牽引免許の取得と運転のコツを知りたい!これを読めばトレーラーなどの運転が上達するかも?

   

トレーラーやトレーラータイプのキャンピングカーといった車は牽引免許が必要になりますが、運転すると一般的な車と違い特殊な動きをするうえに、バック走行となるとさらに難しく感じるでしょう。

しかし、牽引免許もコツさえつかめばさほど難しくはありません。そこで、これから牽引免許を所得したいと考えている人や牽引免許の所得に悩んでいる方に向け、運転のコツや、実際に合格してドライバーとして活躍している人の意見などをご紹介します。

牽引免許に合格するコツ

牽引免許の試験に合格するには試験コースをしっかりと攻略する必要があります。そこで、牽引免許に合格するコツをご紹介します。

前進

前進するときはただ単に前に気をつけていればいいものの、トレーラの車幅を把握しておく必要があります。特にトレーラーの車幅が広いと狭い道やすれ違い時に引っ掛けてしまう危険があります。

そのため、前進時にも頻繁にミラーを見て確認するようにしましょう。

バック

トラックや車と違い、トレーラーでまっすぐバックすることは難しいとも言えます。なぜなら、トレーラはフリーな連結構造であるため、連結を固定しないとトラクタとトレーラを完全にまっすぐな状態に保つことができないからです。

そのため、どんなにハンドルをまっすぐにしていてもカプラーの遊びやトレーラ後輪の軸ズレや路面状態の影響を受けてしまいます。

直線バックの場合は、この少しのズレを修正しながらバックする必要があります。まず、ゆっくりバックし、トレーラが切れた方向にハンドルを切ることでズレを修正することができます。

コツはハンドルを小刻みに切り、早め早めに修正していく必要があります。もし、修正が遅れるとトラクタを大きく振らなければいけなくなるため、ますます修正が厳しくなります。

右左折

牽引免許の試験では右左折時にトレーラーの後輪がカーブの縁石に沿って30cmぐらいの感覚をキープすることを要求されます。これは、あえて縁石沿いを走行することによりバイクなどの巻き込み防止を防ぐという意味もあります。

トレーラーは曲がり角では折れ曲がるように動くため、トラクタとトレーラーの内輪差を意識しなければいけません。そのため、ミラーを見ながら常にトレーラーの後輪の位置を確認しながら走行しましょう。

また、トレーラーの長さやコーナーの半径によって内輪差は異なり、この感覚は実際に運転して体得しないとわかりませんが、一般的にはトレーラーが長いほど大きく、小回りするほど大きくなります。

方向転換

牽引免許試験の中でもっとも難しい課題である方向転換で、車体を折り曲げながら後退して最終的に車体を一直線に伸ばすという作業が必要になります。

そのため、方向転換で重要なポイントは以下の4つに分けることができます。

  • 停止する位置
  • ハンドルの切れ角
  • 折れ角の維持
  • トレーラを伸ばすタイミング

まずは目的の位置まで車庫入れができるように停止し、車庫入れの要領でバックしていきますが、適度にハンドルを切ってトレーラが折れ曲がってきたらハンドルを戻し「がまん」することが必要となります。

その状態でバックし、折れ角を維持することが必要になり、ある程度入ってくればハンドルを大きく切りトレーラーを伸ばす作業が必要になります。

S字

S字のを走るときは内輪差に注意して走行しなければいけません。特にS字真ん中の切り返しが早くなると後半の内側の縁石が近くなってくるため、切り返しのタイミングはできる限り「がまん」する必要があります。

切り返しさえしっかりとできれば、右左折と同じ要領で通過すると問題ないでしょう。

車庫入れ

車庫入れの時に覚えておきたいのが、トレーラーの場合は、トラクタ部分全体がトレーラーの前輪になるということをイメージするとわかりやすくなるでしょう。

今回は進行方向に対して左側にある車庫スペースに駐車するシーンを想定しポイントをご紹介します。

  1. トレーラーの後方が車庫スペースの入り口を過ぎたところで車両を停止させます。その時に周囲の状況を把握しやすくさせるために窓を前回にして車庫入れを始めます。
  2. トレーラーはトラクタを「く」の字に折る必要があるため、ハンドルを右に切ってバックする必要があります。その状態でバックを続けていくとどんどん折れていくため、z流程度のところでハンドルを戻し、折れていく角度に合わせて調整していきましょう。
  3. タイヤの傾きを表す操舵角が折れ角よりも大きければトレーラーが伸び、小さければ折れてくることを想定し、ベストな折れ角を保ちます。
  4. トレーラーが車庫に対して平行になるようにバックしつつ、トラクタをまっすぐに伸びるようにします。

