10tトラックの値段は地方の一戸建て?新車と中古車を購入・リースで徹底比較

      2019/03/06

近い将来、独立を検討しているので10tトラックを手に入れたいと考えている方も多いですよね。でも、10tトラックの値段は新車と中古車の場合では全く違います。10tトラックを現金一括またはローンを組んで購入するのか、リース契約をするのかによっても維持費が違うことも忘れてはいけません。

そこで今回は、10tトラックの値段を新車と中古車場合で比較し、購入した場合とリース契約をした場合の維持費も視野に入れて比較した結果を紹介しますのでぜひ参考にしてください!

お金を稼げる人

10tトラックの値段とは?新車の価格相場比較

それでは、各メーカーの人気車種の価格を見ていきましょう。

いすゞ ギガ

型式:QPG-CYJ77B
エンジン型式:6UZ1-TCS
トランスミッション:12速 AMT
メーカー希望小売価格:21,682,000円
いすゞ:http://www.isuzu.co.jp/press/2015/10_28giga.html

日野 プロフィア

型式:QPG-FR1EXEG
エンジン型式:E13C<ET-107>279kW(380PS)
トランスミッション:Pro Shift 12
メーカー希望小売価格:16,697,000円
日野:http://www.hino.co.jp/news_release/14-003.html

三菱ふそう スーパーグレート

型式:2PG-FU74HZ
エンジン型式:6R20(T2)
トランスミッション:ShiftPilot G211-12 直結12段
メーカー希望小売価格:21,052,440円
三菱ふそう:https://news.mynavi.jp/article/20170516-a271/

UDトラックス クオン

型式:QPG-CD5ZA
エンジン型式:GH11
トランスミッション:ESCOT-V(AT612D)
メーカー希望小売価格:17,845,000円
UDトラックス:https://news.mynavi.jp/article/20170412-a274/

よく言われるのは「大型トラックの新車は地方なら一戸建てが建つほどの値段」ということです。メーカー小売価格を見ると確かにうなづける価格となっています。

そのために大型トラックを導入する企業でもすべて新車で揃えるということばかりではありません。

用途によっては中古車にしたり、購入せずにリース契約をするということを使い分けることで費用を捻出しているのです。

中古10tトラックの値段とは?中古車の価格相場比較

10tトラックの中古車は新車とはまったく値段が違ってきます。また中古車の中でも年式や走行距離などによっても大きく値段に差が出てきます。ここではいくつか例を挙げていきます。

日野 レンジャー(走行距離27万km 最大積載量7,600kg)
取引価格5,300,000円

日野 プロフィア ハイルーフ付き(走行距離70万km 最大積載量10,900kg 平成16年式)
取引価格:1,490,000円

いすゞ ギガ MT7ギア(走行距離46万km 平成24年式)
取引価格:2,519,000円

日野 プロフィア(走行距離53万km 最大積載量10,900kg 平成18年式)
取引価格:2,776,000円

三菱ふそう スーパーグレート(走行距離不明 最大積載量9,500kg)
取引価格:2,190,000円

などがあります。

新車で買うのとは段違いに安く購入できる中古車ですが、いくつかデメリットもあります。

  • 部品が消耗している場合が多い。大型トラックの部品は高額なものが多いために修理や交換費用が高くつく可能性がある。
  • 常に欲しい大型トラックが市場に出回っているとは限らない。そのときに欲しい車が売られているかどうかはまさにタイミング次第となる。

こういったデメリットと費用のバランスを考えて購入するのがもっとも効率的と言えるでしょう。

10tトラックをローンで購入した場合とリースの場合を比較

10tトラックを購入する場合はどうしても高額になるためにローンを組んで支払うということがあります。ただしローンを組んだ場合は利息などを考えると余計な出費になることも考えられます。

そこでトラックを購入しないで「リースする」という選択肢もあります。トラックやリース会社によっても変わってきますが、だいたいは「1日のレンタルで4万円前後」
「1ヶ月のレンタルで45万~50万円前後」となっています。

これには「車検費用」「自動車税」「保険費用」「故障時の修理代」なども含まれますのでうまく使えばかなり安く費用を抑えることができます。

また、ドライバーとトラックをセットでリースするという契約もあります。この場合はだいたい「3時間で25,000~35,000円前後」となっています。ピンポイントで運送したいものがあるときなどは非常に便利です。

リース契約をしていて契約満了後にそのトラックを買い取るということができる場合もあります。

10トントラックに必要な免許とは

車両総重量が20t~25t、最大積載量が10t前後という10tトラックを運転するには「大型免許」が必要となります。

これは自動車免許をまったく持っていない人はいきなり取得することができない免許でもあります。

また、トラックの種類によっては「大型特殊免許」「けん引免許」のような免許が必要になる場合があります。

大型免許を取得するにはまず普通自動車免許が必要となります。普通自動車免許を取得して免許停止期間などを除いて2年が経つと中型自動車免許の受験が可能となります。

また、普通自動車免許を取得してから3年が経つと大型自動車免許の受験が可能となるのです。

だいたい取得するのには中型免許で15~20万円ほど、大型免許で35~40万円ほどの費用がかかります。自動車教習所に通ったり、教習合宿に行ったりする方法があります。

10トントラックを所持しない場合の転職は?

トラック運転手の仕事は大きく分けると2通りあります。大型トラックを所有している場合とそうでない場合です。自己所有している場合は「委託」「請負」「専属契約」「歩合制」のような仕事契約をすることになります。

仕事を行っただけ収入になりますが、「メンテナンス」「保険・車検」「燃料費その他の維持費」など出費も非常に大きいものとなります。

トラックを自己所有していない場合は運送会社などに雇用されるという形になります。こちらも「時給」「日給」「月給」などの方式はありますが、基本的には働いて給料をもらうという形式です。

トラックのサイズや都市部か地方か、会社の規模などによって給料は左右されますが、トラックの維持費などを払わなければならないということはありません。

もっとも収入が大きくなるのは大型トラックで、中型、小型と続いていきます。日にちをまたいで仕事をする長距離ドライバーなどの年収がもっとも高く、逆に小型でのルート配送などは年収が低くなっています。

だいたい平均するとトラック運転手に転職した場合、350~500万円前後の年収と言われています。もちろんこれはトラックを会社から支給されている状態でのことです。トラックを自己所有して独立すれば、この数倍の年収を得ることも可能です。

ただし、トラックを所有して独立する際には「高い運転技術」「様々な得意先からの信用」「経営能力」など様々なものが要求されます。大きな収入を得るにはそれだけのリスクもあるということを覚えておきましょう。

10tトラックの値段比較まとめ

10tトラックは非常に高額なものですので、「新車を買う」「中古車を買う」「リースする」などをうまく使い分けることが重要になってきます。

使用頻度や繁忙期か閑散期か、これからの事業計画などを考えて選んでいくと無駄な出費を抑えることができるでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)無職LP

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 急募案件あり!無職のドライバー向け無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国
・年齢:10代~60代以上全て
・就業状況:無職(離職中)、離職予定

ドライバー専門の求人サービスで、急募案件を多く扱っている特徴があります!
なので、1週間以内の就職/転職が可能です。
再就職手当/失業手当の対応も可能なので、離職中のドライバーにオススメです!
条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【急募案件あり】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【3位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、3位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

 - トラック運転手