洗車ブラシの種類や選び方、基本的な洗車方法やおすすめを解説!

   

毎日使う車はきれいにしたいものですが、コイン洗車場以外で気になった時にブラシで洗車する時、どんなものを選んだらいいのでしょうか。

そこで、洗車ブラシの種類や選び方、そして洗車のポイントについてご紹介したいと思います。

洗車ブラシの種類

洗車ブラシには大きく分けて2つの種類があります。それぞれに長所や短所がありますので、車の状態によって使い分けることが重要です。

スポンジタイプ

スポンジタイプの洗車ブラシは水分を含みやすく、表面が柔らかい素材でできているブラシです。車を洗車してもキズがつきにくく、泡立ちもしやすいというメリットがあります。スポンジ自体は低価格のことも多く、購入しやすいというのも長所です。

ただし、スポンジは傷つきにくいというメリットの反面、汚れをしっかりと落としにくいというデメリットもあります。

ブラシタイプ

ブラシタイプには材質の種類が多くあります。それぞれの材質によってかなり差がありますので慎重に選ぶようにしなければいけません。

ポリプロピレン

プラスチックに分類される石油化学製品です。軽くて硬く、コシがあるのでしっかりと洗うことができます。先端がソフトなものであれば傷もつきにくいので使いやすくなります。

パキン

「タンピコ」「メキシカンファイバー」ともいわれる植物繊維です。吸水性に優れているので水分を含んだ状態で洗車することができます。また、泡立ちも良く、洗浄力もあるので洗車ブラシの素材としてはかなり優秀だと言えます。

シダ

「パルミラファイバー」ともいわれる植物繊維です。とにかく材質が硬いのでタイヤを磨くときなどに使用します。このブラシでボディを磨くとキズがついてしまうので注意しましょう。

馬毛、羊毛

これらの動物の毛の材質のものは柔らかく、水に浸けるとさらに柔軟性が上がりますので、車体を傷つけることなく洗車することができます。長さや形状には色々とありますので使いやすいものを選ぶようにしましょう。

洗車ブラシの選び方

固さ

化学繊維のものは販売店でもっとも多く見かける一般的なブラシになります。コシが強く、車体を傷つけてしまう恐れがあるのですが、毛先がソフト加工されたものであれば汚れを落とせて傷がつかないのでおすすめです。

動物繊維のものは柔らかいのですが、汚れが落ちにくいので毎日のように洗う人向けです。植物繊維のものはコシが強すぎて車体に傷がついてしまう恐れがありますのでタイヤ回りなどに使うのに向いています。

洗う場所

車体は柔らかい馬毛や羊毛のような動物性繊維が向いていますし、タイヤ回りやホイールはコシが強い植物性繊維で洗うというようにどこを洗うかによって洗車ブラシを変えるというのも効果的です。

用途

どう使うのか、どう使いたいのかによって普通のブラシや電動のものを使い分けるという方法もあります。車高がある車の上の部分を洗うというのであれば取っ手が長いロングタイプのブラシをつかうという方法もあります。

狭い場所

狭い場所で洗車をする際はロングタイプのブラシは使えません。取っ手が短いブラシ、もしくは手にはめて使用する手袋、グローブタイプのようなものもあります。これであれば狭い場所でもしっかりと洗うことができますので良いでしょう。

洗車方法

洗車をするのにも正しい順番があります。この順番を間違えてしまうとせっかく綺麗にした部分がまた汚れてしまったりして二度手間になります。正しい順序と正しいブラシの使い方で洗車していきましょう。

まず洗うのはもっとも汚れているタイヤ、タイヤ回りです。後でタイヤを洗うようにすると綺麗になったボディにタイヤの泥がついたりしてしまうからです。

まずは水で目立つ汚れを落としてから植物性繊維の強力な洗車ブラシなどで汚れを落としていきましょう。

車体はまず十分に水をかけていきましょう。これは車体の表面にはゴミ、ほこり、砂、泥などが付いているからです。

これらが残っているままいきなりブラシで擦ったりすると傷がついてしまいます。まずは表面の汚れを落としてからブラシを使うようにしましょう。

よく洗浄液を泡立てて、その泡を使って洗うようにしていきましょう。その際、部位ごとに洗っていくのが基本です。

洗う、すすぐ、洗う、すすぐという順に部位を変えていきます。全部洗ってから一気にすすごうとすると最初に洗った部分が中途半端に乾いてしまい、また汚れが付着してしまいます。

最後に全体にしっかりと水をかけて泡が残らないように洗い流します。そして吸水性の高いタオルなどで優しく水分を拭きとっていきます。水分が残っていると跡が残ったりします。

また、力一杯拭き取ると傷がつくことがあるので優しく拭き取りましょう。

おすすめの洗車ブラシ3選

「伸縮タイプ洗車ブラシ 2.1M 5面カットタイプ」

  • 製造会社:JETイノウエ
  • サイズ :全長930〜2,100(mm)
  • 材質  :アルミ製
  • 参考定価:3,780円
  • 特徴  :取っ手の部分が大きく伸びるので車高が高い車や大型車でも洗車することができる洗車ブラシです。端の部分にホースをつなげばブラシから水が出てくるようになるので片手で水を流しながら洗車することができます。本格的な作りのため長時間使用していると少し重く感じることはあります。

「マルテー東北石橋 洗車ブラシ クリーンブラシ ドリーム」

  • 製造会社:マルテー東北石橋
  • サイズ :430(mm)
  • 材質  :ポリプロピレン
  • 参考定価:565円
  • 特徴  :口コミサイトでも非常に高い評価を得ている洗車ブラシです。ポリプロピレン製ですが、毛先をソフト加工しており、ブラシ自体が柔らかいということもあって車体に傷がつきにくいブラシとなっています。広い範囲を洗車できるだけでなく、その毛先の柔らかさから部屋のホコリ取り用としても使用されるほどです。

まとめ

洗車ブラシはその形状や材質によってかなりの違いがあります。車の種類、洗いたい部位などによって適しているブラシが違ってきます。間違えた材質のもので磨くと傷がついたりすることもありますので、その部位を洗うのに適したブラシで丁寧に洗ってあげることでピカピカの美しい車体を維持していきましょう。

【EU用】記事終わりCTA_22/09更新

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トラック運転手

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら