佐川急便のノルマは職種や仕事内容で変わる?ノルマはどれくらいなのか解説!

   

佐川急便で働きたい人にとって仕事内容やノルマの基準はどのくらいなのか気になりますよね。

佐川急便の仕事はハードと言われることも多く、その上でノルマが課せられていては働きにくいかもしれません。それでは、佐川急便のノルマについてご説明しましょう。

ノルマとは

一般的にノルマというのは、1日に絶対にクリアしなければならない仕事の量という意味合いではありません。

よくノルマをクリアしなければ何らかの罰則があるような、悪い意味合いで捉えられていることも多くありますが、

ノルマは本来、労働の基準となる量という意味なのでハードな仕事を無理矢理やらなければならないわけではないのです。

ノルマはあくまで1日の仕事量の目安というだけですし、仮に1日の基準量が決められていたとしても、その仕事を効率良くこなせるかによってノルマが変わることもあります。

つまり、ノルマがあったとしても状況によってはクリアできないことも少なくないため、臨機応変に対応してもらえるものだと言えるでしょう。

職種や時期による差

ノルマは基本的に1日の仕事量の目安となっていますが、これは佐川急便の職種や時期によって大きく差が開くことがあります。

つまり、職種や時期によってノルマが増えることが多く、特に年末年始などのシーズンは繁忙期に差し掛かります。

繁忙期は多くの人が荷物を配送してくるので作業内容もこれまで以上に増えるため、通常よりも多くのノルマになることも珍しくありません。職種によってどのくらいノルマが設定されているのか、下記でご説明しましょう。

佐川急便の職種

運転職

佐川急便での運転職には、セールスドライバー®と軽四セールスドライバー®の2種類があります。

セールスドライバー®の主な業務内容は、各々が担当するエリア内でセールス活動や集配業務、物流提案、料金回収といった活動を行います。

また、軽四セールスドライバー®は一般的なセールスドライバーよりも幅広い年代が働くことができます。男女問わず運転が苦手な人でも簡単にできる軽自動車を運転する他、AT車もあるので活躍しやすいです。

さらに担当するエリア内で配達する荷物は基本的に小さいサイズなので、体力的な負担がかかりにくいでしょう。

デリバリー職

佐川急便のデリバリー職とは、1キロ圏内にある数十社の法人のお客を中心に台車を利用した集荷・配達業務などのサービスを提供する職種です。

単なるデリバリー職としてだけでなく、お客からの荷物の相談にも応えるのも仕事の一つです。基本的に自動車を運転して集荷や配達を行うことがないため、免許を持っていない人でも仕事をこなすことができます。

このデリバリー職のメリットは、セールスドライバー®のように自動車を運転することがないので、渋滞や駐車にかかる余計な時間がかからないことです。

フィールド職

佐川急便のフィールド職とは、主に各営業者や中継センターに集められた荷物を行き先別に分別し、次々に荷物をトラックに積み込む仕事を行います。

各地へ配送する荷物に関わる非常に重要な仕事なので、フィールド職がいなければ全体の仕事が成り立ちません。

各営業所や中継センターに集められた荷物の中には時間指定された荷物もあるので、それらの荷物を優先的に配達するためには、

フィールド職に就いている人がトラックが到着する時間から出発する時間を正確に計る必要性があるなど、かなり緻密な仕事をこなすことになるでしょう。

事務職

佐川急便の事務職は、主にカスタマーサービス職としてお客からのお問い合わせや様々な営業、オフィスワークを行うのが仕事です。

この職種は何といってもお客からのお問い合わせに対応しなければならないので、限られた会話のみでいち早くお客の要望に応えられるコミュニケーション能力が問われます。

また、オフィスワークを行う時は他の部門で必要になる保険請求や対外文書などの書類を作成を初めとする事務処理を行います。

その他にも総務や経理事務の一端を担う業務も行うなど、様々な仕事をこなしていきます。

その他

佐川急便の職種は、基本的にドライバー職しか正社員を募集していません。ただ、パートやアルバイトでなら上記の4種類の職種について募集しているので、

パートやアルバイトとして働きたいなら是非とも募集を検討してみてはいかがでしょうか。また、上記の4種類の職種については、佐川急便様のホームページから抜粋して引用させていただきました。

