酒気帯び運転の基準はどこから?罰則規定や罰金について解説!

   

車を運転するみなさんは、もちろんご存知だとは思いますが、飲酒をして車を運転することは、違法です

それは、私生活でしか運転をしない方も、仕事でプロとしてのドライバーの方も一緒です。特に、プロのドライバーとしては、飲酒運転をしたらドライバー失格と言っても過言ではありません。

ここでは、飲酒運転について、罰則や、プロのドライバーであれば、所属会社での処遇などについて、詳しく見ていきます。

酒気帯び運転とは?

酒気帯び運転とは

「酒気帯び運転」とは、吐き出す息のことである、呼気1リットル中のアルコール濃度が0.15mg以上検出された状態です。

飲酒検問では、警官がアルコール検知器を使用し、運転者の呼気にどれくらいのアルコールが含まれているかを測定します。ここで、反応が出てしまった際は、酒気帯び運転として罰則を受けることになります。

呼気のアルコール濃度は、お酒に強い・弱いといった体質には関係ありません。

  • 「自分は全然酔っていない」
  • 「お酒を飲んでから時間が経っている」

と主張し、たとえ運転自体や警官とのやり取りが問題なくできたとしても、アルコール濃度の基準値を超えた時点で罰則免から逃れることはできません

酒気帯び運転と酒酔い運転の違いは?

「酒酔い運転」とは、

  • まっすぐに歩けない
  • 受け答えに問題がある

など客観的に見て酔っている状態を指します。酒酔い運転は、呼気中のアルコール濃度に関わらず、アルコールの影響により、車の運転に支障のある状態です。

  • 警官とのやり取りに問題がある
  • まっすぐに歩けない

などの症状があれば、酒酔い運転として検挙されます。

以上のことから、お酒に弱く、少量でも酔ってしまう方は、呼気1リットル中のアルコール濃度が0.15mg未満だったとしても、酒酔い運転で罰則を受ける可能性があります。

酒気帯び運転による罰則の基準は?

酒気帯び運転による罰則

酒気帯び運転及び酒酔い運転の罰則は、平成21年6月以降、厳罰化され、

  • 酒気帯び運転・・・3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
  • 酒酔い運転・・・・5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

となっています。

また、酒気帯び運転でも、呼気1リットル中のアルコール濃度

  • 0.15mg以上0.25mg未満・・・13点減点、免停90日、
  • 0.25mg以上・・・25点減点、免許取り消し、欠格期間2年

です。酒酔い運転は、35点減点、免許取り消し、欠格期間3年です。ここで言う「欠格期間」とは、免許の取り消しになった後、再度免許の取得が許されない期間のことをいいます

その他飲酒運転に対する罰則

  • 自動車運転過失致死傷罪・・・7年以下の懲役・禁固又は100万円以下の罰金刑
  • 危険運転致死傷罪・・・死亡の場合、1年以上20年以下の懲役、負傷の場合、15年以下の懲役

となっています。「過失」があったということで、自動車運転過失致死傷罪のほうが、若干罪が軽くなっています。

また、危険運転致死傷罪は、懲役20年が最高となっていますが、他の罪と併合する事によって30年になる事もあります。

酒気帯び運転をしたらドライバー会社はどうなる?

私は、南東北福山通運の某中核支店に、約10年間事務員として働いていましたが、「飲酒運転」で検挙された場合は、即刻解雇というルールがありました。

私が、在籍している間は、該当者はいませんでしたが、他の運送会社でも同じではないでしょうか。一般的には、原則、社員の私生活上の行為を理由として懲戒処分をすることはできません。

ただし、例えば運送会社など、社員の私生活上の行為が、

  • 企業活動の遂行に直接関連する
  • 企業の社会的評価を低下・毀損させる

などあれば、懲戒処分が有効と判断される可能性があります。判例には、大手宅配会社のドライバーが、業務終了後に酒気帯び運転で検挙されたことを理由に、懲戒処分を有効としたものもあります。

もし、飲酒運転をしたドライバーの所属会社が、当該ドライバーを解雇などせずに、引き続き業務に当たらせていれば、お客様はもちろん社会全体からの、会社の信頼が落ちてしまいます。

4時間が経てば運転して大丈夫?

現行の道路交通法においては、呼気1リットルあたりのアルコール濃度が0.15mg以上の場合に、酒気帯び運転と定められています

一般的には、ビール中びん1本、または日本酒1合などに含まれるアルコール分が分解される時間は、約4時間とされています。

この数値は体重60kgの成人男性の場合で、性別や体質、体調などにもより、アルコール分の分解速度は違ってきます。なので、4時間経ったから大丈夫だとは必ずしも言い切れません

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここまでで、飲酒運転の怖さをご理解いただけたと思います。プロのドライバーの方においては、改めて、飲酒運転をしないと誓った方も多いのではないでしょうか。

一般のドライバーの方でも、厳罰化された内容に驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。交通事故による死者が増加しつつある現在において、飲酒運転は「悪」以外の何物でもありません

車を運転する方全員が、飲酒運転をしない日が来ることを願っています。

【EU用】記事終わりCTA_22/09更新

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トラック運転手

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す