陸送の仕事内容とは?陸送の業務内容を詳しく解説します!

   

陸送の仕事を検討している人にとって、どういった内容の仕事かは気になるところですよね。

陸送として働きたいのであれば、事前に陸送の業務内容について知る必要性があるでしょう。

陸送はどんな業務を行っているのか、どんな資格が必要なのかが分かれば、安心して働けます。それでは、陸送の業務内容についてご説明しましょう。

陸送とは

陸送とは転勤や転居に伴って利用する方法の一つであり、主に荷物の搬送を行います。

陸送を行う際にはキャリアカーを初めとする専用の車両を使用したり、自走して陸地のみを移動するのが主な業務内容です。

よく陸送と輸送を同じ意味合いで使われることもありますが、陸送は陸地のみを移動して自動車を搬送するのに対し、輸送は陸地に加えて飛行機や船便を使って空路や海路を利用して荷物を搬送するという大きな違いがあります。

もしも引っ越しなどで荷物を運ぶ際に陸地のみを移動するのであれば陸送となり、離島などに引っ越す場合は自然と空路や海路を利用することになるので、輸送のみの搬送手段に限られるでしょう。

安全に自動車を運ぶなら、陸送がおすすめできます。

陸送とはどんな時にするのか

引っ越しや転勤

陸送の代表的な利用方法と言えば、引っ越しや転勤を行う時の自動車の搬送です。日本全国で空路や海路を利用しない限り、引っ越しや転勤に伴う自動車の搬送は陸送で行われるので非常に便利です。

特に急な引っ越しや転勤を行わなければならない状況になった時に利用されることが多く、輸送と違って途中で自動車を降ろすことなく引っ越し先や転勤先まで直接向かうため、

車上荒らしや自動車の盗難といった様々な被害に遭いにくいのも陸送が選ばれる理由の一つです。

車の売買時

車を売買する時も陸送を用いて運搬します。車を売買する時は基本的に車を積載する専用車両であるキャリアカーを活用して陸送するので、積載する車を適切な方法でキャリアカーに積み込まなければなりません。

キャリアカーは自動車を積み込むのに欠かせない車両であり、積み込む車両を自走させて積み込むか、引かれたラインに合わせて積み込むか、あるいは先に2階部分から積み込むなどその都度臨機応変に対応する必要性があるでしょう。

故障した時

自動車が事故を初めとする何らかの原因によって自力で走ることができなくなった場合に、陸送が利用されます。事故などで運転が不可能になった故障車や全く動かなくなった車両を陸送によって運搬するのが主な作業です。

陸送によって事故車や動かなくなった自動車を運ぶことをレッカーとも呼ばれるので、レッカー車と呼称されることもあります。

事故の状況やその場の状況によってはすぐに陸送することができないケースがあるものの、陸送によるレッカー移動は重要な役割があるでしょう。

現場への作業車の移動

陸送の仕事は、現場で使用するための作業車を移動させる業務も含まれています。陸送で移動させる作業車は主に建設現場などで使われるものであり、様々な種類のトラックやダンプカー、高所作業車など様々な車両を陸送します。

作業車を移動させるにあたって様々な注意点があるため、万が一の事故などがないようにしっかりと注意する必要性があるでしょう。

陸送の仕事について

業務内容

陸送の業務内容は、会社によって大きく違います。一般的には店舗まで新車や中古車を何台も運んで納車する流れとなっていますが、会社によってはお客様の元へ届ける車を自走して配達するという業務もこなします。

また、場合によっては故障車や動かなくなった車をレッカーすることもあったり、急な引っ越しや転勤などで自動車を運ぶ際に利用されることもあります。

様々な利用用途があるため、陸送ドライバーとしての仕事は非常に多くあると言えるでしょう。

必要な資格

陸送は非常に多くの種類の自動車を取り扱うため、自動車に関する資格や免許は多いに越したことはありません。

何故なら、陸送は自動車を積み込むために自走する場面が多く、ここで運転できない車両があると作業ができなくなってしまうからです。

普通自動車免許は、もちろん中型自動車免許や大型自動車免許なども必要になるでしょう。

場合によってはAT車では認められない可能性があるので、MT車の免許を取得する必要性もあります。陸送ドライバーとしての範囲を広めたいなら、資格や免許を積極的に取得するのがおすすめです。

平均給与

陸送ドライバーの平均給与は、軽作業や物流センターのスタッフとして働くなら時給1150円となっています。

また、構内作業なら1120円、工場作業員なら1124円、キャリアカーのドライバーであれば月給27万円となっています。

これらの給与はあくまで平均であり、上記より低いこともあれば高いこともあります。自分が働きたいと思う陸送会社の給与はどれくらいなのか、求人情報を比較して調べるのがおすすめです。

陸送の仕事に向いている人は?

車の運転が好き

陸送の仕事に向いている人は、何よりも車の運転が好きな人です。陸送は様々な種類の自動車を積み込んで運搬することから、様々な自動車に触れる機会が多くあります。

それだけでなく、自動車にドライバーが乗り込んで積み込むことも多いので、様々な自動車に運転が可能です。

特に中古車はもちろん、まだ誰も乗ったことがない新車を自走して積み込む際に、購入者よりも一番早く乗れるというメリットもあります。

一人でコツコツ仕事をしたい

陸送ドライバーはひたすら各地へ車を積み込んで移動させる仕事が基本なので、たった一人でもコツコツと仕事がしたい、もしくは得意な人にこそ向いていると言えるでしょう。

誰にも邪魔されずに自分の感覚だけで仕事ができるので、注意点さえ守っていれば楽しく働ける職業です。単純ながらも様々な注意点を守ってコツコツと仕事ができるなら、陸送は天職だと言えるかもしれません。

業務内容によっては多少のコミュニケーションが求められることがありますが、最低限の会話ができるなら問題ないでしょう。

安全運転に自信がある

陸送ドライバーは他人の自動車を運ぶという仕事から、通常よりも安全運転に気を配る必要性があります。

自動車や作業車などを積み込む時にしっかりと固定されているかどうか、荒い運転で積み込んだ自動車に傷をつけないかなど、気を付けることは多くあります。

下手をすれば事故に繋がる可能性もあるので、とにかく普段から安全に気を使っていて自信がある人にこそ陸送ドライバーが向いているでしょう。

まとめ

陸送ドライバーの仕事は主に自動車を扱う業務であり、様々な場面で必要とされます。もちろん自動車を運ぶ際に伴う注意点が多くあるので、

第一に安全運転に気を付けること、一人でもコツコツと仕事をするのが苦ではない人に向いているでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、ドライバー人口は減少傾向でどの会社も人を採用することに力を入れており、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

しかし、ハローワークや求人媒体の情報を信じてしまい、入ってみたら年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。

より自分の希望を叶える会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで、すぐの転職を考えていない方でも、私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトのいい点は、下記3つです!

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社だけを調べられる
③免許や手積み手おろしなしなど、こだわりの条件で絞り込める

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に、条件が違って後悔したくない

は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバー求人検索

関東と愛知を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手