ゴミ収集車の仕事は給料/年収が高い!パッカー車の平均給料を公務員/民間別で大公開!

      2019/04/03

ゴミ収集車の仕事は私たちの生活に欠かせない職業で、なくてはならない仕事ですよね。

しかし、パッカー車とも呼ばれているゴミ収集車の給料や仕事内容についてはあまり知る機会がないです。

そこで今回は、ゴミ収集車の気になる平均給料や年収、仕事内容まで詳しくご紹介していきたいと思います。

ゴミ収集車作業員の平均的な給料(月収)

ゴミ収集作業員の平均給料については、およそ24万円程度とされています。

「ちょっと少ないんじゃない?」という人もいるでしょう。ただ、どこでゴミ収集作業員をやるかによって給料は異なります。

また、最初は低い給料だったとしても、勤続年数や評価次第で給料アップするケースは多いため、それほど悲観的な数値ではないでしょう。

手取りの金額は、この金額の80%位を想定しておきましょう。

それでは年齢別に見ていきましょう。

18~20歳 13万円~16万円
21~25歳 15万円~20万円
26~30歳 18万円~22万円
31~35歳 21万円~24万円
36~40歳 23万円~27万円
41~45歳 27万円~32万円
46~50歳 30万円~34万円
51~55歳 33万円~35万円
56~60歳 33万円~35万円

上記は口コミサイトや公務員の年収を参考にした平均の月給になっていることを、留意してください。

こう見ると30代後半くらいからは生活に十分な月給になってますね。若手のうちは少し少ないと感じるかもしれませんが、続けていくと給料は伸びていきますね。

ゴミ収集車作業員の運転手の平均年収

ゴミ収集作業員の平均年収については、300万円~500万円程度だと言われています。

中には1000万円程度の年収で働いている人もいますので、「ごみ収集作業員=低年収」とは言えないでしょう。

ただ、年収についてもケースによって色々であり、どこで働くかという点や勤続年数などによっても左右されます。

また、仮に年収が低くても、あまり負担のない環境の中で仕事ができているケースも多いため、定着率は非常に高いです。

それでは、年代ごとの平均年収を見ていきましょう。

18~20歳 156万円 ~ 192万円
21~25歳 180万円 ~ 240万円
26~30歳 216万円 ~ 264万円
31~35歳 252万円 ~ 288万円
36~40歳 276万円 ~ 324万円
41~45歳 324万円 ~ 384万円
46~50歳 360万円 ~ 408万円
51~55歳 396万円 ~ 420万円
56~60歳 396万円 ~ 420万円

民間と公務員も混ざっている平均値になるため、比較的低めに出ることは注意してください。

公務員のゴミ収集車になるとボーナスや退職金も加味されると、この平均よりも給料を貰える可能性は十分にあります。

ゴミ収集車の給料は公務員か民間、都市圏か地方でも変わる

先ほどの求人紹介からわかるように、ゴミ収集作業員の給料はケースによって違いがあります。

ただ、基本的には地方よりも都市圏の方が給与が高い傾向にありますので、その点は踏まえておいた方がいいでしょう。

また、民間同士で待遇に差があるのはもちろんのこと、民間と公務員、そして公務員同士でも差があります。

公務員の場合、その自治体の給料表に基づいて決定されることになり、自治体ごとに給与設定は異なりますので、自分が働くじ自体での給与体系を確認しておく必要があります。

公務員と民間のゴミ収集車の年収/給料差はどのくらい?

自治体などのごみ収集の仕事の場合は、地方自治体の公務員という扱いになります。そのため、自治体ごとに定めている給料表に基づいて給料は決定されています。

自治体によっては、年代の平均月収より5~10万円多いケースも存在しているなど、民間の平均と比べると全体的に高収入となっています。

民間企業の場合は、日給1万円~1万2000円くらいで、年齢によりますが月20万円後半くらいとなっています。

民間企業の場合は、勤務時間に融通が聞くケースが多いので、場合によっては勤務時間に対する報酬は公務員より圧倒的に良くなる可能性はあります。

東京とその他地域のゴミ収集車の給料/年収の差

ゴミ収集車にかかわらず、どの仕事でも地域による収入の差というものは存在しております。東京と北海道では、同じ広さでも家賃が違ったりするのと同じことですね。

全職種での地域別の平均年収差を見てみると、

北海道の平均年収:404万円
東京都の平均年収:614万円
愛知県の平均年収:537万円

といったように、大きく差があります。

ゴミ収集車だけの平均年収という地域差のデータは存在していないのですが、東京では20代~30代で年収が500万円~800万円を稼ぐことが可能なゴミ収集車の求人も存在しています。

一方で、東京以外の地域で同じレベルの年収が期待できるゴミ収集車の求人を探すのは至難の技でしょう。

ただし、東京では人口が他地域より多い分、ゴミの排出量も多くなっています。そのため、労働時間も他の地域より長くなることが推測されるため、時間あたりの「割の良さ」で言うと、少し地方都市などで探すのがおすすめかも知れません。

ゴミ収集車の仕事にボーナス(賞与)は存在するの?

