4tトラックの燃費はどのくらい?燃費を上げる簡単な方法をご紹介

   

大型トラックを運転していると、ガソリンの減りが早くなったと感じたことがある人も多いのではないでしょうか。長距離で長時間の運転を行うと、どうしても燃費が悪くなってしまうものです。

そこで、トラックを買い換えるべきか、それとも、燃費を上げる方法があるなら試してみたいと思う人のために、4tトラックの平均燃費とメンテナンス方法についてご紹介したいと思います。

4tトラックの燃費はメーカーごとに違う

燃費の平均といえども、メーカーによって性能に特徴があり、それぞれ異なります。車種によって平均は異なるため、トラックの買い替えを検討する場合、気になるメーカーの燃費を確認しましょう。

メーカーごとに比較する平均燃費

国土交通省の調査した資料を元に、国産大手メーカーの「通称名/型式/燃費」を見ていきましょう。

トヨタは「SトヨエースG35 /N04C/6.09(km/L)」、日産「アトラス/SKG-AKR85R /9.80」、マツダ「タイタン/SKG-LJR85A /10.60」、いすゞ「エルフ/SKG-NLR85N /10.60」、日野「日野デュトロ/SKG-XZU655M N04C/10.40」、三菱「ふそうキャンター20 /PDG-FE71DD /8.90 」です。

これらは、最大積載量が4t前後、車両総重量8t未満のものになります。大型トラックのメーカーとして有名な大手でも、それぞれに差があることが分かるでしょう。

燃費を上げるための方法

大手メーカーそれぞれの大まかな燃費が分かったところで、燃費を上げる方法を解説します。

メンテナンス

燃費を上げるためには、トラックのメンテナンスが欠かせません。まず、タイヤの空気圧を確認します。タイヤの空気圧は、少々高い方がいでしょう。規定値と比較をして、5~10%ほど高いことが理想です。

ただし、空気圧を極端に上げると乗り心地に影響するため、注意が必要になります。タイヤの指定空気圧は、タイヤが走行中に変形しにくい空気圧であるため、極端に上げると変形するのです。

地面と触れる面積が増えるため抵抗も増え、燃費が悪くなります。滑りにくいタイヤは、地面にしっかりと付くため、整備されていない道路でも走行しやすいことが特徴です。

しかし、しっかりと付く分、地面との摩擦が生じやすいため、燃費の面ではプラスにならないでしょう。自身の走行場所に合わせてタイヤを選ぶ必要があります。

次に、エンジンオイルを交換しましょう。古いエンジンオイルや硬いエンジンオイルは抵抗が増えるため、燃費が悪くなります。加えて、故障の原因ともなるため、エンジンオイルの交換は重要です。

また、余分な荷物を積みすぎないことも、燃費を良くするために大切なポイントとなります。

運転技術

運転技術による燃費向上については、走る道路によっても多少の違いがあります。そこで、共通している部分について見ていきましょう。

まず、余計にアクセルを踏まず、ガソリンを使わないことが重要です。当然ですが、エンジンをかけなければガソリンは使いません。エンジンをかける時間を短縮したり、急発信やスピードの出しすぎを減らすことが大切です。

大型トラックは、発進の際に大きな力を使うため、余計にエンジンを回すことになります。ゆっくりアクセルを踏み、発進時のスピードに注意しましょう。

また、アイドリングストップによって、燃費が下がるのを防ぐ効果があります。エアコンの使用も、エンジンの効力がエアコンに使用されてしまうため、燃費が悪くなる原因となるのです。

まとめ

大型トラックの燃費は、メーカーごとに異なるものです。まずは燃費を向上させるための運転を意識することから始めることをおすすめします。

急発進をしない、アイドリングストップ、渋滞をさける運転を意識するなどもおすすめです。また、走行前に、目的地までのルートをしっかりと確認しておきます。

カーナビがあるため迷うケースは少ないものの、時間とガソリンを確実に節約するためにも、事前の確認が大切です。さらに、車間距離を詰めると、アクセルを踏む回数も話す回数も多くなり、ブレーキを踏む回数も増えます。

燃費がさがるだけではなく、ブレーキまで消耗してしまうのです。そのため、車間距離を多めに取ると良いでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手