<link rel="stylesheet" href="//fonts.googleapis.com/css?family=PT+Sans+Caption">ダンプトラック(ダンプカー)の規格とは?土砂が運べるか、一般道を走れるかが違い! | DriverHacker[ドライバーハッカー]

ダンプトラック(ダンプカー)の規格とは?土砂が運べるか、一般道を走れるかが違い!

   

ダンプカーを使う仕事に初めてついた方は、ダンプカーの規格に戸惑ってしまいますよね。

ダンプトラック(ダンプカー)はいろんな種類や規格があり、用途も異なります。運転できる免許の種類も含めて詳しく紹介します。

ダンプトラック(ダンプカー)の種類と規格

ダンプカーは土木工事現場や建設現場に欠かせない車両ですが、いくつかの種類に分かれています。

まず

  • 「土砂ダンプ」
  • 「土砂禁ダンプ」

という分け方があります。土砂ダンプは土砂や砂利などを積載するダンプで建設現場などでよく見かけます。

土砂禁ダンプは土砂を積載することが禁止されたダンプです。「大きいけど軽い」ような発泡スチロールやペットボトルなどを積載します。そのため煽り部分が高くなっています。

このダンプに土砂を積載すると整備命令が下され、さらに道路運送車両法違反となって罰則を受ける可能性があります。

この他に

  • 一般道路を走行できる普通のダンプ
  • 一般道路は走行できない重ダンプ

という分け方もあります。重ダンプはダム建設や大規模な土木工事などで使用されるもので、その場所でのみ使用して一般道路を走行することはありません。

普通ダンプトラックの種類と規格

一般道路を走行しているダンプも大きさは様々で、

  • 「小型」
  • 「中型」
  • 「大型」

と分かれています。ここではそれらの寸法や規格などについて紹介していきます。

小型トラック

小型トラックの条件は、

  • 全長         4,700mm以内
  • 全幅         1,700mm以内
  • 全高         2,000mm以内
  • 最大積載量  3,000kg以内
  • 車両総重量  5,000kg以内

というものです。小回りが利き、とにかく扱いやすいというのが小型トラックの特徴で、工事現場だけでなく運送などでも幅広く使用されています。

代表的な車種に「いすゞ自動車・エルフ」があります。いすゞ自動車はトラックのような事業用の車をメインに販売しているメーカーです。その中でもエルフは1959年から製造されているという60年の歴史を持つ車種です。

今までもマイナーチェンジを繰り返しながら存続してきました。いすゞの看板自動車として高い評価を得ています。

いすゞ自動車・エルフの寸法

車両寸法荷台寸法
全長 4,685mm全幅 1,695mm
全高 1,960mm長さ 3,120mm
幅   1,620mm高さ      380mm

中型トラック

中型トラックは小型トラックの小回りの良さと大型トラックの大量の積載量のちょうど間にある規格のトラックです。

中型トラックの条件とは、

  • 全長         12,000mm以内
  • 全幅         2,500mm以内
  • 全高         3,800mm以内
  • 最大積載量  6,500kg以内
  • 車両総重量  11,000kg以内

となっています。

免許に関しては中型免許が必要になるのですが、かなり以前に普通免許を取得した人は8トンまでの車両を運転できるということもあって、ややこしいところでもあります。

運転する際には自分が持っている免許を確認する必要があります。

代表的な車種としては「三菱ふそう・ファイター」があります。こちらはもともと中型トラックとして人気のあったFKシリーズをフルモデルチェンジした際に名称を変えて登場したものになります。

その汎用性の高さから人気が高い車種で、中古車市場でもすぐに売れてしまう盛況ぶりです。

三菱ふそう・ファイターの寸法

車両寸法荷台寸法
全長 5,935mm全幅 2,240mm
全高 2,470mm長さ 4,000mm
幅  2,120mm高さ  400mm

大型トラック

大型トラックはトラックの中でも最大の寸法や積載量を誇ります。運転するためには大型免許が必要になり、建設現場などでは欠かせないトラックとなっています。

大型トラックの条件とは、

  • 全長       12,000mm以内
  • 全幅       2,500mm以内
  • 全高       3,800mm以内
  • 最大積載量  6,500kg以上
  • 車両総重量  11,000kg以上

となっています。

代表的な車種に「日野自動車・プロフィア」があります。こちらは事業用トラックのメーカーとして有名な日野自動車の大型トラックです。1992年にそれまであったスーパードルフィンをフルモデルチェンジして製造されました。

