腰を守るための必須アイテム!トラック運転手におすすめのクッションをご紹介

   

トラック運転手で腰痛に悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

トラック運転手は長時間座っている仕事なので、腰を痛めることが多い職業です。腰を痛めてトラック運転手を続けることができなくなるドライバーもいます。

そんなトラック運転手に、腰痛を防ぐためのクッションは必需品です。今回は、トラック運転手にクッションをおすすめする理由、そしてドライバーハッカー一押しのクッションをご紹介します!

トラック運転手はなぜ腰を痛めやすい?

腰痛は業務上で起こる病気の6割を占めており、運輸交通業は腰痛発生割合が多い職業の一つです。

トラック運転手が腰痛になる原因は大きく以下の3つに分けられます。

  • 動作要因(腰部に加わる過度な負荷や負担)
    • 荷物を頻繁に持ち上げる
    • 急いでいる時不用意な姿勢で作業することが多い
    • 長時間同じ姿勢で仕事する
  • 環境要因(不適切な機器や設備の配置)
    • 野外作業では体が長時間寒さに晒される
    • 作業場所が狭く窮屈である
    • 作業場所が暗くて安全確認が取れにくい
  • 個人的要因(年齢、性別、持病など)
    • 高齢化のせいで荷物の積み下ろしが辛くなってきた
    • 腰痛があってもゆっくり休むことができない
    • 満足に仮眠が取れない

(引用元:運送業務で働く人のための腰痛予防のポイントとエクササイズ

荷物の持ち運びなどの動作要因のイメージが大きいですが、環境要因や個人的要因も腰痛の原因となるんですね。

腰に負担がかかる業務が多いため、トラック運転手は腰痛と隣り合わせの職業なのです。トラック運転手の職業病といってもいいかもしれません。

クッションで腰への負担を軽減できる

トラック運転手の腰痛の原因と聞くと、荷物の持ち運びなどの作業が原因と思われがちですが、意外にも長時間運転の腰への負担が大きな要因となります

ずっと同じ姿勢で座っていることは、楽なように見えて、実は腰に大きく負担をかけます。実際に長時間の運転で腰を痛め、トラック運転手を続けられなくなってしまうドライバーは多くいます。

運転席の環境によって、腰への負担は大きく変わります。長時間運転による腰痛を防ぐには、最適な姿勢で座れる環境を作ることが大切です。

最適な姿勢で運転するためには、クッションを使うことが効果的です。その理由を簡単にご説明します。

背もたれ角度や腰背部の支持の状態が異なることで、腰椎への力学的負担が強まることが知られています

このような特性を理解して、運転開始前に背もたれ角度や座席の位置などの適正な調整を行うことが大切です。車両からの振動をなるべく減衰させる構造の座席がある車両を採用することが望ましいですが、こうした車両を採用できない場合には、クッション等を用いて振動の減衰に努めることも有効です

(引用元:運送業務で働く人のための腰痛予防のポイントとエクササイズ

クッションを使うことで、背もたれを最適な位置に調整することができるのです。実際にどう負担が変わるのか、わかりやすく図でご説明します。

上の図にある通り、座席の背もたれの角度が90度により緩やかな方が、腰にかかる圧力は減少します

さらに、腰部と座席の隙間にクッション等を入れると、すべての角度でクッションがある方が、ない場合に比べて圧力は減少します。座席の背もたれに体重をうまくあずけることにより、腰部の負担を減らすことができるのです。

クッションを使うことで腰への負担を減らし、腰痛を予防することができるのです。

トラック運転手におすすめのクッション

ここからは、ドライバーハッカーがおすすめするクッションをご紹介していきます。

現役ドライバーの方も、これからトラック運転手になることを考えている人も、ぜひ参考にしてください!

おすすめ1:【改良版】Aoomiya 腰痛クッション

一つ目のおすすめクッションはAoomiyaブランドの腰痛クッションです。

人間工学に基づき、長時間の運転に伴う腰から背中に掛かる圧力を均一に分散、吸収するように作られています。背骨を安定した姿勢に整え、快適な運転をサポートします。

レビューでは、「運転が楽になった」、「形状が心地よい」といった声が多く見られます。

おすすめ2:KUMFI 低反発クッション ランバーサポート

2つ目はKUMFI 低反発クッションランバーサポートです。

背骨があたる位置に溝が入った立体構造で、背骨にかかる圧力を軽減するので正しい姿勢を保つことができます。

「安定感がある」、「耐久性がありコスパが良い」という口コミが多いようです。

最後に

いかがだったでしょうか?

ぜひこの記事を参考に、自分にぴったりのクッションを見つけてください!

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)アフィなし

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東(東京/埼玉/千葉/神奈川など)、愛知県
・年齢:全年齢OK
・経験:経験者、未経験者ともにOK

運送会社の多いエリアにて、かなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。
特に、関東や愛知県でお仕事を検索したいドライバー様には、自信を持ってオススメできます!
10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能です!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としていますが、関東以外の求人情報は他社より多い状況となっております。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東以外・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - トラック運転手