トレーラーで上手なバックのコツを紹介!トレーラーのバックが難しい理由

   

トレーラーを初めて運転する方にとって、曲がり方が特殊なためバックに気を使いますよね。

トレーラーの運転はコツが必要ですが、練習すれば誰でも運転できるようになります。

この記事では、特に難しいとされるバックの仕方など運転センスを磨くためのヒントを紹介します。

トレーラーはバックの仕方が難しい理由

大型のトレーラーは普通に運転するのも難しいのですが、まっすぐにバックすることはさらに難しいと言われています。

これは前進するときは普通についてくる荷台部分がバックになるとまったく思うように動いてくれないことが関係しています。そのポイントはカプラーと呼ばれる結合部分にあります。

トレーラーはまっすぐバックするのも難しい

普通車であればハンドルをまっすぐにしてバックすれば、まっすぐにバックすることができます。

しかしトレーラーはバックしようとすると後ろに下がろうとする力がカプラーにかかり、その先にある巨大で重たい荷台部分をまっすぐに押すよりも、その力を横に逃がしてしまうのです。

一度カプラーが折れてしまうとバックしようとする力によってさらに折れ曲がっていき、最終的には折り畳み式ナイフのようになってしまいます。

つまりまっすぐバックするためにはカプラーを折り曲げることなく、直進的に力を後ろに伝えていくということが必要になるのです。

トレーラーヘッドが前輪の役目をする

トレーラーはその構造のために普通車の感覚ではバックすることができません。うまくトレーラーでバックするためにはトレーラーヘッドの後ろのタイヤを普通車の前輪のような感覚で運転すれば良いと言われています。

ただしいきなり曲がりたい方向にハンドルと切ると後輪は反対に向いてしまいます。曲がりたい方向に後輪を向けるには逆にハンドルを切る必要があります。そうしてタイヤの向きを合わせてバックする必要があるのです。

トレーラー運転の基礎・バックの仕方

トレーラーをうまく運転するにはその構造を知り、どうすればどちらに動くかということを理解することが必要です。

よく言われることに「バックするときはハンドルを逆に切れば良い」ということがありますが、そんなに単純なものではありません。

そこでここではトレーラーの運転で特に難しいと言われるバックの仕方について紹介していきます。

右バックの仕方

まずトレーラーはトレーラーヘッドの後ろのタイヤが前輪の役目を果たしています。

右に曲がりたい場合は、まずバックさせながらハンドルを左手に切ると後輪が右にハンドルを切った状態になります。そうすると車体は右に曲がっていくことになります。

ある程度角度がついてから後輪をまっすぐに戻すことで普通車のようにバックすることができるようになります。

右バックの場合は運転席から右側を確認しながらバックができるために左バックよりは簡単だと言われています。そのためどちらのバックでも良いという場合は右バックを選ぶドライバーが多いようです。

左バックの仕方

左バックをするときはハンドルは当然右バックの時と逆向きになります。つまりバックしながらハンドルを右手に切ると後輪が左を向きますので、そのままバックすると左に曲がっていくことになります。

ただし一度車体が曲がっていくと目視はまったくできず、頼りのミラーも下のミラーに少し写るだけという状態になります。

バックカメラが搭載されている車であれば、それを頼りにすることができますが、搭載されていない車の場合はほとんどが死角になるため、ドライバーの感覚頼りになってしまいます。

そのためトレーラーが左バックをしているときはできるだけ近寄らず、間をあけてバックが終わるまで待っている方が良いでしょう。あまり近づくとトレーラーのドライバーに余計なプレッシャーを与えることになります。

トレーラーでバックの運転スキルをアップさせる方法

トレーラーは高い運転技術が求められる車両です。実際に運転するにはその運転技術を向上させる色々な取り組みを行う必要があると言えます。ここではそれらをいくつか紹介していきます。

ハンドルを切りすぎない

これは初心者に多いことなのですが、自分が思っている通りに動かなかったときや、カーブを曲がるときなどにハンドルを切り過ぎてしまうということがあります。

理想はハンドルを切り過ぎずに、トレーラーヘッドと荷台部分を大きくおらずに最小の折れ角度で曲がるということです。ただしあまりにも角度が足りないと二度折れしたり、変に荷台部分が折れてスネークしてしまうことがあります。

イメージトレーニングをする

まず実際に運転する前にトレーラーの構造を理解して、どう自分が操作すればどうトレ―ラーが動くのかについてイメージすることが重要です。これには

  • ミニカーを使って理解する
  • アプリを使う

という方法がもあります。

また、教習所にはゲームセンターにあるようなシュミレーション機器がある場合があります。これらの中にはトレーラー駐車ゲームといったものもあります。

これは3Dゲームプレイで実際にトレーラーを運転するように操作することでディスプレイ上で駐車をするというものです。難易度によってステップが分かれており、クリアすると次のステージに進めるようになっています。

ゲームとはいえ、ハンドルやコントローラーは本物のトレーラーを運転するのと同じ動きをするためにかなりトレーラーの運転に慣れることができます。いきなり実車での練習には自信がないという人にぜひおすすめです。

バックモニターを活用する

カー用品ショップやネット販売などで「バックモニター」が販売されています。もちろん購入するにはお金がかかりますが、トレーラーのバックにはバックモニターは非常に大きな武器になります。

特にまだトレーラーの運転になれていないという人やバックや駐車に自信がないという人には必要不可欠であると言えます。

例えばネットなどでも「デュアルバックカメラ&モニター&トレーラー用配線ケーブルセット」のような感じで販売されています。その内容は、

  • 広角カメラ2個を搭載!
  • カメラ画素数:30万画素
  • 7インチ高精細W-VGA液晶。
  • CMOSカメラ(広角/広角)で幅広い視野を確保!赤外線カメラなので暗い場所も映せる!
  • カメラ前面に揮発処理ガラスを採用し、曇りを軽減!DC12&24V対応

というもので、これがあるとないとではまったく運転は違ったものになるでしょう。

しょっちゅう運転する車が変更になるという場合は難しいかもしれませんが、ある程度決まった車両を運転するのであれば、こういったアイテムを使用するのも良いでしょう。

先輩運転手の運転技術を学ぶ

やはり確実なのはトレーラーの運転を実際にしている先輩ドライバーに指導を受けることです。

先輩ドライバーの

  • 運転を見る
  • コツを直接聞く
  • 助手席に座ってもらう
  • バックをしているところを見てもらって注意してもらう

など先輩ドライバーの技術を学ぶ方法は色々とあります。

まとめ

トレーラーは大型トラックの中でも特に運転が難しいとされている車両です。それだけに正しい理解、知識はもとより慣れや技術は欠かせないものとなっています。

最近では運転を助けてくれるモニターカメラもありますし、教習所などにはシュミレーション機器もあります。これらのものを駆使して運転に慣れていくことが安全で迅速に運転をできるようになる方法と言えるでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トレーラー運転手