トレーラー運転手の給料は本当に高いのか?必要な資格や年収比較など徹底解説!

   

近年需要が増えているトラック運転手の中でも、労働負担が少なく、給与条件が良いと言われている「トレーラー運転手」は人気の職種です。一方で「本当に高収入なのか?」、「資格を取るのにかかる時間や費用がわからない」と言った不安な声も数多く聞きます。

今回は、トレーラー運転手になるために必要な資格とその取得方法や費用、他のトラック業種との給与や労働条件の比較などを解説していきます。

トレーラー車

トレーラー運転手として働きはじめるタイミングは早ければ早いほどよい!

トレーラー運転手を目指す多くの方は、『大型トラック運転手として最初は働きつつ、後々トレーラー運転手を目指そう』と考えているのではないでしょうか。

しかし実際には、大型トラック運転による体への負担や長時間労働によって、いざトレーラー運転手を目指そうとしても、そのための時間などがとれなくなってしまっているケースが非常に多いです。

なので、トレーラー運転手として働くことを検討している方は、始めからトレーラー運転手就職を前提に、「大型免許」と「けん引免許」の取得を目指すことをオススメします。

トレーラー運転手になるためには?免許取得の方法や費用など

それでは、トレーラー運転手になるためには、どれくらいの費用でどのような免許を取得する必要があるのでしょうか?

トレーラー運転手になるには、第一種けん引免許を取得すればOK!

そもそも、けん引免許とは、「運転席と荷台が離れているけん引自動車を運転できる免許」のことで、けん引自動車には、貨物トレーラーやタンクローリー、キャンピングトレーラーなどが含まれます。

けん引自動車

けん引免許は大きく分けると第一種と第二種が存在しますが、「お客さんを乗せて走る」トレーラーバスなどを運転しない場合は、第一種のみの取得で問題ありません。

したがって、「貨物のみ」を運ぶトレーラー運転手の場合は第一種けん引免許の取得を目指しましょう。

けん引免許を取得するための条件は?

第一種けん引免許を取得するための条件は以下の通りになっています。

  • 必要な免許:大型免許、普通免許、大型特殊免許のいずれか
  • 年齢:満18歳以上
  • 視力:両眼で0.8以上(1眼で各0.5以上)
  • 色彩識別能力:赤・青・黄色の識別ができる。
  • 深視力: 2.5mの距離で3回検査し、その平均誤差が2㎝以下。
  • 聴力:10mの距離で90dbの警音器の音が聞こえる。(補聴器により補われた聴力を含む)

つまり、普通免許以上の資格をもっている成人の方で、健康上問題を抱えていなければ第一種けん引免許の取得は可能だということですね。

免許取得には、お金はかかるが教習所に通うことをオススメ!

第一種けん引免許を取得するためにかかる費用は、「試験のみ」か「教習所に通う」場合かで大きく異なってきます。

免許試験場で技能試験と適性検査に一発で合格した場合は、試験費用の7000円のみ、教習所に通った場合は入学金など含めて10万円弱の費用がかかります。

一発試験だと時間も費用もそこまでかかりませんが、教習所では実習経験を積むことが出来ます。また、免許試験合格者のうちの8割は教習所卒業生が占めており、確実に合格して、スムーズにトレーラー運転手として働きはじめるためにも教習所に通うことをオススメします。

実際にトレーラー運転手の給与はいいの?

大型運転手の平均給与が30万円~35万円に対して、トレーラー運転手の平均給与は35万~40万と比較して高水準となっています。これは、大型トラックよりも積載する荷物量が多く、長距離で運ぶ必要があるためです。

お金を稼げる人

まとめ

今回は、トレーラー運転手として働きはじめるタイミングや資格の取り方、大型トラックと
比較した給与条件などについてご説明してきました。

トレーラー運転手になるためには、2つの資格を取得しなければなりませんが、一度取得してしまえば、大型トラックと比較しても、高水準、かつ手積み下ろしなど体に負担をかけずに働くことが出来ます。

そのため、長期的にドライバーとして安定した収入を得た上で働きたいと考えている方には、トレーラー運転手はオススメの業種です。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東(東京/埼玉/千葉/神奈川など)、愛知県
・年齢:全年齢OK
・経験:経験者、未経験者ともにOK

運送会社の多いエリアにて、かなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。
特に、関東や愛知県でお仕事を検索したいドライバー様には、自信を持ってオススメできます!
10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能です!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としていますが、関東以外の求人情報は他社より多い状況となっております。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント 公式サイト >>

【3位】 マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東以外・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's 公式サイト >>

 - トレーラー運転手