トラックステーションとは?どんなことが出来る施設か、一般人も使えるのかを解説!

   

トラックステーションという施設に聞き覚えはあるでしょうか?トラックは普通車に比べて車体が大きく、駐車スペースを探すだけでも苦労してしまうことがあります。

思ったところで仮眠や休憩を取ることが非常に難しいのですが、そんなときに活躍するのがトラックステーション。ドライバーにとってはまさしくオアシスのような存在と言えます。

今回はくつろげる場所がほしいというドライバーの方々のために、トラックステーションがどのような施設なのかについて紹介していきたいと思います。

トラックステーションとは?

トラックステーションとはトラックドライバーを主な対象とした施設であり、休憩施設と運行管理センターとしての機能を兼ね備えています。

「トラステ」や「TS」といった略称で呼ばれることもあります。トラックステーションがどこに設置されているかというと、全国の主要国道沿いです。

全日本トラック協会の計画に基づき、貨物自動車運送事業振興センターおよび各都道府県のトラック協会が建設、管理するという形で運営されています。

トラックステーションで出来ること

トラックステーションは休憩施設として活用できるよう作られています。具体的にどういったことができる施設なのでしょうか。

食事

トラックステーションには食堂が入居しており、ドライバーはそこで食事を取ることができます。

ドリンクやフードを扱う自動販売機やコンビニエンスストアが置かれているトラックステーションもあるため、休憩の際は重宝するでしょう。

ただし、24時間営業しているとは限らない点には注意が必要です。トラックステーションごとに設備や営業時間は違いますから、利用したい場合は事前に調べておくとよいでしょう。

仮眠・休憩・休息

トラックドライバー用の施設だけあって、トラックステーションには駐車スペースが確保されており、大型トラックやトレーラーでも余裕をもって駐車することが可能。

トラックを停めた後は休憩所を利用して仮眠を取ることができます。停車時間は1車16時間までとされていますが、運行管理センターへの届け出を行えば延長することもできます。

入浴

トラックステーションには入浴施設があるため、ゆっくりと疲れを取ることも可能です。コインシャワーの場合、5分で100円が料金の目安となります。

ただし、ビジネスホテルが普及したことや、場所によっては24時間営業のスーパー銭湯が登場してきたこともあって、営業時間を短縮しているトラックステーションも増えてきました。

管理人がいる時間帯しか使用できないことも考えられるため、事前に調べておくことが大切です。

宿泊施設があるトラックステーションも

全てのトラックステーションに当てはまるわけではありませんが、休憩だけではなく宿泊のできるトラックステーションも存在します。

宿泊施設は食堂と同様、民間会社に業務を委託することで運営されているとのこと。参考までに例を挙げておくと、たとえば大宮トラックステーションではシングル1泊2,700円(税込)で宿泊できます。

ビジネスホテルなどを利用するより安価ですから、近くに宿泊可能なトラックステーションがあるのなら使ってみるとよいでしょう。

トラックステーションの利用規定について

トラックステーションには数点の利用規定が存在します。

基本原則

大前提として、トラックステーションはトラックドライバーのための施設です。したがって、一般の方の立ち入りも許可されているとはいえ、トラック協会会員事業者の車両のドライバーが優先的に利用できることになっています。

要するに、緑ナンバーのトラック優先というわけです。利用者は係員の指示に従わなくてはなりません。係員の指示に従わなかったり、規定に違反したときは、ただちに退去しなければならなくなります。

また、暴力団風の人やタトゥーを入れている方は立入禁止とされています。

駐車場について

先述のとおり、駐車場の使用時間は16時間までと定められています。16時間を超えて利用したいときは、係員に届け出てください。

事故防止に努める必要もあります。構内は時速10km以下で徐行すること、積み込みや積み下ろしといった荷役にあたる行為をしないこと、標識や他の車両を毀損しないことなどが利用規定に明記されています。

また、近隣住民の環境への配慮も必要です。駐車中はエンジンを停止しておく、ゴミのポイ捨てをしないなど、常識をわきまえた節度ある利用を遵守してください。

全国に28ヶ所にあるトラックステーション

全日本トラック協会が運営管理するトラックステーションは全国に28カ所存在します。

場所によって利用できる施設や営業時間が異なりますから、繰り返しになりますが、利用したいときは事前に調べておいたほうが失敗せずに済むでしょう。

利用規約を正しく守って施設を利用しよう!

トラックステーションはトラックドライバーのために作られている公共施設です。誰か一人のものではありませんから、利用規約を守って使うことが大切です。

実際、ゴミの分別が行われていなかったトラックステーションでは、ゴミ箱が撤去されてしまったという例もあります。規約違反が横行すると皆が不利益を被るのです。良識ある態度を心がけましょう。

まとめ

全国に28カ所あるトラックステーションは、トラックドライバーの負担を和らげるために管理運営されている休憩施設です。

緑ナンバーのトラックであれば優先的に利用することができますから、長距離を運転する場合などは立ち寄ってみるとよいでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、東京・関東を中心に求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、リクナビNEXTは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

リクナビNEXT

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東のみ・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - トラック運転手