バキュームカーの積載量はどのくらい?平均的なバキュームカーの積載量を解説!

   

バキュームカーのサイズは一つではありません。他のトラック同様に細かく積載量が分けられているものなのです。

だからこそ小さなスペースでも作業ができるのですが、バキュームカーを選ぶ時は悩みます。そこで今回は積載量と車両のサイズをわかりやすくまとめてみました。

実は車両サイズが豊富なバキュームカー

いわゆる働く車というのは細かく積載量が分かれていて、事業の規模によって必要なサイズのバキュームカーを選ぶ事ができるものなのです。

小さいサイズでは2トンサイズからあるので、狭い場所での作業も容易に行えるのです。

一方最大で10トンくらすのバキュームカーもありますので、大きなバキュームカーの場合は企業などを周るために利用すると良いかもしれません。

ただあまり小さいサイズや大きなサイズを見ないのは、よく見るサイズが扱いやすいからなのでしょう。

バキュームカーの積載量はℓ表示

普通トラックというのはトンで記載されていますよね。最大積載量が10トンとか2トンとかで表しますが、

バキュームカーの場合はトン数で表示するのではなく、リットルで表示されているので選ぶ時には注意しましょう。

表示は1000単位で表示されます。2トンなら2000リットルで表示されますし、4トンなら4000リットルで表示されているはずです。

どちらも重さ的には同じなので4トンでも2トンでも間違いではありません。

気になるバキュームカーのサイズや寸法は?

ここではバキュームカーのサイズごとに寸法をご酒かいいたします。

2tバキュームカー

2トンの全長は4,695mm、全幅1,695mm、全高1,995mm、車両総重量5,100kg、許容量は1,800リットルです。

2トンと言ってもタンクが付いているので小さいというほどではありませんが、狭い場所での作業に向いています。

例えば道路が狭い地域での浄化槽洗浄を行う場合などに活躍します。昔からある住居の多い地域では小さめのバキュームカーが今でも活躍しています。

タンクが小さい分処分場への往復が多くなる事は避けられないでしょう。

3tバキュームカー

小型3のバキュームカーの寸法は全長5,140mm、全幅1,695mm、全高2,150mm、車両総重量は6,795kg、許容量は2,700リットルです。

バキュームカーのサイズは細かく分類されていて、どんな場所であっても最適なサイズで作業ができるようになっています。

2トンのバキュームカーよりも1,000リットル近く多く回収ができるので、どちらにしようかと迷う事は無いかもしれませんが、

車体の大きさはあまり変わらないので少し大きめのサイズの方が良いかな?と思うなら小型3はおすすめかもしれません。

一方で3トンのバキュームカーの寸法は全長5,140mm、全幅1,885mm、全高2,330mm、車両総重量は6,795kg、許容量は3,000リットルです。

3.5tバキュームカー

3.5トンのバキュームカーの寸法は全長5,455mm、全幅2,070mm、全長2,300mm、車両総重量は7,975mm、許容量は3,700リットルです。最も一般的なバキュームカーのサイズでしょう。

バキュームカーで浄化槽清掃業務を行っている企業で最も多く使用しているサイズの車両でしょう。

全体的な大きさも2トンと比べて大きすぎる事がないので、住宅の密集している場所でも問題なく作業を行えるでしょう。

5tバキュームカー

バキュームカーは3.5トンの次は4トンではなく5トンです。

5トンのバキュームカーの寸法は全長5,800~6,950mm、全幅2,170~2,830mm、全高2,500mm、車両総重量9,770~13,860kg、許容量4,500~7,000リットルです。

このクラスになると2トンと比べるとやはり大きいと見た目で感じる事ができます。

また、他にも8トン未満までのサイズも細かく分類されているので、事業所の業務の内容に応じてジャストサイズを選ぶ事が可能です。

8tバキュームカー

8トンのバキュームカーの寸法は全長が7,600mm、全幅2,375~2,450mm、全高2,650~2,830mm、車両総重量は14,350~14,730kg、許容量は10,600~11,000リットルです。

このクラスも8トン~10トン未満まで細かく分類されています。

必要以上に大きなタンクにしなくても良いので、車両にかかる費用を抑える事ができますし、小さすぎず大きすぎないサイズのバキュームカーの導入が可能です。

10tバキュームカー

10トンクラスのバキュームカーになるとさすがにタンクも車体のサイズも大きくなります。

広い大きな通りに面している企業や一般家庭などで汚物の回収ができるので、一回で多くの顧客のところに回れるのが良いですね。

寸法は全長7,900~8,050mm、全幅2,490mm、全高2,960~2,990mm、車両総重量は19.850~19,890kg、許容量は9,500~9,800リットルです。

回収する量も多いのですぐに処分場へ行かなくても良いのがポイントです。

バキュームカーはなぜサイズが豊富なの?

ご紹介したようにバキュームカーのサイズはとても豊富です。その理由は回収を行う場所に応じて最適なサイズで回収が行えます。例えば家庭用であれば小さいサイズの方が回収には最適でしょう。

一方で企業や大きなデパートなどの場合はトイレの数も多いですし、できれば一回で回収できた方が効率的です。

こうした理由で大きなタンクの汚物を回収するのなら、大きなサイズのバキュームカーを選べばいいのです。

バキュームカーはこうした理由でこのように場所に合わせて細かく分類されているのです。

まとめ

今回は意外と知られていないバキュームカーのサイズが豊富であるという事をご紹介いたしました。

バキュームカーは快適な暮らしをするために欠かすことができないものなのです。この記事がバキュームカーのサイズについて知りたい方のお役に立てれば幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバー求人検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手