ボーナス・賞与に関しては「企業による」としか言えないのが本当のところになります。

基本的に、賞与は「給料の1.5ヶ月分」などという決め方をするので、「基本給の高さ」と「何ヶ月分」かによって大きく変わってきます。

東京の求人を見た限り、多いところでは年2回で、合計4ヶ月分(60~80万円)といった求人も見つけられたので、探せば高額の賞与が付与される企業も存在しています。

ゴミ収集車の退職金はいくらぐらい貰えるの?

最後に、退職する際に貰える「退職金」がいくら貰えるかを調べてみました。

民間企業の場合は、そもそも退職金がないケースも多いので、自社や転職先の退職金制度や平均的な金額を聞いておきましょう。

公務員で22歳から定年までの場合は、自治体にはよりますが10,000,000円以上は期待できるでしょう。

ただ、定年後を贅沢に過ごせるほどの金額ではないため、月々でしっかりと貯蓄するように心がけましょう。

ゴミ収集車の仕事内容

ゴミ収集というと、家庭のごみを回収する仕事だと思われがちですが、そうとは限りません。

ゴミ収集車の仕事は具体的に、一般廃棄物運搬業と、産業廃棄物運搬業に分けられます。そこで、双方の仕事内容をご紹介しましょう。

一般廃棄物運搬業

一般廃棄物運搬業の仕事は、家庭ゴミの収集が主な内容になります。資源ごみ等も含まれますので、その範囲は広いです。

各ルートを回って収集した後、中間処理業者や最終処分業者へ運搬することになります。

産業廃棄物運搬業

産業廃棄物運搬業の仕事は、産業廃棄物の収集が主な内容になります。産業廃棄物は、工場現場などから出るケースが多いですが、医療関連のゴミも該当します。

各ルートを回って収集した後、中間処理業者や最終処分業者へ運搬することになります。

ゴミ収集車の求人の紹介

ゴミ収集車の求人と言っても、その条件についてはケースによっていろいろです。

そこで、ここでは3種類の求人を簡単にご紹介しましょう。

ゴミ収集車の求人例1

神奈川県川崎市の求人例
仕事内容:産業廃棄物の収集
雇用形態:正社員
勤務時間:午前9時~午後6時
休日:完全週休2日制
給与:31万~

ゴミ収集車の求人例2

埼玉県春日部市の求人例
仕事内容:一般廃棄物の収集
雇用形態:正社員
勤務時間:午前8時~午後5時
休日:隔週土曜・日曜・祝日休み
給与:24万7千円~

ゴミ収集車の求人例3

三重県四日市市の求人例
仕事内容:一般廃棄物の収集
雇用形態:正社員
勤務時間:午前9時~午後6時
休日:隔週休2日制
給与:22万円~
ゴミ収集車の求人数No.1のドライバー専門求人サイトはこちら

ゴミ収集車の仕事に就くためには

ゴミ収集車関連の仕事ならどこでもいいということであれば、就職はそう難しくありません。

ただ、正社員希望であり、待遇面の良さを重視するのであれば、ある程度のハードルになってきます。

多くのケースではそれほど厳しい応募要件は設定されていないものの、ドライバー兼務ということであれば免許を取る必要があります。

また、公務員としてゴミ収集をしたい場合、その自治体の試験を受けて合格しなければならず、一朝一夕に合格できるレベルではないため、入念な対策が必要になるでしょう。

まとめ

今回は、ゴミ収集車の作業員として働く上での待遇面について見てきました。

一見地味な仕事に感じるかもしれませんが、ある程度ハードな労働が求められるケースもあります。ただ、高い給与が期待できますし、定着率も高いため、おすすめの仕事です。

しかし、ゴミ収集車の作業員は倍率が高いケースが多いため、就職活動の際はその点を意識して複数応募する必要があるでしょう。

下記でおすすめしているサイトでは、ゴミ収集車・パッカー車での仕事も豊富に紹介しています。無料で検索できるので、検索してみてください。

ゴミ収集車の求人数No.1のドライバー専門求人サイトはこちら

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、東京・関東を中心に求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、リクナビNEXTは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

リクナビNEXT

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東のみ・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - ごみ収集車・パッカー車