重量物を人力で運搬するのは危険!人力で運搬する時に腰痛にならないための注意点

   

時には重量物を人力で運搬する必要性がありますが、様々な規定があるので知っておく必要性があります。

その規定を守らないまま重量物を運ぶのは危険なので、注意しましょう。それでは、人力で重量物を運搬する注意点についてご説明しましょう。

人力で行う重量物運搬の規定とは

労働基準法にて規定されている

実は人力で行われる重量物の運搬は、労働基準法によって規定されています。これは人力で重量物を運搬する際に過度な重量物を運搬することによる影響を避けるためのもので、主に腰痛対策として啓発や指導が行われています。

詳しくは「職場における腰痛予防対策指針」によって示されており、年齢や性別に応じて人力で運搬する重量物に制限がかけられているのです。

これにより、年齢や性別によって過度に重量がある物を運搬することがありません。

年齢や性別で重さの目安が決まる

先ほどもご説明したように、労働基準法の規定により、年齢や性別によって人力による重量物運搬には制限がかけられています。制限がかけられているのは主に18歳以下の人と女性のみです。

労働基準法により、「職場における腰痛予防対策指針」における18歳以上が人力で重量物の運搬を行う場合は、55キロ以下の荷物しか扱えません。

もしも55キロの重量物を運ぶなら、必ず2人以上で運搬しなければならない決まりとなっています。

重量物運搬の人力に関する重さ制限

18歳以上女性・16~18歳男性

もしも18歳以上の女性や16歳~18歳の男性が人力で重量物を運搬する場合、人力で運ぶ重さに制限がかけられています。

特に女性は女性労働規則によって厳しく制限がかけられており、妊娠中または出産してから1年以内の女性が対象となります。18歳以上の女性や16歳~18歳の男性の重さ制限は、30キロ未満となっています。

16~18歳女子

16歳~18歳の女子が人力で重量物の運搬を行う場合、労働基準法によって25キロ未満の重量物しか運搬できないという決まりがあります。

断続作業を行う場合は必ず25キロまでにすること、そして25キロ以上の重量物を運搬する場合は、必ず2人以上で行うことが絶対です。

たとえ大柄でも決まりが変わることはないので、必ず25キロ未満の重量物を運ぶようにしましょう。

16歳以下男子

16歳以下の未成年者である男子が人力で重量物の運搬を行う場合は、労働基準法によって重さに制限がかけられています。16歳以下の男子が人力で重量物の運搬を行う場合は、原則15キロ以下と決められています。

足腰が成長途中であることから、15キロ以下の重量物しか一人で運ぶことができません。

16歳以下女子

16歳以下の女子も未成年者ということで、人力で重量物を運搬する場合は労働基準法に従わなければなりません。

16歳以下の女子は同じ年代の男子よりも重量物の運搬に適していないので、12キロ以下の重量物を運ぶことが認められています。

この年代でも大柄な女子はいますが、それでも労働基準法に従って運搬する必要性があります。

人力による重量物運搬の継続作業時の重さ制限

18歳以上女性・16~18歳男性

人力によって重量物を継続して運搬する場合は、さらに重さに制限がかけられます。18歳以上の女性や16歳~18歳の男性が人力で重量物を継続して運ぶ場合、20キロ未満までと決められています。

もっと重い物を運べると思っていても、作業に支障が出る可能性があるので必ず20キロ以下の重量物を運ぶようにしましょう。

16~18歳女子

16歳~18歳の女子が人力で重量物を継続して運ぶ場合、15キロ未満と重さが制限されています。断続作業では25キロまででしたが、続けて重量物を人力で運ぶと腰などに負担をかけてしまうので、15キロ以下と細かく決められています。

この点についても、大柄であっても関係がないので無理をせずに15キロ以下の重量物を運ぶようにしましょう。

16歳以下男子

一方、未成年者である16歳以下の男子が人力で重量物を運ぶ場合、10キロ以下の重量物しか運べません。

断続作業では15キロ未満でしたが、お米10キロ分の重量物を続けて運ぶとなると腰だけでなく全身に負担をかけることになります。

無理をすると様々な影響を受ける可能性があるので、必ず10キロ以下の重量物のみを運ぶのが得策です。

16歳以下女子

同じく未成年者である16歳以下の女子は男子よりも力や筋肉が発達していないため、人力で重量物を運ぶ場合は8キロ未満と重さに制限がかけられています。

たったの8キロと思うかもしれませんが、これを続けて運ぶのは身体に負担をかけてしまうので油断しないようにしましょう。

重量物運搬を人力で行う際の注意点

足場の安全確保

人力で重量物を運搬する際に重要なのは、足場の安全確保です。重量物を人力で運んでいる時は足場が見えないことが多いので、何かに躓いたりしてしまうと事故やケガの元になります。

ただでさえ重さに制限がかけられているので、最低でも安全に重量物を運搬する時は、事前に運搬ルートの足場の安全を確保するのが先です。

腰痛体操の活用

人力で重量物を運搬する時は、腰痛対策として腰痛体操を行うのがおすすめです。重量物を運び続けていると腰に負担をかけ続けてしまうだけでなく、急に重い荷物を持ったことで急激な負担をかけてしまう恐れがあります。

腰痛体操を行う時のコツは、腰回りをストレッチするだけでなく、下半身を中心にしっかりと筋肉をほぐして柔らかくすることです。

作業場の定期点検

人力で重量物を安全に運搬するためには、作業場の定期点検を行いましょう。重量物の運搬ルートを安全確保していても、運搬中に何が起こるか分かりません。

作業場で思わぬ事故やケガをする可能性があるので、定期点検は必須だと言えます。

まとめ

労働基準法によって女性はもちろん、未成年者~18歳までの男性も人力で重量物を運ぶ時に重さの制限がかけられています。

重量物を継続して運ぶ時は腰を中心に負担をかけやすいので、しっかりと休憩をすることが大切です。また、安全に重量物を運ぶためにも、安全確保や作業場の定期点検も怠らないようにしましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、東京・関東を中心に求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、リクナビNEXTは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

リクナビNEXT

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東のみ・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - トラック運転手