キャリアカーの運転は難しい?難しいポイントや運転のコツを解説!

   

キャリアカーの運転は難しいと言われていますが、具体的にどこが難しいのか徹底的に調査しました!これからキャリアカーの運転をする人必見です!

キャリアカーとは?

キャリアカーとは一般的に他の車両を運搬するためのトラックです。運ぶのは軽自動車から2トントラックくらいまでで、それよりも大きいサイズのトラックなどを運ぶことはあまりありません。

主に「新車の輸送」「中古車の輸送」「マイカーの輸送」といった用途に使われています。直営企業、下請け企業、専門業者などが輸送を行っています。

キャリアカーの運転は難しい?

道路法によってキャリアカーは全長が19mまでと定められています。もちろん大きいキャリアカーほど輸送効率は上がりますので、多くは制限に近いキャリアカーが用いられています。それだけ大きいサイズの車ですので当然運転は難しくなっていきます。

長さがあるだけでなく、高さもあり、それだけでも運転が大変なことに加えて積載しているのが自動車ですので、ぶつけたり乱暴に扱うわけにはいかないからです。ここではよくあるトラブルについて紹介していきます。

電柱などに車をぶつけてしまう

とにかく全長が長いために左折や右折時の運転が難しいのが特徴です。巻き込んでしまう事故や角のブロック塀、電柱などにぶつけてしまうということが頻繁にあります。

また、実際に積み下ろしをする場所が広い駐車場とは限りません。他の車が多くとまっている場所などではそういった車にぶつけてしまうトラブルも起こっています。

高さ制限で引っかかる

車を二段で積むことができるキャリアカーの場合は高さにも注意が必要です。ほとんどの場合二段で車を積載すると高さ制限がかかっている高架下や低い場所に設置されている標識や看板などに当たってしまう高さになります。

そのため目的地までにそういった線路や高架下、トンネルなどがある場合は高さ制限をクリアしているかどうかが非常に重要になってきます。さらに高さがあって全長もあるためにバックする際、駐車する際には高度な技術が求められることになります。

特に後方確認がしっかりとできていないままバックしたりすることで衝突事故を起こすことがありますので、より注意が必要です。

小回りがきかない

これだけ全長がある車ですのでとにかく小回りが利きません。走行している車線が狭い場合、右折や左折した先が狭い幅の道路の場合は特に注意が必要となります。

また、左折時には側面の後方から二輪車などが来ている場合に巻き込み事故になるケースが多く発生しています。巻き込み事故、対向車線へのはみ出し、内輪差による乗り上げなどには十分気をつけましょう。

ルート確認を綿密に!

これだけ運転が難しいキャリアカーですので、積み込んだ場所から目的地へのルート確認が何よりも大事になります。右折や左折が多い道、高さ制限がある道などはできるだけ避けて、多少遠回りになってもできるだけ曲がらずに横幅も高さも余裕があるルートを選ぶことが重要になります。

小回りが利かずに曲がり切れないカーブがあるルートを選んだりすると身動きができなくなって立ち往生する可能性があるからです。

積み降ろし作業も大変!

キャリアカーはそれ自体を運転することも大変ですが、積載する車の積み降ろしも重要になってきます。

載せることができる場所が狭いためにキャリアカーにぶつけてしまうことがあるのです。運んでいる車自体が高価なためにぶつけてしまうと補償なども問題になってきます。

車をぶつけそうになる

車をキャリアカーに載せる場合は、載せる車を自走させて載せ、均等に輪止めにあてて固定させていきます。1台につき4ヶ所~6ヶ所ワイヤーで固定していきます。

載せる際に使用した道板は開放したまま走行すると違反になるために必ず収納しておきます。このときに道板や周囲の部品にぶつけてしまうことがあるのです。

輪止めや固定ワイヤーをせずに走行しているとブレーキやカーブ際に積載している車が動いてしまい、危険なだけでなく、ぶつけたり擦ったりする原因にもなります。必ずしっかりと固定されているか確認しておきましょう。

雨の日はさらに大変!

キャリアカーに載せる際にはたいてい折り畳み式の長い道板を自走していくのですが、雨の日がその道板が滑りやすく、作業がより大変になります。降ろす際には道板が濡れていることに加えて坂道になっているために変にスピードが出てしまい、衝突するということも珍しくありません。

まとめ

キャリアカーはそれ自体の大きさゆえに運転が難しく、しかも積載するのが高価な自動車のために扱いも重要になってきます。安全確認を最優先させて事故を防いでいきましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

[企業様はこちら]ドライバー採用媒体で業界トップクラス|無料で面接可能!

ドライバージョブ
ドライバージョブは、ドライバーに特化した採用媒体で、以下のような実績があります。
・月間3,000名、累計25,000人のドライバーからご登録。
・累計500社以上の企業様とご契約。
・中小~大手運送会社まで、幅広くご利用。

例)
㈱丸和運輸機関
㈱都市環境エンジニアリング
㈱トライマテリアル
カンナナ流通運輸㈱
シグマベンディングサービス㈱
神奈川臨海通運㈱
㈱ヤマガタ
中央通運㈱
㈱ロンコ・ジャパン
㈱ウインローダー
㈱アクシスネットワーク

料金・サービス詳細はこちら >>

 - トラック運転手