2トントラックの積載量/才数/m3は?引っ越しで運べる量を具体的に解説

      2019/06/11

数あるトラックの中でも特にさまざまな用途に使われている2トントラックですが、実際にどのような用途で使われていて、どのぐらいの積載量に対応できるかと考えてみると、今ひとつイメージしにくいと思います。

そこで今回は、2トントラックの種類やサイズ、積載量と総重量との違いなどについて解説していきたいと思います。

2トントラックとは

車両総重量5トン未満、最大積載量3トン未満のトラックを指します。ゲートなどの装備やロングなどのサイズで車両重量が上がるため、最大積載量が2トンに満たないこともあります。

定員は2~3人ですが、ダブルキャブなら5~6人、トリプルキャブなら8~9人になります。運転には準中型(5t限定)以上の免許が必要です。

2トントラックの大きさや車両総重量と積載量の違いは?

車両総重量とは、定員×55kgに荷物と車両重量を足したものです。逆にいうと最大積載量の算出は、車両総重量から車両重量と乗車定員×55kgを引いたものになります。

例えば車両総重量3,725kgで車両重量2,060kg、定員3名なら、最大積載量は1,500kgになります。

2トンショート

2トンショートとは2トン標準、または定尺とも呼ばれる車両で、全長4.7m・全幅1.7m程度が目安の寸法です。ワンボックス車とあまりサイズが違わないので、トラック運転初心者でも運転しやすいというメリットがあります。

5t限定の準中型免許(2017年改正前の普通免許)があれば運転できるので、トラック運転手への入口にぴったりです。

2トンロング

全長6.0m・全幅1.9m程度で、2トンショートより2mほど長い車両です。アルミバンやゲート付きなどでは車両総重量が5tを超えてしまうことが多いですが、平ボディであれば車両総重量5t未満の車両もあるので、5t限定の準中型免許でも運転できることもあります。

狭い住宅地などを通るのは厳しいこともありますので、運転には注意が必要です。

2トンワイドロング

全長6.0m・全幅2.1m程度で、2トンロングの長さで更に幅が広くなります。その分、幅の広い荷物も積めますし、キャビンも広いので窮屈さも感じません。

ただ車両のサイズが大きい分、狭い住宅地は厳しくなります。また、このサイズになるとウイングやゲートなどが架装されることも多く、準中型以上の免許が必要なことも多くなります。

2トントラックでの引越しの積載量は?

2トンショートの引っ越し積載量

単身者または荷物の少ない2人家族向けです。ワンルーム~2Kぐらいの部屋からの引越しに向いています。3畳ぐらいの床面積で、高さが1.9mぐらいの空間に収まる荷量を積むことができます。

中型冷蔵庫、32型TV、洗濯機や電子レンジなどの家電の他に、シングルベッドやTV台、本棚、カラーボックス、布団、段ボール20個程度が目安です。

2トンロングの引っ越し積載量

2人家族向けで、2DKぐらいの部屋からの引越しに向いています。5畳ほどの床面積に、高さ2.2mぐらいの空間に収まる荷量を積むことができます。

3ドア冷蔵庫、42型TV、洗濯機や電子レンジなどの家電に加え、ダブルベッドや2人掛けソファ、TV台、ローテーブル、本棚や食器棚などの家具、布団、衣装ケース10個程度と段ボール30ぐらいまで積むことができます。

2トンワイドロングの引っ越し積載量

2~3人家族向けで、2DK~3DKぐらいまでの部屋からの引越しに向いています。6畳ほどの面積に、高さ2.2mぐらいの空間に収まる荷量を積むことができます。

4ドア冷蔵庫、42型TV、洗濯機や電子レンジなどの家電に加え、ダブルベッド、3人掛けソファ、レンジ台、TV台、本棚や食器棚、チェストなどのひと通りの家具と、衣装ケース10~15個、段ボール35個ぐらいの荷物を積むことができます。

まとめ

2トントラックは、引っ越しでもよく使われる皆様に馴染み深いトラックになります。過積載になってしまうと法律違反になってしまうため、正しい積載量上限を理解する様にしましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!高待遇に求人を1分で無料検索(全国対応)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、ハローワークや求人誌、友達の紹介などで転職してしまっているからです。

もっと良い会社があるにも関わらず、面倒くさい・いつも使っているからという理由で、あまり求人を探さずに転職を決めてしまっているのです。

しかし、転職サイトなどはドライバー求人を専門にしていなかったり、検索条件がドライバー向きではなかったりして探しづらかったりしますよね。

そこで、私はドライバー専門求人検索出来るサイトで求人を探すことをオススメしています。

このあと紹介するサイトは、「ドライバー求人のみを扱った求人サイト」です。
※トラック、タクシー、トレーラー、ゴミ収集、フォークリフトなど運転を伴う求人

簡単な条件、エリアで検索すると、希望条件にあったドライバー求人のみを見つけることができます。

・転職したいが、忙しくて転職活動に時間をかけられない方
・初めての転職で、誰かに相談したい方
・ハローワークや求人誌の転職で失敗した方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の簡単無料求人検索サービス

ドライバー求人検索

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索/登録して見ることをおすすめします!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

 - トラック運転手