運行管理者の仕事内容とは?気になる具体的な仕事内容を紹介

   

運送業界への転職を考えている方は、運行管理者募集の求人を見かけることがありますよね。それを機に運行管理者の仕事に興味を持ち、仕事内容を知りたいと思う方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、運行管理者の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。

運行管理者とは?

自動車運送業を営む事業者は安全で確実で効率的に運送・輸送を行う必要があります。その事業所に属するドライバーの健康状態や勤務時間の管理などを行う必要性が出てくるのです。それらの仕事を行うのが運行管理者です。

その仕事内容はドライバーの健康管理から休憩場所、仮眠場所の保守管理、適切に運行・運転できているかどうかの管理など多岐にわたります。運送会社にとって必要不可欠な役職であると言えるでしょう。

運行管理者の仕事内容は?

点呼

まず運行管理者は点呼を行うことでドライバーの健康状態の管理やアルコールを飲んでいないかのチェックを行います。ここでドライバーと話をすることでドライバーに異変がないかどうかを見極めるのです。単純に返事をすれば良いというものではありません。

勤務時間の管理

ドライバーはルート配送などでない限り、かなり不規則な勤務形態になることがあります。長時間勤務しているドライバーも多く、それらの勤務時間の管理は適切に行わなければなりません。この勤務時間の管理も運行管理者の仕事の一部なのです。

運行に関する指導や監督

勤務報告書、チャート紙、デジタルタコグラフなどを分析してドライバーが適切な運転を行っているかどうかを管理します。正しく運転、運行ができていない場合は指導を行います。ドライバーの指導や監督を行うのも仕事になります。

休憩、仮眠施設の保守管理

長時間勤務しているドライバーが適切に休憩や仮眠が取れているかどうかを把握し、その休憩場所の準備や仮眠場所の設置や管理を行うのも運行管理者の仕事です。最近大手の運送会社では事業所に仮眠施設を備えているところが多くなっています。これらの保守管理も行います。

過積載の防止

積荷が適切に積まれているかどうか、過積載になっていないかどうかを管理するのも運行管理者です。特に過積載の状態でトラックが運行していると法令違反にもなりますし、事故を引き起こす原因にもなります。事前に管理することでそれらを未然に防ぐのです。

安全に運行させることが第一の仕事

運行管理者が行う業務は多数ありますが、基本的に根底にあるのは「安全確実に運行されること」です。管理不足、注意不足によるトラックの事故はドライバーの生命の危険だけでなく、他社を巻き込んだ大事故につながる可能性があります。

他への影響も大きい大型トラックだからこそなおさらその安全意識が重要になってきます。それを支えるのが運行管理者なのです。

道路運送法で定められている運行管理者の配置

運行管理者は営業所ごとに定められた人数を配置することが道路運送法で決められています。ドライバー30人ごとに管理者1人が必要最低数で、運行管理者が適切に配置されていないと罰則を受けることになります。

同じ事業所内に複数の運行管理者がいる場合はその中から「統括運行管理者」を選ばなければなりません。

運行管理者になるためには運送業の事業の種類に応じて「旅客」または「貨物」に関する「運行管理者資格者証」が必要になります。基本的には運行管理試験に合格することが前提となります。

気苦労も多いがやりがいのある仕事

運行管理者は仕事内容も多く、ドライバーの安全管理まで行っているために責任も重くなるためストレスを感じることが多いかもしれません。しかしそれだけに運行が順調に進んでいるときはやりがいを感じることも多く、信頼もされる仕事でもあるのです。

まとめ

運行管理者はいきなりできるというものではありません。経験や知識があってこその仕事だとも言えます。熟練した運行管理者は点呼の段階でドライバーの健康の異変に気付くことができると言います。大変な仕事ではありますが、それだけに重要な仕事でもあると言えるでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)無職LP

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 急募案件あり!無職のドライバー向け無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国
・年齢:10代~60代以上全て
・就業状況:無職(離職中)、離職予定

ドライバー専門の求人サービスで、急募案件を多く扱っている特徴があります!
なので、1週間以内の就職/転職が可能です。
再就職手当/失業手当の対応も可能なので、離職中のドライバーにオススメです!
条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【急募案件あり】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【3位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、3位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

 - トラック運転手