今、大型トラックはオートマが人気!セミオートマ車のトラックがおすすめな理由

      2018/11/25

最近、運送業界で大型車のオートマ化が進んでいることをご存知ですか?

大型トラックはMT車(ミッション)が主流であるイメージが強いと思いますが、実は徐々にセミオートマ車が人気を出しています。セミオートマトラックとは、クラッチ操作が自動化されたミッショントラックのことです。

これからトラックの免許を取ろうと思っているけど、ミッションかセミオートマか迷っている、という方も多いのではないのでしょうか?

今回はオートマトラックとマニュアルトラックの違い、そしてなぜセミオートマトラックが人気が出てきているのかをご紹介します!

オートマ車(AT車)ってどんなもの?

オートマ車はいわゆるAT車と呼ばれる車のことで、ATとはオートマチックトランズミッションの頭文字をとったものです。名前の通り、複雑な操作なしでも、車が自動操作してくれる車です。

オートマ車はクラッチやギヤチェンジなどが必要ないシンプルなシステムなので、運転経験が少なくても運転することが可能です。実際に、オートマ車にはアクセルとブレーキの2つのペダルしかありません

また、オートマ車は「運転技術によって燃費効率が大きく変わることがない」というメリットもあります。

最近はオートマ(AT)限定で免許を取る人が増えています。確かに操作が簡単で覚えることも少ないため、気軽に免許を取りたい人には魅力的ですよね。

オートマはデメリットが多い?ミッショントラックが主流な理由

オートマ車はいいことばかりのように思えますが、もちろんデメリットもあります。特に、運転のプロであるトラック運転手にとって、オートマ車はデメリットの方が多い場合もあります。

オートマ車のデメリットをいくつかご紹介します。

ミッションのトラックのほうが燃費効率良く運転出来る

運転技術が高い場合、ミッショントラックの方が燃費良く運転することができます。トラック運転手は運転のプロなので、ミッション車を運転する方が燃費が良い場合がほとんどです。

ミッション車の方が運用コストを低く抑えられるというのは、ミッショントラックが主流な理由の一つです。

オートマ車の方が車体価格が高い

オートマ車の車体価格は、ミッション車より3〜4割高くなります。

運転が得意なトラック運転手にとって、わざわざオートマ車に高いお金を出すのは無駄ですよね。運送会社がコストを抑えるためにも、ミッショントラックが好まれるようです。

オートマ車は構造が複雑なため、修理費が高い

車体価格が高いのに加え、オートマ車は修理費も高くなります。

ミッション車に比べ構造が複雑なため、修理が難しいことが原因です。燃費も悪く、車体価格も高く、さらに修理代も高いとなると、トラック運転手がオートマトラックに乗らない理由は納得ですよね。

運転経験が長いと、ミッション車の方が運転しやすい

オートマ車は運転初心者にとっては非常に運転しやすいですが、車好き・運転好きにとっては物足りないと言われます。

自分で車を操作している感覚が好きだという人も多く、「オートマ車の運転なんて運転じゃない!」という人もいます。

トラック運転手は運転好きな人がほとんどなため、ミッショントラックの方が運転しやすく、かつ運転が楽しいのです。

今人気のセミオートマトラックとは

オートマ車のデメリット、ミッション車がトラック運転手に人気な理由を説明してきましたが、今話題のセミオートマトラックとはなんなのでしょうか?

セミオートマ車の構造自体はマニュアル車がベースであるため、オートマ車のように完全自動化されている訳ではありません。では、マニュアル車とセミオートマ車は何が違うのでしょうか?

「クラッチべダル」がないことがセミオートマの最大の特徴

まず、マニュアル車とセミオートマ車との大きな違いは、セミオートマ車にクラッチペダルがないということです。つまり、セミートマ車はオートマ車と同じく、足で踏むペダルがアクセルとブレーキのみになります。

クラッチの操作が必要ないため、初心者にとってミッション車より運転しやすいでしょう。

ただし、クラッチが完全に自動化されている訳ではなく、クラッチ操作が自動化されているだけなので、ミッション車のように自分でクラッチ操作することが可能です。

シフトレバーの操作(シフトアップかシフトダウンだけ)でクラッチ操作ができるため、クラッチ操作が苦手でも簡単に運転することができます。

セミオートマトラックはAT免許でも運転できる!

セミオートマ車のもう一つの特徴は、ミッション免許がなくても、オートマ免許さえ持っていれば運転できることです。

「ミッション免許は自分には難しすぎる…」と思っている人でも、セミオートマトラックなら乗りこなすことができるのです。実際に、最近はオートマ限定免許を持つ人の方が増えてきているため、オートマ限定免許だけで乗れるセミオートマ車の存在はありがたいですよね。

なぜ、セミオートマ車の人気が出ているのか?

ミッショントラックをより運転しやすくしたセミオートマトラックですが、なぜ今セミオートマトラックの人気が出てきているのでしょうか?

その理由は、運送業界の人手不足にあります。

世間では若者の車離れが話題になっていますが、それに伴いトラックドライバーもどんどん不足状態になっています。車離れにより、難しいミッショントラックを乗りこなせる若者が少なくなっていることが、ドライバー不足の原因の一つなのです。

そのトラック運転手不足を解消するために、オートマ限定免許でも対応したセミオートマトラックを推進することで、老若男女問わず気軽にトラック運転手になれるようにしよう、という業界全体の動きがあるのです。

トラック運転手になりたいけど、「女性だけどトラック免許取れるかな…」「この歳でミッション車の運転を覚えられるかな…」と悩んでいる人も多いかと思います。

そんな方は、ぜひセミオートマトラックの運転に挑戦してみてはいかがでしょうか?

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)無職LP

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 急募案件あり!無職のドライバー向け無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国
・年齢:10代~60代以上全て
・就業状況:無職(離職中)、離職予定

ドライバー専門の求人サービスで、急募案件を多く扱っている特徴があります!
なので、1週間以内の就職/転職が可能です。
再就職手当/失業手当の対応も可能なので、離職中のドライバーにオススメです!
条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【急募案件あり】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【3位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、3位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

 - トラック運転手