中型免許で乗れる車/トラックは?取得方法や中型トラックの種類・車種など

      2018/11/12

中型免許でどんなトラックが運転出来るようになるかご存知ですか?

中型免許を持っていれば、いわゆる「4tトラック」を運転することができるようになるため、トラックの仕事の幅が大きく広がります。「中型免許を持って初めてトラック運転手だ」というドライバーも多く、プロのトラック運転手になるために必要な免許といってもいいでしょう。

今回は中型免許について徹底解説します!

中型免許とは

中型免許とは、トラック運転手の免許区分の一つです。

中型免許を取得することで、大量の荷物を運ぶことのできる4tトラックを運転することができるようになり、中距離・長距離の配送が可能になります

▼2018年現在の免許区分

 大型免許中型免許準中型免許小型免許
車両総重量11,000kg以上5,000kg以上
11,000kg未満
3,500kg以上
7,500kg未満
3,500kg未満
最大積載量6,500kg以上3,000kg以上
6,500kg未満
2,000kg以上
4,500kg未満
2,000kg未満
乗車定員30人以上11人以上
29人以下
10人以下10人以下

(引用元:全日本トラック協会

準中型免許では4tトラックに乗れない?!

2017年にできた準中型免許で4tトラックが運転できるようになると思っている方は多いと思いますが、実は準中型免許を持っていても4tトラックは運転できません

準中型免許で運転できるトラックの積載量が4,500kgまでなのに、なぜ4tトラックは運転できないのでしょうか?

4tトラックの4tとは、トラックの最大積載量のことを指します。なので、4tトラック=4tの重さのトラックではありません

4tトラックの車両総重量は、実は8t未満になるように作られています

準中型免許は、車両総重量が7.5tまでなので、車両総重量が8tである4tトラックを運転するには車両総重量が超えてしまいます。つまり、準中型免許を持っていても、4tトラックは運転できないのです

(引用元:準中型免許で『いわゆる4トン車』は運転できません

4tトラックを運転するためには、中型免許の取得が必須なのです。

8t限定中型免許(旧普通免許)とその解除

8t限定中型免許をご存知ですか?これは、道路交通法の区分改正前の旧普通免許のことを指します。

道路交通法の改正前は、普通自動車免許を取得していれば中型自動車も運転できたのですが、中型免許の区分が変更された平成19年以降は、旧普通免許が「中型車 (8t) 限定」の条件を付された中型自動車免許とみなされるようになりました。

旧普通免許を持っていれば、車両総重量8t未満のトラックは運転できますが、8tを超えるものは運転できません。

この8tという制限を解除し、中型免許へ格上げすることを中型8t限定解除と呼びます。

▼平成19年の道路交通法改正前後の普通免許比較

(引用元:中型8t限定免許の限定解除とは?

つまり、旧普通免許を持っている人は、「限定解除」をすれば中型免許が取得できるのです。

また、8t限定免許解除は運転免許試験場で試験を受けるよりも費用が安く、3,000円程度で行うことができます。技能講習も半日程度ですみます。

旧普通免許を持っている人は、ぜひ8t限定免許の解除を行い、中型免許を取得しましょう。

中型免許で運転できるトラック

中型免許を取得すると、車両総重量11t未満、最大積載量6.5t未満のトラックが運転できるようになり、トラック運転の仕事の幅がぐっと広がります。

まず、中型免許によって4tトラックの運転ができるようになります。4tトラックが運転できないと採用しない、という運送会社は多く、中型免許を持っていることで就職にも有利になります。

4tトラックが運転出来るようになることで、配送距離も長くなるため、給料アップにも繋がります。

また、中型免許を取得することでマイクロバスの運転もできるようになります。

名前はあまり聞かないですが、ゴルフ場や病院、ホテルなど各施設の利用者の送迎に使われているほか、幼稚園の送迎や企業の通勤のための送迎など、様々なシーンで活躍しています。

ちなみに、マイクロバスは乗車定員が11~29人である小型のバスのことをさすため、定員数が10人以下の中型8t限定免許では運転できません

(引用元:マイクロバスは運転できる?中型免許で乗れる車と定員人数

中型免許の取得方法

中型免許は、普通自動車免許または大型特殊免許取得者で、運転経験期間が2年経過していて、年齢が満20歳以上であれば取得することができます。

中型免許の取得方法は、以下2つの方法に分かれます。

  • 自動車教習所へ通って技能卒業検定に合格する
  • 運転免許試験場で技能試験を直接受験する

それぞれの方法のメリット・デメリットをご紹介します。

自動車教習所へ通って技能卒業検定に合格する方法

教習所に通って中型免許を取得する方法がもっとも一般的ですが、自動車教習所や自動車学校に通う方法の一番のデメリットはお金がかかることです。相場は20万円から25万円ほどで、決して安い額ではありません。

また、普通免許の試験とは違い、終了検定は1週間に1回ほどしか行われておらず、そこの試験に落ちればまた1週間待たないといけません。

ただし、自動車学校を卒業していれば、運転免許センターでの試験から学科試験と技能試験が免除され、適応検査(視力検査)に合格すれば中型自動車免許が取得できます。

お金はかかりますが、確実に中型免許を取得したい方は、自動車教習所に通うことをおすすめします。

運転免許試験場で技能試験を直接受験する方法

教習所へ通わず、いきなり技能試験を受けることも可能です。

ただし、一発免許と言われる方法は基準が厳しく、試験の合格率は20〜30%と極めて低いようです。

いきなり技能試験を受ける最大のメリットは、教習所に通う費用を浮かせることができることです。およそ4万円程度で技能試験が受けられるため、運転に自信のある方は、一発免許に挑戦してみては?

(引用元:中型免許の取得方法

中型トラック運転手の給料

中型免許を持っていると、トラック運転手の給料はどのくらいになるのでしょうか?

中型免許を持っていれば、トラック会社に就職したばかりでも、月収20万〜30万はもらえることができます。経験を積めば、月収40万以上になることもあります。

中型免許を持っていないと年収300万円程度なのが、持っていると一気に年収400〜450万円に上がるため、トラック運転手であれば取得しておくべき免許だと言えます。

(引用元:トラックマン

この額で少ないと感じる人は、大型免許をとって長距離ドライバーになるしかありません。

参考記事:長距離トラック運転手で高年収!体力に自身のある人にはおすすめ!

最後に

いかがだったでしょうか?

トラック運転手にとって、中型免許が重要な免許であることがわかっていただけたかと思います。

トラック運転手を目指している方は、ぜひ中型免許に挑戦してみてください!

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東(東京/埼玉/千葉/神奈川など)、愛知県
・年齢:全年齢OK
・経験:経験者、未経験者ともにOK

運送会社の多いエリアにて、かなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。
特に、関東や愛知県でお仕事を検索したいドライバー様には、自信を持ってオススメできます!
10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能です!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

マイナビエージェント

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東以外
・年齢:30~40代以上
・経験:経験者にオススメ

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としていますが、関東以外の求人情報は他社より多い状況となっております。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント 公式サイト >>

【3位】 マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20's

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東以外
・年齢:20~30代
・経験:未経験者にオススメ

マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東以外・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's 公式サイト >>

 - トラック運転手