【大型トラックの乗り心地が悪いと感じる方へ】乗り心地を快適にする方法

   

大型トラックは車高が高いため運転しやすいと言われていますが、乗り心地が悪いと感じるドライバーも少なくありません。

そこで今回は、大型トラックの乗り心地が悪いと感じられる理由や、乗り心地を良くする方法について詳しく紹介します。

大型トラックの乗り心地が悪い理由とは

大型トラックは、運転席が高いことが特徴です。したがって、本来は乗り心地がいいと感じる人が多いはずです。しかし、実際に乗り心地が悪いと感じている人は多いため、ここでは考えられる理由をご説明しましょう。

乗りなれていないために違和感をおぼえてしまう

一般車と大型トラックの運転席は全くの別物です。高さが大きく違いますので、これまで一般車しか乗ってこなかった人の場合、大型トラックの乗り始めは違和感をおぼえることでしょう。

また、運転する際の感覚も異なりますので、乗り心地が悪いと感じるのも無理はありませんね。ただ、乗り慣れていないがための違和感であるため、しばらく走行していれば次第に違和感も消えてくるでしょう。

段差を走行する時の衝撃が大きい

走行していると、段差を通過することもあります。ガソリンスタンドに入る時なども、段差を通りますよね。その際の衝撃の実感としては、基本的に一般車より大きくなります。

そのため、衝撃の感じ方が乗り心地の悪さへつながってしまうケースもあるということですね。頻繁に段差を通過していると、なおさら乗り心地の悪さを感じてしまうことでしょう。

アイドリングを止めると暑さまたは寒さを感じる

アイドリングが止まると、エンジンも一時的に止まります。そのため、空調も止まることになります。

そうすると、夏は暑さを感じますし、冬には寒さを感じることになるでしょう。この気温の変化が影響し、乗り心地が悪いと感じてしまう人もいるのです。

大型トラックの車種によって乗り心地は違う?

大型トラックと言ってもいろいろな種類があります。車種によって運転席の仕様にも差がありますので、乗り心地の良し悪しも一概には言えないということですね。

ただ、一般的に評判がいいとされるのは三菱ふそうの大型トラックです。乗り心地の良さを追求したタイプが多いということでしょう。また、日野自動車も評判がいいですが、ブレーキの効き具合等は好みが分かれるところですね。

そもそも、人によって体格や運転技術、そして好みは異なります。したがって、Aさんにとって乗り心地が悪いトラックでも、Bさんにとっては快適に感じるというケースもありうるということです。

つまり、そのトラックの乗り心地がどうかという点について、一概に決めつけることはできませんね。

大型トラックの乗り心地を良くするには

それでは、どの様に乗り心地を良くすればよいかを解説します。

サスペンションやショックアブソーバーの交換

サスペンションやショックアブソーバーというのは、衝撃を緩和する機能を備えるものです。そのため、大型トラックにとっては特に必要不可欠なものですよね。

ただ、時を経るにしたがって、その機能に陰りが見えてきます。つまり、十分に衝撃を緩和することが難しくなってくるのです。したがって、それらを交換することは、乗り心地を良くする上で大事ですね。

スポーツシートへの交換

身体の負担を軽減してくれるようなタイプのスポーツシートは、多く販売されています。そのため、今までの座席シートをスポーツシートに交換することにより、乗り心地が大きく改善する可能性はありますね。

蓄冷式クーラーやエアヒーターの導入

蓄冷式クーラーやエアヒーターについては、エンジンが止まっている時でも作動してくれるものです。したがって、アイドリングストップの際の温度調節という点で価値がありますね。

休憩の回数を多くする

身体への負担が蓄積してくると、心身ともにストレスが溜まってきます。そのため、こまめに休憩を取ることで、負担を軽くしていくというのも一つの方法でしょう。

まとめ

この記事では、大型トラックの乗り心地を良くする方法について解説しました。長時間の運転が多くなる長距離ドライバーの方にとって、乗り心地は重要なので自分が心地よいと感じる運転席にするように調整してみてはいかがでしょうか。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!高待遇に求人を1分で無料検索(全国対応)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、ハローワークや求人誌、友達の紹介などで転職してしまっているからです。

もっと良い会社があるにも関わらず、面倒くさい・いつも使っているからという理由で、あまり求人を探さずに転職を決めてしまっているのです。

しかし、転職サイトなどはドライバー求人を専門にしていなかったり、検索条件がドライバー向きではなかったりして探しづらかったりしますよね。

そこで、私はドライバー専門求人検索出来るサイトで求人を探すことをオススメしています。

このあと紹介するサイトは、「ドライバー求人のみを扱った求人サイト」です。
※トラック、タクシー、トレーラー、ゴミ収集、フォークリフトなど運転を伴う求人

簡単な条件、エリアで検索すると、希望条件にあったドライバー求人のみを見つけることができます。

・転職したいが、忙しくて転職活動に時間をかけられない方
・初めての転職で、誰かに相談したい方
・ハローワークや求人誌の転職で失敗した方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の簡単無料求人検索サービス

ドライバー求人検索

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索/登録して見ることをおすすめします!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

 - トラック運転手