トラック運転手の仕事内容をご紹介!トラック運転手ってどんな仕事?

      2018/04/28

街中でよく見かけるトラック運転手ですが、実際にどんな仕事をしているか知っていますか?

トラック運転手は物を運ぶ仕事です短距離宅配などを行う小型トラック運転手もいれば、日本全国に物を届ける長距離大型トラック運転手もいます。運ぶものも食品、雑貨、ガソリン、軽油、高圧ガスなど多岐にわたります。

今回はそんなトラック運転手の仕事内容をご紹介します。

トラック運転手の仕事内容

トラック運転手の仕事は大きく広域配送と地域配送に分かれます。

どちらも我々の生活に欠かせない大事な仕事です。

日本の物流を支える仕事

トラック運転手は、物を運び、日本の物流を支える仕事です。

例えばECサイトで注文した商品を指定日に届けてくれたり、毎日近くのスーパーに新鮮な野菜を届けてくれたり、私たちの生活になくてはならない存在です。

全日本トラック協会によると、日本の全物流機関の91.3%はトラックが占めています

参照:http://www.jta.or.jp/coho/yuso_genjyo/yuso_genjo2017.pdf

日本の物流を支えるのに、なくてはならない存在なのですね。

トラック宅配の種類

トラック運転手の仕事は、大きく広域配送(長距離運転手)と地域配送に分かれます。

︎広域配送

水産物や農産物、工業製品を全国に届ける長距離配送を広域配送と呼びます。

深夜に高速を走っている大型・中型トラックは、この広域配送に当たります。

拘束時間が長い反面、一人の時間が多いため、ストレスの少ない仕事だと感じる人も多い様です。

また、普段は行けない場所に行くことができ、日本のいろんな地域に行けることが魅力だと感じる人もいます。

地域配送

我々により身近なのが地域配送です。

宅配便のお届け(顧客配送)や、店舗に商品を届ける短距離配送(ルート配送)が地域配送と呼ばれます。主に、依頼に応じて指定された場所・時間に比較的軽い荷物を運びます。

長距離運転に比べて体力的なハードルが下がるため、女性にもおすすめの仕事です。

地域密着型の宅配ドライバーもいて、直接お客さまと接する機会が多い仕事でもあります。

プロのトラック運転手になるには

仕事が出来るプロのトラック運転手は、運転が好きだけではなれません

トラック運転手の仕事が出来るようになるために何が必要なのかをご紹介します。

仕事をこなすための3つのスキル

プロのトラック運転手は、①運転スキル、②荷扱いスキル、③営業力の3つをバランスよく身につけることが大切です。

①運転スキル

運転スキルは、単に運転がうまいということだけではありません。運転技術に加え、道路標識の知識やトラックの構造の理解、また運転前の点検スキルも、運転スキルに含まれます。

トラック運転手が仕事をする上で、この運転スキルを身につけることはとても重要です。

②荷扱スキル

荷扱いスキルとは、荷主の要求どおりに荷物を扱うスキルです。

荷物事故を起こさないのはもちろん、作業効率を上げ出来るだけ早く荷物を届けることが求められます。

時と場合に応じて臨機応変に対応できるスキルが求められます。

③営業力

3つ目は営業力です。トラック運転手に営業力なんて必要なの?と思うかもしれませんが、これもドライバーが持つべきスキルの一つとなります。

営業力は、セールスドライバーとして自社の強みをうまくアピールし、荷主の信頼を得るために必要なスキルです。

トラック運転手が身につけるべきマナー

トラック運転手の仕事をするために、ドライバーとしてのマナーを身につけないといけません。

公道を走っているという自覚を持ち、割り込みや煽りのような事故中心的な運転ではなく、周囲を気遣った運転が大切です。

トラック運転手は、社会にとってとても重要な仕事です。流通がストップしてしまうと、日本の衣食住や医療が止まってしまいます。その自覚を持つことが、マナーのある運転に繋がります。

最後に

いかがだったでしょうか?

トラック運転手が毎日ものを届けてくれるからこそ、私たちの豊かな生活が成り立っています。

決して表に出る仕事ではないですが、トラック運転手は日本の縁の下の力持ちとして活躍しているんですね。

 

 

 

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手