灯油配達のやり方やコツとは?仕事内容やキツさ、注意点についてもご紹介

   

冬になると多く見かけるようになる灯油の販売ですが、灯油の販売と聞くと「きつい」というイメージを持つ方もいるのではないでしょうか?

そこで、「灯油配達は本当にきついのか」や「灯油配達のやり方や仕事内容」についてご紹介していきたいと思います。

灯油配達の種類

「灯油の販売」と聞くと移動販売というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?灯油は実際、移動しながら販売することが多いです。

移動販売の中には「通常配達」と「定期配達」と呼ばれる配達方法があります。

通常配達

通常配達とは、その名の通り、注文を受けて灯油を配達しに行く通常の販売・配達方法です。

注文を受ける方法としては、電話が多く、電話で注文を受けて注文先まで車で配達しに行くという流れになります。

注文する時間帯はお客さんによってまちまちなので、夕方に電話で注文を受けてすぐに配達しに行くという場合もあれば、前日に注文を受けて翌日配達しに行くという場合もあります。

定期配達

通常の配達以外の灯油の配達方法としては、定期配達があります。定期配達は、お客さんが定期的に灯油を購入し配達を依頼することです。

定期配達は、申し込みの際にお客さんと契約した配達サイクルに従って定期的に配達を行うので、日時が決まった作業となります。

宅配回数や場所はお客さんによってまちまちなのでスケジュール管理が必要になってきます。

申込の際には、会社によって異なりますが、電話だけでなく、インターネットからの申し込みを受け付けている会社もあるので、電話での対応が不要の場合もあります。

 仕事内容

灯油の配達の仕事をする場合、普段は灯油の配達以外の仕事も請け負うことになります。

例えば、ガソリンスタンドで働いている人を例に紹介すると、通常はガソリンの給油やその他の事務作業を行っています。そして、灯油の通常配達の注文が入ったり、定期配達の時間になると灯油の配達に向かいます。

このように、普段は別の作業をしながら、注文があった時に灯油の配達を行います。灯油の配達のみ、という場合は少なく、何かしら他の作業も行う仕事であるケースが多いです。

しかし、中には灯油の販売を一日中行う仕事もあるので、会社や仕事によってまちまちとなっています。

特に冬場は灯油ストーブを使用するために需要が増えたりするので、配達の作業が多めになってきます。

石油ストーブのイラスト

配達するもの

灯油の配達といっても配達の方法はいくつかあります。例えば灯油を配達する際に入れる容器によっても業務内容が変わってきたりもします。

ポリタンク

赤い灯油タンクのイラスト

灯油の配達方法としてまず思い浮かぶものうちの一つは「ポリタンク」だと思います。ポリタンクはプラスチック製の容器で灯油専用のポリタンクも販売されています。

ポリタンクは15~20Lの物が多く、主に個人向けの配達となります。ポリタンクの場合は個人の家まで行ってポリタンクに灯油を入れるという所までで配達となります。

20Lの灯油が入ったポリタンクはそこそこ重いので、移動は力作業となることが多いです。

ドラム缶

ドラム缶は一本当たり200Lほどの容量があり、かなりの量の灯油を入れることができます。

ドラム缶は法人向けのみならず、個人向けにも配達を行うことがあります。北海道などの寒い地域では、個人でも400Lの貯蔵タンクをもっていてドラム缶で灯油を購入するという方も少なくありません。

ドラム缶の場合もポリタンクの場合と同様に、注文したお客さんの家まで行って、専用の機械で灯油をドラム缶に注いで配達は完了となります。

灯油配達時の注意点

灯油の配達では様々なミスが起こらないように注意する必要があります。

例えば、灯油を配達する際にタンクのふたを閉め忘れてしまい、雨水が灯油に交じったことで機器が故障することがあります。このミスは起こりやすいので中止ましょう。

他にも灯油をこぼしてしまったりする等のミスがあり、ミスをしないことが大事ですが、ミスを起こしてしまった後にすぐに対処できるようにタンクの部品の予備や洗剤などを用意しておくと、ミスが起こった時にもカバーできます。

また、灯油がいっぱいに入ったポリタンクをもって階段を上がらないといけないなど、体力が必要な場合もあります。

まとめ

灯油の配達は、他の仕事との掛け持ちが多いです。普段はガソリンスタンドで給油を行いながら、注文が入った場合に配達に向かうということが多いです。

配達の方法としては、ポリタンクとドラム缶での配達方法があり、個人向けか、法人向けも入ってくるかなどの違いがあります。

灯油の配達ではミスが起こらないようにすることはもちろん、ミスが起こってしまった際のカバーのための準備をしておくことも大事です。

灯油の配達の仕事をする場合には参考にしてみて下さい。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバー求人検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手