ダンプカーの構造ってどうなっているの?ダンプの種類別の構造を解説

   

ダンプカーを運転する方にとって、中の構造がどうなっているかは気になるところですよね。この記事ではダンプカーの内部の構造を種類別に解説しています。これを読めばダンプの構造に付いて完全に理解できます!

ダンプカーの構造の基礎「シャーシ」と「ダンプ」について

トラック、ダンプカーは「シャーシ」「車体(ボディ)」という2つのものから成り立っています。ボディの部分はイメージつきやすいかもしれませんが、シャーシがわからないかもしれません。

大元となるフレームにボディをはじめとして、様々な部品が取り付けられていきます。運転室、エンジン、トランスミッションなどが取り付けられてシャーシが完成します。

そして、そのシャーシに「荷台」「ダンプ」「ミキサー」などを取り付けて(架装して)用途に合わせた車が完成していくのです。

「ダンプ」とはもともと英語で「荷物などを一気に落とす(おろす)」という意味があります。つまり、シャーシにダンプを架装したものが「ダンプカー」なのです。

そのダンプカーにも色々な種類があります。一般的には、油圧シリンダによって荷台部分を傾けて荷物をおろすのですが、後方におろす、左右に下ろすなど下ろし方も色々とあります。

また、何を荷台に載せるかによっても車の種類は変わってきます。

知っておきたいダンプの種類4つと構造

それでは、ダンプの種類を解説していきます。

リアダンプ

あらゆるダンプカーでもっとも多い種類のものです。荷台の前方部分が上昇して傾いていき、後方部分から荷物をおろします。

土砂、廃棄物などなんでも運ぶことができるのも利点で、街中で見かけるのもこのタイプがもっとも多いでしょう。

このタイプの欠点は、前方部分が上昇していくために、高さがある程度ある場所でなければ使用することができないという点と、荷物が後方にまとめておろされるために広範囲におろすことができないという点です。

とはいえ、その圧倒的な使いやすさからもっとも普及しているダンプカーだと言えます。

サイドダンプ

リアダンプが後方に荷物をおろすのに対して、こちらは左右におろすことができます。広範囲にわたっておろすことができるので、土砂などを撒きたい場合には重宝します。

また、一方通行の道で使う時も便利ですし、高さがそれほどない場所でも使うことができます。リアダンプの左右版と考えて良いでしょう。

こちらのサイドダンプの欠点としては、重い荷物を一気に左右におろす際に車体のバランスが崩れやすいことがあります。

また、リアダンプより高価になりやすいことと、構造が複雑化しているために部品がやや故障しやすいということがあります。

リフトダンプ

リフトダンプは、荷台部分がそのまま上部にせり上がっていくタイプのものになります。

荷台ごと上がっていくために高所の荷物を積んだり、そこでおろしたりすることができるというメリットがあります。

重心がかなり不安定になるために、使用する際はアウトリガーを使用して車体を安定させることが必要となります。

最近では、車内にいなくても外部からリモコンで荷台の上げ下げを操作することができるタイプのものが多くなっており、その利便性が向上しています。

こちらの欠点としては、他のダンプよりも操作の関係で危険性が高くなっているということがあります。操作方法を誤ると重大な事故になりやすいので注意が必要です。

三転ダンプ

こちらの三転とは「後方」「左」「右」の三方向を指します。つまり、荷物を三方向におろすことができるというもので、「リアダンプ」「サイドダンプ」の両方の機能があるダンプと言えます。

どちらのダンプの長所も持っているので、さらに使用できる場所が広がり、その利便性は非常に高くなっています。

しかし、その分だけ車体価格は高くなりがちで、しかも構造がかなり複雑なために部品が故障しやすく、その部品自体も高価なために無尽蔵に使うわけにはいかないという欠点もあります。

構造上、土砂を詰めない土砂禁ダンプとは?

ダンプカーと言えば土砂を運搬するイメージがありますが、なかには土砂の運搬が禁止されているダンプカーがあります。これが「深ダンプ」「深煽ダンプ」と呼ばれるものです。

荷台部分の側面や後方の壁、煽りの部分が高くなっており、それだけ荷台の容積が上がっているダンプです。

当然かなりの積載をすることができるのですが、これに土砂を詰めてしまうと完全に積載量オーバーになります。

これは軽いけど大きいもの、かさばるものなどを運ぶためのもので、発泡スチロールや大量のペットボトルなどを運ぶ際に使用します。

ダンプカーの構造によって異なる積載量

ダンプカーといっても様々な種類がありますし、大きさもバラバラです。
簡単に大きさの種類をまとめると、

 小型トラック中型トラック大型トラック
全長4700mm以内12000mm以内12000mm以内
全幅1700mm以内2500mm以内2500mm以内
全高2000mm以内3800mm以内3800mm以内
最大積載量3000kg以内6500kg以内6500kg以上
車両総重量5000kg以内11000kg以内11000kg以上

となっています。

また、ダンプカーの側面には「管轄する運輸支局」「車両固有番号」「事業の種類」を表示することが義務付けられています。

事業の種類は、

「販」・・・砂利販売業
「運」・・・運送業
「建」・・・建設業
「他」・・・廃棄物処理業

となっています。

それぞれのダンプカーは、用途によって大きさや形状が違います。その場に即した車を選んで使用することが重要だと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ダンプの種類も複数あり、構造についてもたくさんの用語があって難しいかと思います。

もしダンプに興味がありましたら、下記からダンプ運転手の求人を探してみて下さい。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東(東京/埼玉/千葉/神奈川など)、愛知県
・年齢:全年齢OK
・経験:経験者、未経験者ともにOK

運送会社の多いエリアにて、かなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。
特に、関東や愛知県でお仕事を検索したいドライバー様には、自信を持ってオススメできます!
10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能です!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としていますが、関東以外の求人情報は他社より多い状況となっております。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント 公式サイト >>

【3位】 マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東以外・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's 公式サイト >>

 - ダンプ運転手