【異音など違和感が合図】ファンベルトの使用方法、交換時期、修理方法の解説!

   

みなさんは、「ファンベルト」について、詳しく知っていますか?

車には、欠かせない大事な部品なので、車に関係する職業の方はもちろん、普段車に乗っている方にも、ぜひ知っておいていただきたいものです。

ここでは、ファンベルトについて、「ファンベルトとは何か」や「ファンベルトが故障した時の対処法、またその費用」などについて、ご理解いただければ、と思います。

車のファンベルトとは?

ファンベルトの特徴

ファンベルトとは、エンジンを構成する部品の一つであるクランクシャフトの回転から動力を得、自動車を動かすのに必要なエンジンの機構

  • エアコンコンプレッサー
  • ウォーターポンプ
  • オルタネータ―電気をつくる「発電機」

などを駆動させるベルトのことです。ピストンに付随しているコンロッドがクランクシャフトに力を伝え、クランクシャフトを回転させます。

クランクシャフトとは、ピストンがシリンダー内を上下することでパワーを得るレシプロエンジンにとって、エンジンの燃焼によって行われる上下運動を、回転運動に変え、車を走らせる動力を得るために無くてはならない部品です。

本来の「ファンベルト」の意味は、ラジエーター冷却のための「ファン」を回すベルトということですが、現在のエンジンは電動ファンが主で、ファンベルトでファンを回している車はほとんどありません。

ファンベルトのキュルキュルという音がしたら危険の合図

ファンベルトのキュルキュル音の原因は?

ファンベルトから、「鳴き」と呼ばれる異音が発生することがあります。これは、ファンベルトに異常があるというサインです。高音の「キュルキュルキュルキュル」という音がします。

もし、「鳴き」が聞こえた場合、ファンベルトが劣化して割れや亀裂が発生している可能性があるので、速やかに確認しましょう。整備経験がなく、自分で確認するのが自信がない場合は、ディーラーや整備工場、カー用品店で点検してもらうと良いでしょう。

ファンベルトが止まってしまうとどうなる?

このベルトが止まってしまうと、1で述べたような仕組みで、供給されるエンジンへの電気がうまくいかなくなってしまい、自動車が走行中に動かなくなって大事故に繋がる場合もあります。

また、エンジン内部の正常な温度が超えてしまった状態で、ついには、エンジン内部の燃料室は900℃に達するオーバーヒートといわれる状態になってしまい、こちらも構わず車を動かしていると、エンジンが止まってしまいます。

そして、エンジン内の電気がうまく伝わらず、バッテリーが上がるなどの状態にもなってしまう可能性もあります。最悪の場合、エンジンが焼き付き、ファンベルトが切れるだけでなく、エンジン自体も故障してしまいます。

音以外にもある!ファンベルトの劣化サイン

ファンベルトの損傷・劣化のサインとなる3つの状態があります。それが、

  • 割れ
  • 切れ
  • ヒビ

です。ここで、多少割れやヒビがあっても、しばらくは大丈夫かとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ファンベルトはゴムの内部にファイバーで出来た芯線があり、ずっと長く使っているとキズやヒビが発生して、そのまま放置すると切れてしまうこともあるのです。

ゴムは切れそうになると、緩みや滑りといった状態になってしまうので、こういった状態が確認できたらディーラーや整備工場、カー用品店などで見てもらいましょう。

滑りが発生した場合はベルトの調整で解消できますが、それでも寿命が近くなっているサインですので注意しましょう。

また、ファンベルトは異音や、上述の状態などが確認できていなくても、一定の走行距離を走ったら交換する必要があります。この一定の走行距離は車種によって違いますが、およそ5万キロから10万キロと言われています。

ファンベルトの交換時期はいつ?寿命は?

ファンベルトを交換する際は、主に定期点検時に整備業者から指摘をされます。

この指摘を受けたら交換したほうが良いのですが、車両の使用経過年数が5年から10年以上であれば、ファンベルトをはじめとしたゴム製品も交換したほうが良いでしょう。

さらに、車検を受けた際にベルトを交換すれば安く済ませられるので、タイミングベルトも合わせて交換しましょう。

ファンベルトの点検方法

ホームセンターや、通販などで、ベルト鳴き止めスプレー&コンディショナーというものが売られていますので、これを使って点検します。このベルト鳴き止めスプレー&コンディショナーは、相場としては、1,000円弱ぐらいです。

ファンベルトに前述のスプレーを吹き付けてからエンジンを回して、音が止んだり小さくなるかを確認します。この方法で音が止んだりする場合はファンベルトの劣化か緩みが考えられます

しかし、自分で確認するのは、費用の面では、節約できるかもしれませんが、やはりディーラーや整備工場または、カー用品店などに、依頼したほうが、その道のプロですから、安心です。

ファンベルトの修理に必要な費用

ファンベルトの修理に必要なアイテム

ファンベルトの修理をする場合、必要なアイテムには、粉末状やシリコングリスの鳴き止め剤があります。カー用品店やホームセンター、通販などで、売っています。

しかし、この鳴き止め剤を使用して修理するのは、ベルトの状況を確認した時に、亀裂やヒビもなく良い状態を確認して、更にプーリーなども正常に作動している場合です。

ファンベルトの調整工程に必要な費用

ファンベルトの調整は、ディーラーや整備工場、カー用品店などに頼みましょう。

料金の相場は以下に挙げた通りです。

  • 軽自動車:約3,000円
  • 普通車:約3,500円
  • 大型車:約3,500円

ファンベルトの交換に必要な費用

ファンベルトの交換にかかる費用は、車種や交換作業を行う業者によって違いますが、大体1万円前後で行うことができます。

ファンベルト交換費用の相場

  • 軽自動車 ベルト代:約4,000円 技術料:約5,000円
  • 普通車 ベルト代:約3,000円 技術料:約5,000円
  • 大型車 ベルト代:約6,000円 技術料:約6,000円

修理を放っておく危険性

もしも、ファンベルトの異常を放置して、ファンベルトが切れた場合は、オルタネータが動かなくなり発電が出来ず、バッテリーと合わせてエンジンも停まってしまうこともあります。

また、エアコンプレッサーが効かないと、エアコンが使用できなくなり、ウォーターポンプが動かないと冷却水が循環せず、エンジンが冷えず熱くなったり、内部の高温化によってエンジンの焼き付きがおこることもあります。

まとめ

ファンベルトについての説明は、いかがでしたでしょうか。ファンベルトは、車にとって、まさに命綱ともいえるものです。

日ごろから、意識して、運転しつつ、異常があれば、すぐに確認し、必要があれば、ディーラーや整備工場、カー用品店などに、点検・修理・交換を依頼しましょう。

【EU用】記事終わりCTA_22/09更新

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トレーラー運転手

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す