職種によって仕事内容が違う

セールスドライバー®なら自動車により集荷や配達業務、デリバリー職なら法人を中心に台車を利用して荷物の集荷や配達を行う業務、

フィールド職なら各営業所や中継センターに集められた荷物を行き先別に分け、トラックに積み込む作業、事務職であればお客からのお問い合わせを中心にオフィスワークを行う業務など、職種によって仕事内容が大きく違います。

職種によって仕事内容が違う以上、1日に求められるノルマも大きく違うでしょう。繁忙期になれば当然荷物が多く集まり、お問い合わせの量も増えてくるのでノルマが増える可能性があることは言うまでもありません。

職種によって仕事内容が違う以上、どんな職種で働きたいかよく考える必要性があります。

セールスドライバー®のメリットとデメリット

セールスドライバー®として働くメリットは、佐川急便の代表者の一人として、様々なお客と繋がれることが挙げられます。

セールスドライバー®は云わば佐川急便の顔と言える存在でもあり、セールス活動は集配業務などの活動を通して、お客と繋がれる仕事はなかなかありません。

まさに人のために役立てる存在として担当エリアを駆け回ることで、人々を笑顔にできるでしょう。

もちろん安全運転を心がけることが何よりも大切なことですが、軽四セールスドライバー®であれば運転が苦手な人でも人々のために役立てられるでしょう。

特に軽四セールスドライバー®は、一般的なセールスドライバー®よりも個人のお客を中心に荷物の配送などを行うので、より多くの人々と繋がりを持つことができます。

しかし、そんなセールスドライバー®にもデメリットがあります。それは、自動車に荷物を積み込んで運ぶため、万が一渋滞などに巻き込まれてしまうとお客の元へ配達する時間が遅れてしまうことでしょう。

当然ながらお客は荷物が来るのを待っている状態なので、もし予定があるお客の場合だと荷物が受け取れなかったり、来るのが遅いとクレームを入れられてしまうこともあります。

やむを得ず渋滞に巻き込まれてしまうのは致し方ないとはいえ、ドライバーとしては様々な状況下で急がなければならず、時間が押している状況であることを理解しているでしょう。

自分のミスで会社の評価が下がってしまうことを考えれば、相当なプレッシャーを感じる人もいるかもしれません。

職種を選ぶのがカギ

先ほどセールスドライバー®のメリットやデメリットについてご説明しましたが、何もメリットやデメリットはセールスドライバー®のみにあるわけではありません。

フィールド職や事務職、デリバリー職にも様々なメリットやデメリットがあります。それを理解した上で好きな職種を選んで働いているので、全員が同じ気持ちで、同じ状況下で活動していると言えるでしょう。

このことを踏まえた上で、自分の性格にあった職種を選ぶことが何よりも重要です。自分の性格に合わない職種を選んでも仕事が捗るわけではありませんし、逆に能率が下がってストレスが溜まってしまうかもしれません。

自分がやりたいと思った職種を選ぶことで、毎日楽しく働くことができるのではないでしょうか。

まとめ

佐川急便のノルマはハードでキツイと言われることが多くありますが、現場で働いている人はあくまで自分が働きたいと思った職種を選んで働いているので、働くのにそこまで支障は出ないでしょう。

もちろん繁忙期などになれば仕事の量が増えるので一層大変になりますが、それぞれの職種には様々なメリットやデメリットがありますし、それぞれの仕事にやりがいを持って働くことも十分に可能です。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、東京・関東を中心に求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、リクナビNEXTは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

リクナビNEXT

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東のみ・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - トラック運転手