フルトレーラーとはどんな車?他のトレーラーとの違いやフルトレーラーのメリット

   

トレーラーの運転手になる方にとって、セミトレーラーとフルトレーラーの違いは気になるところですよね。

この記事では、フルトレーラーとはどんな車種なのか、他のトレーラーとの違いや必要な免許、フルトレーラー運転手になるメリット・デメリットなどを紹介します。

フルトレーラーとはどんな車種?

トレーラーの運転手としてお仕事をしたいけれど、トレーラーにも種類があって難易度が違ってきます。今回はフルトレーラーとはどんな車種なのかについてを、他のトレーラーと比較しつつご紹介いたします。

フルトレーラーの種類

フルトレーラーと言ってもあまりピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、それもそのはず!一般的に見かけるトレーラーはセミトレーラーと言って、同じトレーラーでも種類が違うものなのです。

そしてフルトレーラーの種類も一つではありません。フルトレーラーには「ドリー式」というタイプがあり、もう一つは「センターアクスル式」というタイプがあるのです。

ドリー式フルトレーラーは前軸台車にセミトレーラーを連結するというタイプです。そしてドリー式フルトレーラーは、製造された段階でドリーが一体化しているものと、セミトレーラーにランディングギアが装備されているタイプがあります。

ランディングギアが装備されたトレーラーは、ドリーの部分を外せば普通のセミトレーラーとして利用できるので、活用範囲も広い車種となっているようです。

センターアクスル式トレーラーは車体に長い棒連結器がついているタイプで、荷台の中央付近に車軸が集まっているのが特徴です。屈曲部分が無いというのがドリー式との大きな違いです。

これによってドリー式のようなスネーキングやジャックナイフ現象が起こりにくく、安定した走行ができるようになります。ですが企業によって所有しているフルトレーラーの種類が違います。

どちらにしても運転は難しいものなので、運転に慣れる事も大事ですが事故を起こさないようにする事も重要なポイントになるでしょう。

フルトレーラーの特徴とセミトレーラーとの違い

では先ほども少しでたフルトレーラーとセミトレーラーの違いについて触れてみましょう。フルトレーラーというのはトレーラーの後ろに連結部分があって、その連結部分にもう一つトレーラーを付けて荷物を運ぶ車両です。

見た目はトラックの後ろにトレーラーがついているので、ぱっと見列車のような見た目をしています。一度に大量の荷物を運ぶ事ができるので、人材不足気味なのに荷物が多い企業にとってはとても重宝する乗り物です。

また、一度に大量の荷物を輸送する事ができるので、人件費の削減にもつながり運送会社としては救世主的な存在です。

一方でセミトレーラーとはどんなものなのかというと、一般的に公道を走っているトレーラーのほとんどはセミトレーラーです。キャビンの後ろに連結器がついていて、その後ろにトレーラーを連結して荷物を運びます。

一般的な大型トラックよりも大量に荷物の輸送が可能で、かつフェリーを使う事によって経費と労働条件の改善もできます。この二つの大きな違いはセミトレーラーは荷台が一つなのに対して、フルトレーラーは荷台部分が二つある事でしょう。

セミトレーラーの運転はフルトレーラーよりも楽と言えば楽かもしれませんが、どちらも実際には高い技術が必要になる事だけは共通点かもしれませんね。

フルトレーラーの運転に必要なスキル

気になるのは運転免許の事です。セミトレーラーの運転手なら当然フルトレーラーの運転もできると思われるでしょう。確かにトレーラーの免許を取得していればフルトレーラーの運転も可能です。

ですがフルトレーラーはセミトレーラーの運転よりも高い技術が求められます。それは先ほども少し振れましたが

  • 「スネーキング現象」
  • 「ジャックナイフ現象」

が起こりやすい構造をしているからです。安定した走行ができるためには熟練した技術や経験が必要となるのです。そのため運送会社にもよりますが、大型免許と牽引免許を取得してから5年以上の運転経歴がある方が望まれるのが一般的なのです。

もしも現在セミトレーラーの運転をしていて、フルトレーラーの運転がしたいと考えているのであれば、大型免許と牽引免許の取得から5年以上運転手として活躍してからお仕事をされると良いでしょう。

