仮眠できるサービスエリアはどこ?充実した仮眠にするための注意点

   

長時間運転をしていると、ついウトウト眠くなってしまうときもありますよね。

高速道路で眠気や疲れを感じたとき、仮眠できるサービスエリアでゆっくり休むと事故防止や過労死の防止に役立ちます。

仮眠できるサービスエリアの特徴と仮眠する際の注意点を徹底解説!

仮眠の頻度はどれくらいがいいの?

長距離ドライバーは、徹夜で運転し続けることも多いと思います。そんな時には、途中に休憩を取り仮眠することが大切になりますね。人間の睡魔は起きてから15時間後にピークが来ると考えられてます。

なので、起床時間から計算して、13~14時間経ったら仮眠を取るようにしましょう。また、仮眠後にも仕事が長時間続く場合は、2~4時間後の間にもう一度仮眠を取ると良いでしょう。

疲れや眠気を感じたらすぐに休憩する

また、起床からの時間や、頻度よりも、自分の健康状態を重視して休憩を取るようにしてください。

十分な睡眠が取れている場合でも疲れや眠気を感じることはあります。このように疲れや眠気を感じたらすぐに休憩を取り、仮眠して回復させましょう。

もし適度に休憩しなかったら?

休憩や仮眠を取らずに運転し続けることは、非常に危険です。眠気がある状態は、集中力が低下しています。

そのため、事故の可能性が大きくなるからです。眠くない時には、まずすることが無いミスも、眠気があるとうっかりやってしまうことがあるのでとても危険になります。

また、慢性的な睡眠不足は、健康状態、精神状態を悪化させます。鬱や不眠症、過労死の可能性もあるため、十分な休憩が必要になります。

このように事故防止、過労死防止、健康維持のためにも休憩は、意識してしっかり摂るように心がけましょう。

休憩できるサービスエリア

ドライバーの休憩場所となるサービスエリアの中でも特に休憩場所としての利便性が高いサービスエリアには、特徴があります。

広い仮眠スペースがあるサービスエリア

充実した仮眠を取るためには、仮眠スペースを利用するのが良いですね。仮眠スペースとして適している特徴には、広いスペースであることがまず挙げられます。

スペースが広いと十分に身体を伸ばして休憩できますね。また照明の明るさも、明るすぎずに薄暗い部屋のほうが使いやすいです。

備えられている機器であると嬉しいのがマッサージ機やリクライニングチェアなどですね。これらがあると身体のリフレッシュもより充実しますね。

レストランやバイキングがあるサービスエリア

食事は、休憩の楽しみの一つですね。レストランやバイキングなど食事面でも充実しているサービスエリアも多くあります。

特にご当地グルメに代表される、その場所でしか食べられない食事が充実しているサービスエリアが人気です。

お風呂があるサービスエリア

休憩でお風呂に入れるとリフレッシュでき眠気も取れますね。サービスエリアには、仮眠室に加え、お風呂などの入浴施設がある場所もあります。

本格的なお風呂が無くてもコインシャワーがあれば十分な眠気対策になりますね。またコインランドリーがあると、衣服の洗濯もできるため、長距離ドライバーとしては嬉しいですね。

今、「リフレッシュ」施設が増えている

このように最近のサービスエリアでは、リフレッシュ施設が増えています。なので長時間の運転による疲れや睡眠不足による眠気の解消に利用するのに最適な環境になっています。

長距離ドライブの際には、事前に利用できるサービスエリアのリフレッシュ施設の内容を調べおくことをおススメします。そうすれば、より良い環境での休憩が取れ、より疲れと眠気を取ることができるようになります。

駐車場で仮眠するときの注意点は?

急な眠気が生じた場合や運転コースによっては、仮眠室での休憩、仮眠ができない場合もありますね。そんな時には、車内で仮眠を取ることになります。

車内での仮眠は、睡眠に適した環境とは言えないです。なので、少しでも車内での睡眠を良い物にするための注意点を紹介します。

毛布やアイマスクを一枚用意しておく

 

車内での仮眠を妨げられないためは、防寒対策と日差し対策が大切になります。防寒対策としては、毛布を一枚用意しておくと良いでしょう。

仮眠で使う毛布には選びかたにもポイントがあります。おススメなのは薄さが中くらいの毛布になります。

日差し対策には、アイマスクが適しています。夏場は、夜が明けるのが早いため、特に日差し対策が必要になります。なので、あらかじめアイマスクを用意しておくと良いでしょう。

換気や虫対策

冬場は休憩中ずっと窓を閉め切っていることが多くなりますね。閉め切った車内は身体には良くないので適度に窓を開けて換気をしましょう。

このとき自分の席から離れている窓を開けると、自分に直接風が来ないので、身体が冷えにくくなります。

また、夏場は、暑さから窓を開けることになります。このとき虫の侵入が大きな問題になります。虫の侵入を防部には、網を窓に貼ると良いです。なので、窓に貼る様の網を買っておきましょう。

バッテリー上がり対策も忘れずに!

休憩中に自動車トラブルが発生することもあります。中でも対策が必要になるのが、バッテリー上がりです。

バッテリー上がりを予防するのに特に大切なのがエアコンやカーナビを付けるときは、エンジンをかけている状態で使用することです。

カーナビは音楽やテレビのプレーヤーとしても使用しますが、このときにもエンジンはかけてください。

まとめ

仮眠できるサービスエリアの特徴を紹介しました。いかがでしたでしょうか。長距離ドライブでは、安全面と健康面の両方のためにも仮眠は欠かせません。

今回紹介した情報を活用してより良い仮眠を取って、安全運転につなげてください。

【EU用】記事終わりCTA_22/09更新

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トラック運転手

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す