ユニックの車両総重量をサイズ別/種類別にまとめてみました!

   

ユニックを運転していると、「これってどのくらいの重さなのかなー」と気になるときがありますよね。

普通のトラックよりもクレーン部分があるから重いことは確かですが、それによりどういう影響があるのかも気になるところです。

今回は、ユニックの車種やサイズごとに細かく調査してみました。これからユニックを扱う人必見です!

そもそも「ユニック車」って?

ユニック車とはトラックの荷台部分にクレーンが装備されている車両です。建築現場や運送会社、倉庫、工場などで幅広く活躍しています。メーカーとしては「古河ユニック」と「タダノ」が二大メーカーとされており、もともと「ユニック」は古河ユニック株式会社の登録商標です。

ユニック車の種類をおさらい!

ユニック車には大きく三種類があります。

  • 「クレーン付き」
  • 「簡易クレーン」
  • 「ハイジャッキ」

です。それぞれに安定性などの特徴がありますが、吊り上げ荷重は大体が2~2.93トンの間となっています。

種類別の車両総重量は?

2トンユニック車の車両総重量

2トンユニック車は一般的には車両総重量5トン未満で最大積載量が2~3トンほどの小型トラックにクレーンを搭載しているものを指します。

吊り上げ荷重は2~2.63トンほどのものが多く、その小回りが利く利便性と汎用性の高さから人気となっています。

4トンユニック車の車両総重量

4トンユニック車は車両総重量が8トン未満、最大積載量が3~5トンほどの中型トラックにクレーンを搭載しているものです。吊り上げ荷重は2.63~2.93トンのものが多くなっています。

色々とサイズのあるユニック車の中でもその汎用性の高さからもっとも人気のサイズがこの4トンユニック車となっており、

  • 建築現場
  • 運送会社
  • 造園業

など幅広く使用されています。

6トンユニック車の車両総重量

6トンユニック車、8トンユニック車は「増トントラック」と呼ばれる部類に入ります。

一般的には車両総重量が15トン未満で最大積載量が6.5~8トンのトラックにクレーンを搭載しているものを指します。ほとんどの吊り上げ荷重は3トン未満ですが、中には4.9トン吊りのものもあります。

10トンユニック車の車両総重量

10トンユニック車とは車両総重量が20~25トン、最大積載量が10トンほどの大型トラックにクレーンを搭載したものです。吊り上げ荷重は3トン未満のものが多くなっていますが、さらに重いものを吊り上げる種類もあります。

その場合でも安定性に優れた角足アウトリガーなどが標準装備されていますので安心です。

免許で運転できる範囲が決まっている

ここ数十年の間に道路交通法が幾度となく改正されているために、どの免許を持っていればどの大きさの車まで運転できるのかがややこしくなっています。ここではそれぞれの免許で運転できる車を紹介していきます。

運転免許証

旧普通免許

2007年6月2日までに普通免許を取得していた場合は

  • 「車両総重量8トン未満」
  • 「最大積載量5トン未満」

のサイズまで運転することができます。

そして2007年6月3日~2017年3月11日の間に普通免許を取得した場合は

  • 「車両総重量5トン未満」
  • 「最大積載量3トン未満」

までに変更されました。それ以降に取得した場合は現行の普通免許ということになります。

普通免許

2017年3月12日以降に普通免許を取得した場合は

  • 「車両総重量3.5トン未満」
  • 「最大積載量2トン未満」

の車しか運転することができません。

すなわち、かなり以前に普通免許を取得した人は現在の中型トラックくらいまで運転できることになりますが、最近取得した人は普通自動車か軽トラックくらいしか運転できないということになっています。

準中型免許

現在の準中型免許は

  • 「車両総重量7.5トン未満」
  • 「最大積載量4.5トン未満」

というものです。

これも以前の法改正までは「車両総重量5トン未満」「最大積載量3トン未満」という区分があったのですが現在は変更されています。

中型免許

中型免許は

  • 「車両総重量が11トン未満」
  • 「最大積載量が6.5トン未満」

の車の運転を可能とする免許です。2007年に施行された改正道路交通法で新設された免許です。

法改正によって準中型、中型あたりの区分がややこしくなったために、運転する際には自分が取得している免許で本当に運転できるかを確認することが求められています。

大型免許

大型免許は

  • 「車両総重量が11トンを超える」
  • 「最大積載量が6.5トンを超える」
  • 「乗車人員が30人を超える」

車を運転することができる車です。特殊車両でない限りはこの免許を持っているとすべてのサイズの車を運転できるということになります。

そのため路線バスや観光バスも運転できると考えられますが、「乗客を乗せる場合」には大型二種免許が必要になりますので、一種免許しか取得していない場合はお客を乗せて運転はできないということになります。

まとめ

ユニック車にも他のトラックと同様に色々なサイズがあります。もちろんその大きさに見合った免許を取得していなければ運転できないため、必ず自分が取得している免許を確認してから運転しなければいけません。

また、大型ユニック車などで吊り上げ荷重が5トンを超える場合「移動式クレーン運転士」という別の免許が必要になる場合もあります。作業する際はすべての要件を満たしているかどうかを調べておきましょう。

経営者/採用 担当者様へ|ドライバー採用したい方は必見!

「求人媒体にお金を払ったのに1人も応募がなかった...」
「今すぐドライバーを採用したい!」
などを感じている方は、ドライバージョブという人材紹介サービスがオススメです!

ドライバージョブは以下のような特徴があります。
1.完全な成果報酬型で、確実にドライバーを採用
採用が決まって初めて費用が発生するサービスとなっております。

2.無料面談設定を、大量かつ迅速に提供
多くのドライバーが集客出来ているため、無料の面談設定をスピーディーに実施することが可能です。
契約後、1週間以内に採用まで繋がった実績もあるようです。
※とある法人様の一例となります。

3.手間をかけずに、良質な求職者様を採用
キャリアパートナーが転職背景を詳細にヒアリングするため、相性のいい求職者のみ、ご紹介することができます。

このような特徴から、現在では全国のドライバーを採用したい会社(一般貨物/産業廃棄物/バス/タクシーなど)から、お問い合わせが常に来ているようです。
もしご興味がある場合は、以下のページから無料の資料ダウンロードをオススメします!

無料 資料ダウンロードはこちら >>

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手