その際、事故や違反行為が無い方がより採用率が上がりますので、普段の運転にも十分に気を付けると良いですね。

フルトレーラー運転手になるメリットとデメリット

もしフルトレーラーの運転手になると、どんなメリットがあるのか気になりますよね。そこでここではフルトレーラーの運転手になるメリットやデメリットについてをご紹介いたします。

給料が高め

セミトレーラーの運転手をしていた時よりも格段に給料が高くなるのは間違いありません。なぜならばフルトレーラーはセミトレーラーよりも倍近くの荷物を一度に運ぶ事になるからです。

運転は一度であっても2往復したくらいの荷物を運んでいますので、その分給料も高めに設定する事ができるのです。これがフルトレーラーの運転手の最大のメリットだと言えるでしょう。

もちろん給料が高いのには輸送する荷物の量が2倍になるからだけではありません。実は他にもフルトレーラーの運転手の給料が高いのには理由があるのです。それが運転するのが大変であるという点です。

どんなところが難しいのかをわかりやすく説明いたしましょう。

運転技術が難しい

フルトレーラーは普通の大型トラックの後ろに連結器が取り付けられていて、その後ろにトレーラーが連結されて荷物を運びますが、ドリー式だった場合はスネーキング現象を起こしたりジャックナイフ現象を起こしたりします。

運転の経験が浅いと振れた事がわかって焦ってしまう事があります。この時のハンドル操作を間違う事で振れ幅が大きくなり、制御ができなくなってしまって大きな事故につながってしまう事もあります。

さらに運転中のハンドル操作だけではなく、バックする時にも高い運転技術が必要になります。例えば右にバックしたいと思ったら左に切るとか、トレーラー独特の技術が必要となるわけですね。

同じトレーラーでもフルトレーラーの方が運転が難しいので、この部分もフルトレーラーのデメリットだと言えるでしょう。

仕事の時間帯が不規則になりやすい

フルトレーラーは大量の荷物を運ぶ事ができるので、立て続けに荷物の輸送を行うのではなく、長距離の荷物の輸送に利用される事が非常に多いようです。

このため拘束時間が長くなってしまうため、お仕事をしている時間帯が不規則になってしまいがちです。この部分もフルトレーラーの運転手をしている事のデメリットの一つだと言えるでしょう。

フルトレーラーの拘束時間の不規則の問題については、企業によってそれぞれ努力や改善や対策が講じられています。体調を崩してしまっては意味がありませんので、会社とよく話し合って正せるようになると良いですね。

大手の企業の場合は労働時間や時間帯が不規則にならないよう対策しているところも多いので、お仕事をする時には大手企業を狙ってみるのも良いかもしれません。

体調管理が大変

長距離の運転となると体調を崩してしまう事もあるかもしれません。実際にずっと運転手をしていると内臓を悪くしてしまう人がいたり、腰痛などに悩まされる方も意外と多かったりしますよね。

そうならないためには自分で体調管理を徹底する必要があるでしょう。毎日一定時間運動をして筋力を維持する事も重要ですし、食事も外食ばかりという方も多いようなので、塩分や糖分のとりすぎに注意する必要があるでしょう。

また、コルセットを使ったり運転中のケガなどにも気を付け、早めに病気を発見するためにも定期的に健康診断などを受けるようにすると良いかもしれませんね。

会社で行われる定期検診だけではなく体調が悪いと感じたら、万が一のことを考えて受診をすると良いかもしれません。

まとめ

今回はフルトレーラーとセミトレーラーの違いについてと、フルトレーラーの運転手になるには高い運転技術や経験を必要とするという点についてをご紹介いたしました。

さらにフルトレーラーの運転手をする事のメリットやデメリットについての説明と、デメリットを少しでも減らすための工夫についても触れてみました。

大変ですがお給料の良さは折り紙付きなので、トレーラーの運転歴5年以上経過している方は、フルトレーラーの運転手を目指してみてはいかがでしょうか。

【EU用】記事終わりCTA_22/09更新

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トレーラー運転手

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら