パッカー車(ゴミ収集車)の洗車方法・コツは?洗車グッズや洗車機の使い方を徹底解説!

   

パッカー車(ゴミ収集車)を運転している方の中には、自分で洗車などを行う必要も出てきますよね。

車をきれいに保っておくことは、仕事へのモチベーションも上がりますし、可能な限りこまめにきれいにしていきたいところです。

この記事では、パッカー車の具体的な洗車方法について解説していきます。

パッカー車の洗車場所はどこがあるの?

パッカー車の洗車場所は専用の自動洗浄機などもあります。自動で簡単に短時間で洗うことができますが、運送業者の中には洗浄機を導入している業者もあります。

パッカー車は洗車の際には一般車両と比較してもサイズもあるので十分に余裕を持ってスペースを確保しての洗車がベストです。また会社から近い場所で帰宅した際に洗車が出来るロケーションを選びましょう。

会社の洗車場

会社の駐車場を利用してパッカー車の洗車を行いますが夕方は帰宅してくる車も多く混雑するので駐車場も余裕のスペースが必要です。また、パッカー車の洗浄の仕方はドライバーが把握しておく必要がありコツも入ります。

会社内で洗浄する際の設備を十分に備えていれば、外で洗車をしないで自社で管理できるので会社全体の経費を抑えることも可能です。

またエコな走行が可能なパッカー車とて長期的に活用が出来るようにパッカー車は常に洗浄してキレイにして、オイル交換やエンジン内部もキレイにしておきましょう。

ガソリンスタンドや大型車の洗車場

もし会社内の駐車スペースが小さいようならばガソリンスタンド、大型車の洗浄を行う必要があります。できるだけ会社から近い場所ならば仕事上がりに洗車が可能です。

ガソリンスタンドや大型車の洗車場ならば専属のスタッフがキレイに洗浄してくれるサービスもありますし、自分で洗浄をする無人のスタンドも増えてきました。

パッカー車を洗車するときの注意点

パッカー車を洗車するときの注意点として荷物の乗り降りをするために荷台もしっかり洗浄する必要があります。また、洗車の際に排出した排水も産業廃棄物になるので単独浄化槽等を用いて処理するのが好ましいです。

また、パッカー車は上部から横までキレイに隅々まで洗浄する必要があります。掃除の際には車体に登って隅々まで整理しておくことが大切です。会社名の入った車ならば常にパッカー車はキレイにして清潔なイメージを装いましょう。

特に現場作業、ゴミ収集作業などに従事しているパッカー車も多く、キレイにしてクリーンなイメージを保つことは社会的にも好まれます。逆に常に汚い、メンテナンスをしていないパッカー車は寿命を短くします。常に汚れやオイル交換は定期的に行うことが最善です。

排水を単純浄化槽に流すのは違反行為

単独浄化槽にそのまま流すことは違反です。調べに来られたら水質汚濁防止法違反で指摘されます。ドライバーや業者の管理職でも法的なルールを守り作業車を保持する事が定められています。

十分に洗車にも余裕を持って、また汚染を指摘されないように洗車をするように心がけましょう。排水を単純浄化槽に流すのは違反行為になります。

違反を続けるとどうなるのか

そのまま放置したり改善が見られないケースでは刑事告訴になります。水質汚濁にひっかかるので、運送業者の多くが駐車場に排水処理装置を備え付けたりしています。

車体も大きめなのでその分、使用する水の量は多くなります。十分に水はけが良い場所を選びながら洗浄することが求められます。

洗車の際には十分に十分なスペースを確保すると同時に、余り長時間の洗車は好まれません。そのため洗車機を利用すると更に有意義に洗車が可能です。

タイヤの内側の泥や汚れも落とすように、下からも洗浄してキレイにしましょう。時間がない時にはスタンド、または洗浄スペースを有効的に利用しましょう。

具体的な洗車の方法

それでは、具体的な洗車の方法についてみていきましょう。

洗車機に入れる

洗車機は専用の洗車場かガソリンスタンドでも設けている場所もあります。洗車機に入れて短時間でその場で十分に洗車も可能なのでガソリンスタンドでの利用と同時に洗車をしてしまう事も可能です。

輸送専用車が多いため、パッカー車は社内は余り広い設計にはなっていないので車内の掃除は簡単、後部の汚れはそのままにしていると汚れが目立つようになるので定期的に洗浄して置くことが大切です。十分にキレイに洗浄をしておくことが大切です。

強い水圧で水をかける

基本的に荷物の乗りおろしを行うので強い水圧で水をかけて洗車します。そのため広い場所やスペースに余裕を持って洗車が出来る場所が有意義です。

パッカー車の洗車は、専用の駐車場で行い、高圧洗浄機がアレば洗車にも時間がかからずに隅々までキレイにすることが可能になります。特に下部、また後部の洗浄もマストです。

走行中に車両が汚れていると、業者にとってもマイナスなイメージになりますので、パッカー車は常にキレイにしておきたいところです。

まとめ

パッカー車の洗車のコツは広い場所で、排水など気を付けながら洗車を行いましょう。排水を単純浄化槽に流すのは違反行為になり違反を続けると刑事告訴になるケースもあります。

専用の駐車場がガソリンスタンドを利用したり、専用の高圧洗浄機がある場所で汚染処理を施して洗車をするのがベストです。

【EU用】記事終わりCTA_22/09更新

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - ごみ収集車・パッカー車

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す