コツを掴んで牽引免許を取得した人の体験談

実際に牽引免許を所得した人の経験談をご紹介します。

難しかったところ

牽引免許で特に難しかったところは、直線バックと車庫入れといったバックの動作でしょう。トレーラーの直線バックは後ろを見ながら小刻みにハンドルを切って微修正しなければならないため、非常に難しいと感じるようです。

しかし、後進時はシートベルトを外してもいいため、自分の確認しやすく、ハンドル操作しやすい姿勢が見つかれば大丈夫という意見もあります。

また、車庫入れの際は、ハンドルを切るタイミングや、「10cmズレると最後は1mズレる」といったことや、タイミングがずれると2度と修正できなくなるという難しさを言っている人が多いようです。

何度も練習して車体の動きを頭の中にイメージできれば自然とできるようになるという意見もあったため、何度も運転し、車両感覚を掴みましょう。

わりと簡単だったところ

牽引免許で運転するトレーラーのブレーキはエアブレーキであるため、慣れない時は苦労すると聞きます。

しかし、多くの人はさほど苦労しなかったという意見が多く、かかとを地面につけ、軽く踏むということを意識して踏み込むと違和感なく使用できるという意見でした。

また、トレーラーの内輪差は大型トラックに比べて小さいため、右左折に関してはそれほど難しく感じなかったという意見が多いようです。

卒検で自信がなかったところ

卒業検定で特に難しいと感じた部分は、やはり方向転換などのバックのようで、最初はこの位置に来たらハンドルを何回転というような覚え方をしてしまっていたということが多いです。

しかし、停止位置が微妙に違ったり、ハンドルを回すタイミングが変われば違う動きをするため、ハンドルがこれだけ動けばこうなってくるということを把握すれば、上達が早くなりすんなりと合格することができたという声もあります。

また、急角度の左折でトレーラーの後輪が縁石から離れ過ぎてしまうことも多く、極力スピードを落としながらミラーで何度も確認しながら慎重に通過するようにしたそうです。

牽引免許取得後に注意したい点

トレーラーは他の車と少し違うため、次のことに注意する必要があります。

  • トレーラー部に長く重量があるものを牽引していることを頭に入れておく
  • 車両が長い分全ての動作に時間がかかる
  • 下り坂では慣性ブレーキの性質で常にブレーキがかかった状態になる

以上の注意点に気をつけなければトレーラー特有の事故が発生してしまう危険性があります。

代表的な事故は以下の4つに分けることができます。

  1. ジャックナイフ現象
  2. トレーラースイング現象
  3. プラウアウト現象
  4. .スネーキング現象

まず、「ジャックナイフ現象」は、カーブなどで急ブレーキをすると、トラクタとトレーラのバランスが崩れ、連結点で「く」の時に折れ曲がる現象のことを言い、また、「トレーラースイング現象」は、ブレーキをかけた時にトレーラのタイヤがロックし、そのままトレーラー後部が外側に流れてしまう現象のことを言います。

「プラウアウト現象」は、カーブで急ブレーキをかけた時にトラクタの前輪がロックしトレーラとトラクタが一直線になる現象のことで、「スネーキング現象」は、スピードの出し過ぎがきっかけでトレーラーが左右に揺れて操縦不能になる現象のことを言います。

牽引免許のコツは掴むまでが大変!合格後も安全運転を心がけよう

トレーラーは一般的なトラックと違い、動きが特殊な部分があります。特にバックとなると普段と反対方向にハンドルを切らなければいけなくなったりと、こんがらがってくることも。

そのため、牽引免許を合格するにはトレーラーの動きを頭に覚え込ませることが一番の近道となります。ミニカーなどでシュミレーションするのもいい方法でしょう。

また、実際にトレーラーを運転すると、その長さや重さにより注意して運転しなければ事故を起こしてしまう危険性があるため、十分に注意して運転する必要があります。

事故に注意して、トレーラーの運転のコツを掴みましょう!

【EU用】記事終わりCTA_22/09更新

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トレーラー運転手

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら