の範囲はクリアしていてもトラックには積めないということも起こり得ます。

そこで、もう一つの単位として使われているのが「才数」です。この単位は、容積を表すものです。例えば、1才の場合は30.3×30.3×30.3の立方体を意味しているのです。

「最大積載量3t・850才」という表記の仕方でれば、どのような荷物をどの程度積めるかがはっきりわかりますね。

積載量を守らないと罰則も

最大積載量をオーバーした状態での走行、すなわち過積載での走行となると、厳しい罰則が科せられます。

例えば、中型トラックの過積載の割合が5割以上になると、違反点数3点、反則金4万円が科せられます。また、過積載の割合が10割以上になると、違反点数6点に加え、懲役6ヵ月以下または罰金10万円以下が科せられます。

過積載は非常に危険ですので、絶対にやめましょう。

まとめ

今回は、4tトラックの積載量や車両総重量のこと等について見てきました。

すでにトラックを運転している場合、自分のトラックにどの程度の積載ができるかという点は知っておかなければなりません。積載オーバーとなれば、厳しい罰則が科せられることになってしまいます。

また、現時点でトラックを運転していなくても、これからトラック運転手を目指すということであれば、今のうちに勉強しておくことをおすすめします。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)アフィなし

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東(東京/埼玉/千葉/神奈川など)、愛知県
・年齢:全年齢OK
・経験:経験者、未経験者ともにOK

運送会社の多いエリアにて、かなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。
特に、関東や愛知県でお仕事を検索したいドライバー様には、自信を持ってオススメできます!
10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能です!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としていますが、関東以外の求人情報は他社より多い状況となっております。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東以外・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - トラック運転手