日本通運で休日/休暇は取りやすい?ドライバー/事務/倉庫スタッフ別に解説

   

大手企業で働きたい方は沢山いらっしゃるでしょうが、休日をどれくらい確保できるのかが気になる方も多いと思われます。

土日休みなのか、それとも日曜日プラス平日なのかでは過ごし方も大きく変わってくるため、就職する前に知っておきたいところですよね。

この記事では、物流大手の一つである日本通運の休暇制度について紹介しながら、休みを優先させる働き方について検討していきます。

日本通運の雇用形態

休みについて考えようにも、社員なのかアルバイトなのかによって休日の体制も変わってきます。そこで、まずは日本通運の雇用形態にはどんなものがあるのかを確認していきましょう。

なお、中途採用は経験者枠しかなかったためここでは一旦除外し、パート・アルバイト、契約社員の二つに絞って解説させていただきます。

パート・アルバイト

日本通運の公式サイトを覗いてみましょう。採用情報が掲載されているため、日本通運が現在どういった職種の求人をかけているのか調べられるようになっています。

その採用情報ページによると、パート・アルバイトとしては主に倉庫スタッフを募集しているようでした。

  • ピッキングや検品
  • 梱包
  • 入出庫

といった仕事を行います。フォークリフトを使用しての荷役作業もあるとのことです。

もちろん、営業所によっては他の職種を募集しているところもあります。一般事務の求人は特に多いので、ドライバーやオペレーターを志望していない方でもチャンスがあると言えるでしょう。

契約社員

契約社員の求人も公式サイトの採用情報ページから辿ることができます。募集している職種はパート・アルバイトよりも選択肢が多く、

  • 一般事務
  • 倉庫スタッフ
  • ドライバー

などの求人も複数見つかります。

ドライバーの仕事内容は募集をかけている営業所によって変わってくるので一概には言えないのですが、

  • 中型トラックを使ったルート配送の仕事
  • 大型トラックでの長距離輸送の仕事

が、ありました。

勤務時間

次に、それぞれの雇用形態の勤務時間を見ていきましょう。実際の求人を参照してみます。

東京都内で検索してみたところパート・アルバイトの一般事務の募集が見つかりましたから、それを例としましょう。

勤務時間は10:00~15:00と定められていて、この間に休憩なしか休憩45分かを選択することができます。また、出勤日は土・日・祝が休みとなるため、平日の中から3日以上という条件でした。

一方、契約社員の条件はどうなっているのでしょうか。こちらはドライバーの求人が見つかりましたから、それを例にしてみます。

勤務時間は7:00~19:00で、休憩を含むため実働は8時間。出勤日については週休2日制ではありましたが、固定で休みとなるのは日曜日だけで、土曜日はシフト制となっています。

勤務時間に関してはパート・アルバイトのほうが融通が利くと言えます。

休みを優先するなら

パート・アルバイトにしても契約社員にしても週休2日制なので、基本的にはどちらでも休日自体は確保されていると言ってよいでしょう。しかし、あえてどちらがより休みを取りやすいかと言えば、やはりそれはパート・アルバイトということになります。

先に比較したとおり、契約社員が平日フルタイムで働くのに対して、パート・アルバイトは短時間の勤務で済みます。また、もちろん募集の内容しだいという話ではありますが、勤務する時間帯を希望して選べる場合もあります。

土曜日が休みとなるため連休が取れるのもパート・アルバイトの利点です。

ワークライフバランスを重視して休みを優先したいということであれば、パートもしくはアルバイトとして日本通運に就職するほうがおすすめできると言えるでしょう。

職種を選べば土日休みも可能

ただし、契約社員だからといって必ずしも土日が連休にならないとは限りません。日本通運は全国各地に拠点やグループ会社を持っており、募集条件は職場によって違うからです。

たとえば、学校給食の配送ドライバーの募集があります。一般的に学校は土日休みですよね。ということは当然、給食を運ぶドライバーにも土日の仕事が発生しないわけで、やはりこの求人では土日休みという条件になっていました。

また、ドライバー以外の職種でも土日休みになるものがあります。

一般事務の募集を見てみると、「WordやExcelの操作ができる」という応募条件がついてはいたものの、出勤日については月~金となっており、土・日・祝は休みになると記載されています。

さらに、構内仕分け作業の求人でも、「お客様カレンダーによる」という条件つきではありましたが、基本的には土日休みというものが見られました。

このように、土曜日シフト制でない契約社員の求人も少なからずあります。パート・アルバイトに決めてしまう前に、お近くの日本通運の拠点で土日休みの契約社員を募集していないかどうかは一度調べておいたほうがいいでしょう。

経験を積んで社員登用も可能

契約社員として日本通運に入社すると、半年~1年を目安として正社員登用を目指すこともできます。昨今の労働に対する価値観の変化や、働き方改革という後押しもあって、日本通運も多様な雇用形態に対応しています。

パート・アルバイトを選択して休みを優先するか、契約社員として経験を積みながら正社員登用を視野に入れるかは自分の考え方しだい。選択肢は用意されているので、自分にとって何が大事なのかをしっかりと考えて選ぶようにしてください。

まとめ

皆さん、いかがでしたか?

日本通運ではパート・アルバイト、契約社員ともに募集をしていますが、どちらの雇用形態にもそれぞれ有利な点と不利な点があることが分かっていただけたのではないでしょうか。

休みを優先するのか安定を優先するのか、個人の価値観によって採るべき選択肢は変わります。日本通運への就職の際、この記事を参考にして働き方を選んでいただければ幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、ドライバー人口は減少傾向でどの会社も人を採用することに力を入れており、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

しかし、ハローワークや求人媒体の情報を信じてしまい、入ってみたら年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。

より自分の希望を叶える会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで、すぐの転職を考えていない方でも、私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトのいい点は、下記3つです!

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社だけを調べられる
③免許や手積み手おろしなしなど、こだわりの条件で絞り込める

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に、条件が違って後悔したくない

は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバー求人検索

関東と愛知を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手