大型トラックの人気メーカーや車種をご紹介!トラック運転手の憧れメーカー4選

   

トラック運転手になりたい方は、乗るなら性能が良く人気のあるトラックに乗りたいと考えているはずです。

ですが現在の日本では様々なトラックメーカーのトラックが走り、どこのメーカーのトラックがいいのか分からない方が多いのではないでしょうか。

そこでここでは、トラックメーカーの紹介やそれぞれのトラックの特徴について説明していきたいと思います。

日本のトラックメーカー

それではまずは、日本の人気なトラックメーカーを見ていきましょう。

日野自動車

日野自動車については、トヨタ自動車の連結子会社の一つです。商用車の製造を担うメーカーであり、代表的なものとしてトラックやバスが挙げられます。

1910年に、日野自動車の前身である東京瓦斯工業株式会社が設立されました。その後、改称を重ねたのち、1999年に日野自動車株式会社という名称になりました。

積み上げてきた実績もあり、2015年度には、普通トラックにおける販売シェア43年連続1位を記録しています。

日本を代表するトラックメーカーの一つであることは明らかです。

日野自動車におけるトラックの特徴として、エンジンの馬力が高いレベルにあることが挙げられます。

国内でもトップクラスの馬力を誇りますので、多くの運送業者から人気となっています。また、故障のリスクも低いため、メンテナンスにかかる費用が比較的少なくて済むということが大きなメリットです。

代表的な大型トラックについては、「PROFIA」が挙げられます。事故防止策を踏まえたさまざまな機能が備わっているトラックであり、多くの運転手から信頼されています。

参考:日野自動車様

三菱ふそう

三菱ふそうトラック・バス株式会社については、商用車と産業用エンジンのメーカーとして知られています。

ダイムラーの連結子会社ですが、日本において大きな実績を上げるメーカーとして、これまで多くのトラックやバスを世に送り出してきました。

2003年1月に設立となった同社は、在籍人員が10,000人程度となっていて、主要株主はダイムラー社と三菱グループ会社です。

本社は神奈川県にありますが、栃木県や富山県、インドやポルトガルにも拠点があり、明確な方針のもと、日々稼働しています。

三菱ふそうのトラックについては、走行上の騒音が小さいことが特徴です。また、快適な運転を実現するために座席に工夫がなされていることから、長距離の走行にも適しています。

メンテナンスにそれなりの費用がかかるとされていますが、シェア率は非常に高く、信頼性の高いトラックとなっています。

代表的なトラックについては、「SUPER GREAT」が挙げられます。パワフルな走行を可能とするスマートエンジンを搭載していることに加え、優れた安全機能も備わっていますので、とても人気があります。

参考:三菱ふそう様

いすゞ自動車

いすゞ自動車は、トラックやバスの製造をメインとするメーカーであり、100年以上の歴史を誇る大企業です。

日本だけでなく、海外にも拠点があり、中国やタイ、フィリピンやインドなど、広く展開しています。

ディーゼル技術や安全技術に関しても高いレベルにあり、生産品質においてもしっかりとした体制があることから、今後も実績を積み重ねていくことでしょう。

いすゞ自動車のトラックについては、高い技術によって製造されたディーゼルエンジンが搭載されていますので、その点が特徴です。

エンジンの振動が少なく、極端な騒音もないため、静かな環境の中で快適な運転が可能となるのです。メンテナンスにかかる費用は高いとされていますが、海外でも高い評価を受けています。

また、代表的な大型トラックについては、ギガが挙げられます。このトラックは、運転スペースに余裕がある構造になっていて、スイッチの操作性も高いです。運転しやすい環境になっていますので、安定して高い人気を誇っています。

参考:いすゞ自動車様

UDトラックス

UDトラックスについては、トラックを専門に製造するメーカーです。大型トラック、中型トラック、小型トラックのそれぞれを扱っていて、車種は色々あります。

創業から80年以上の歴史があり、従業員数は6,000人を超えています。社会の課題解決のためにさまざまな活動をしていますので、その点でも評価できる企業です。

ブランドイメージも定着しているため、これからも高い実績が期待できます。

UDトラックスのトラックについては、強力なエンジン馬力とクラッチが特徴です。坂道も難なく走行することができるため、全体的に力強いトラックという印象を受けるでしょう。

代表的な大型トラックについては、クオンが挙げられます。新型クオンは、基本性能が充実していて、安全装備もしっかりと備わっています。ストレスのない運転操作が可能ですので、発売当初から高い売り上げ実績を誇っています。

参考:UDトラックス様

海外メーカーのトラック

具体的には、ボルボ・トラックやダイムラーが挙げられます。まず、ボルボ・トラックについては、スウェーデンに本部を置く企業であり、日本にも販売部門があります。

次に、ダイムラーについては、ドイツに本部を置く企業であり、世界的に名高いメーカーの一つです。いろいろな自動車を扱っていて、大型トラック部門にも力を入れています。

このように、海外メーカーのトラックで有名なものはあります。ただ、日本における流通の面で言うと、国産車をはるかに下回ります。その理由は、価格面であまり差がないことや、メンテナンスのしやすさで国産車が上回ることなどが挙げられます。

好きなトラックに乗るためには

自分が就職する企業で好きなトラックを運転するためには、事前のリサーチが重要になります。

その企業のホームページを見てトラックの画像を確認したり、選考の過程で自分の希望を伝えたりすることで、理想の環境で働ける可能性も高くなります。

入社した後で、「こんなはずじゃなかった」と思うようでは遅いため、そうなる前にきちんとしたリサーチが必要ということですね。

まとめ

トラックのメーカーは多くあり、代表的な車種もそれぞれあります。ただ、どのトラックについても、機能面で極端な差はありません。

トラックに大きな欠陥があればメーカー自体の信用にかかわりますので、当然ですね。そのため、どのトラックを選ぶかという点については、その人の好みによるところが大きいということでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、東京・関東を中心に求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東のみ・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - トラック運転手