コンクリートミキサー車に特別な免許は必要なし!どの免許があれば十分?

   

ミキサー車は土木、建設業界での仕事に必要不可欠なトラックですよね。しかし、ミキサー車の特殊な形から、運転するために何か特殊な免許が必要になるのではないかと思っている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、そんなミキサー車の運転に必要な免許のことについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

ミキサー車とは

ミキサー車については、正しくはコンクリートミキサー車と言います。このことからわかるように、生コンを積載する車両のことですね。ミキサー車の場合、生コンをドラムに積載し、そのドラムを常に回転させていることが特徴です。

通常のトラックで生コンを積載できない理由は、生コンの特徴にあります。生コンはセメントと骨材、そして水でできています。

もし、普通のトラックにこれを積載してしまうと、運んでいる途中に分離が起きてしまいますので、使い物にならなくなってしまうのです。

したがって、ミキサー車に生コンを積載し、ドラムの回転によって常にかき混ぜ続ける必要があるのです。

ミキサー車は特定大型車

ミキサー車は、特定大型車としての位置づけになります。特定大型車の条件としては、以下のようなことが挙げられます。

  • 砂やアスファルト、コンクリート等を運搬する車両
  • 乗車定員30人以上の車両
  • 全長12メートルを超える車両
  • 救急車等の緊急自動車....等々

基本的に、上記の条件のいずれか一つを満たす車両が特定大型車に分類されますので、日本を走る特定大型車はとても多いということになりますね。

ミキサー車の車種

ミキサー車については、小型、中型、大型のそれぞれに分けられます。ただ、具体的な最大積載量や寸法については、メーカー・車種によって異なるため、一概に言うことはできません。そこで、およその目安としてご紹介しましょう。

小型ミキサー車

ここでは、小型ミキサー車(3t)の基礎情報についてご紹介しましょう。

最大積載量:3t
全長:5,200mm
全幅:1,800mm
全高:2,800mm

中型ミキサー車

ここでは、中型ミキサー車(5.5t)の基礎情報についてご紹介しましょう。

最大積載量:5t~7t
全長:6,400mm
全幅:2,200mm
全高:3,100mm

大型ミキサー車

ここでは、大型ミキサー車(11t)の基礎情報についてご紹介しましょう。

全長:7,900mm
全幅:2,500mm
全高:3,800mm

このように、各ミキサー車ごとにサイズが大きく異なることが分かりますね。

大型免許保持者が有利

ミキサー車の運転にあたって、必ずしも大型免許が必要というわけではありません。総重量8t程度のミキサー車も多いため、この場合は中型免許だけで運転が可能です。

したがって、中型免許を持っていれば、ミキサー車の運転を業務内容とする会社に転職することは可能です。

ただし、基本的には大型免許を持っていた方が有利です。なぜなら、現代は総重量11t以上のミキサー車がとても多いからです。

より幅広いタイプのミキサー車を運転できるという点を証明する意味でも、大型免許を取得しておいた方がいいでしょう。

ミキサー車の求人

ミキサー車のドライバーを募集する求人は、多く存在します。そこで、ここでは2つの求人をご紹介しましょう。

求人例1

雇用形態:正社員
月給:27.5万 ~ 35万円
休日:日曜
応募資格:業務未経験OK、中型免許取得者優遇

求人2

雇用形態:正社員
月給:26万 ~ 28万円
休日:日曜・祭日
応募資格:未経験可(大型免許を持っている場合)

このように、求人によって待遇や応募資格等に差があります。そのため、多くの求人に目を向ける中で、自分に合ったところを見つけることが大事ですね。

まとめ

ミキサー車というと、「何か特殊な資格がないと運転できないのでは?」というイメージを抱く人も多いです。

しかし、実際には運転免許だけあればOKですので、意外と多くの人がチャレンジできる世界ですね。

ただ、実際にミキサー車ドライバーの面接を受ける場合、大型車を持っていた方が有利という状況になっています。

また、中型免許を持って採用されたとしても、働く中で大型免許の取得を促されるケースも多いでしょう。そのため、はじめから大型免許を取得しておくというのも一つの手ですね!

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東(東京/埼玉/千葉/神奈川など)、愛知県
・年齢:全年齢OK
・経験:経験者、未経験者ともにOK

運送会社の多いエリアにて、かなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。
特に、関東や愛知県でお仕事を検索したいドライバー様には、自信を持ってオススメできます!
10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能です!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としていますが、関東以外の求人情報は他社より多い状況となっております。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント 公式サイト >>

【3位】 マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東以外・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's 公式サイト >>

 - トラック運転手