最新のプロフィアでは新型トランスミッションを採用することで万が一の衝突時に被害を防ぐ、衝突回避支援機能などを搭載しています。

日野自動車・プロフィアの寸法

車両寸法荷台寸法
全長 11,950mm全幅 2,490mm
全高 3,790mm長さ 9,670mm
幅  2,400mm高さ  267mm

普通ダンプトラックの形状

普通ダンプにはその用途によっていくつかの形状があります。ここではそれらについて簡単に説明していきます。

まず一般的なのが平ボディと呼ばれるものです。荷台は平たい板になっており、もっとも汎用性が高くて色々な業種に使用されています。それだけに日本でもっとも普及しているダンプです。

とにかく荷物の積み下ろしに制限がないためにあらゆる荷物に対応することができます。

平ボディの荷台部分の床を強化した強化ダンプと呼ばれるものもあります。こちらは重い荷物を積載することを目的とした強化で、床部分が強度の高いアルミなどで補強されています。

その他にはクレーンが付いたユニックダンプと呼ばれるものがあります。こちらはダンプの荷台部分にクレーンが付いているもので、他のクレーン車やフォークリフトを使わなくても荷物の積み下ろしをすることができます。

そのため、それらの別車両が入ることができない狭い場所での荷物の積み下ろしも可能となっています。

重ダンプトラックの種類と規格

重ダンプトラックとは最大積載量が11トンを超えるような大型トラックを超えたトラックです。とにかく大量の土砂の運搬が必要な大規模な土木工事やダム建設現場で使用されており、その積載量は20~300トンに及ぶものもあります。

それだけに車両価格も1億円を超えるようなものも普通に販売しています。

例えば「コマツ・HD-785-7」では、

  • 最大積載量  91トン
  • 車体重量  72.3トン

にも及びます。もちろんこれらの重ダンプは一般公道を走ることはできません

ダンプトラックの運転に必要な免許

車の免許に関しては道路交通法の改正があると大きな変化がある場合があります。

最近では「2007年6月2日」と「2017年3月12日」に大きな転機を迎えています。ここではそれぞれのトラックを運転するのに必要な免許を紹介していきます。

小型トラック

2007年6月1日までに普通免許を取得した人は最大積載量5トン、車両総重量8トンの車まで運転できるようになっていますので、小型トラックであれば問題なく運転できます。

ただし、2007年以降に普通免許を取得した人は最大積載量2トン、車両総重量3.5トン未満の車しか運転できないために「中型免許」が必要になります。

中型トラック

こちらも同様に2007年6月1日までに普通免許を取得した人は4トントラックなどは運転できますが、それ以上の大きさの場合は中型免許が必要となります。

また、2017年3月12日以降に新設された「準中型免許免許」最大積載量2~4.5トン、車両総重量3.5~7.5トンの車を運転することができますが、一般的な4トントラックは車両重量が8トン未満ですので超えてしまう場合があります。

大型トラック

大型の場合は基本的に大型免許を取得するしかありません。車両によっては大型特殊免許が必要になる場合もあります。

また、一般公道を走らない重ダンプは免許による制限はありませんが、大型免許を持っていてある程度の運転経験がある人が運転することが多くなっています。

まとめ

建設現場をはじめとして様々な用途で使用されているのがダンプトラックです。それだけに種類も豊富となっています。

ダンプトラックのドライバーとなる場合は運転する車によっては必要な免許が変わってきますので注意しておきましょう。

経営者/採用 担当者様へ|ドライバー採用したい方は必見!

「求人媒体にお金を払ったのに1人も応募がなかった...」
「今すぐドライバーを採用したい!」
などを感じている方は、ドライバージョブという人材紹介サービスがオススメです!

ドライバージョブは以下のような特徴があります。
1.完全な成果報酬型で、確実にドライバーを採用
採用が決まって初めて費用が発生するサービスとなっております。

2.無料面談設定を、大量かつ迅速に提供
多くのドライバーが集客出来ているため、無料の面談設定をスピーディーに実施することが可能です。
契約後、1週間以内に採用まで繋がった実績もあるようです。
※とある法人様の一例となります。

3.手間をかけずに、良質な求職者様を採用
キャリアパートナーが転職背景を詳細にヒアリングするため、相性のいい求職者のみ、ご紹介することができます。

このような特徴から、現在では全国のドライバーを採用したい会社(一般貨物/産業廃棄物/バス/タクシーなど)から、お問い合わせが常に来ているようです。
もしご興味がある場合は、以下のページから無料の資料ダウンロードをオススメします!

無料 資料ダウンロードはこちら >>

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 

 - ダンプ運転手