トラックのオイル交換の時期はどのくらい?目安や交換方法をご紹介

   

トラックのオイル交換は適切な時期に交換することは、エンジンの性能や部品の劣化を防ぐために重要なメンテナンスですよね。

ですが、オイル交換の重要性や適切な目安についてどれくらいのことをご存知でしょうか。

そこでここでは、そんなオイル交換についての目安や重要性について詳しくご紹介していきたいと思います。

トラックのエンジンオイル交換の重要性

トラックの場合、定期的にエンジンオイルを交換することになっています。もし、この点を怠ってしまうと、エンジンの出力が低下したり、エンジンが焼き付いたりする可能性があります。

ひどい場合は走行不能となってしまいますので、エンジンオイルの交換を放棄することは非常に危険です。

そもそも、エンジンオイルというのはエンジンの中を循環するものであり、非常に重要な役割を果たしてくれています。したがって、定期的に新たなものに交換するという作業は、とても大事なのです。

トラックのエンジンオイル交換の目安

定期的なエンジンオイルの交換が必要になるわけですが、どの程度を目安に交換すればいいかについては、意外と知らない人が多いかもしれませんね。そこで、その点について見ていきましょう。

2t、4tトラックは15000㎞程度で交換

エンジンオイルの交換目安は、2tトラックと4tトラックで特段差はありません。およそ15000km走行したら、交換時期ということになります。

時期としてはやや早いと感じる人もいるかもしれませんが、オイル交換については1500円~2000円程度でできますので、それほどコストがかかることではありません。

大型トラックは20000㎞程度で交換

大型トラックについては20000kmの走行で交換時期となりますので、2t、4tトラックの交換時期とは異なります。5000km程度の差があるという点は、押さえておくといいでしょう。

オイルエレメント交換もエンジンオイル交換と同時に

エンジンオイルと同様、オイルエレメントについても定期的な交換が必要になります。適切な交換時期については、エンジンオイルの交換時期とそれほど変わりません。

そのため、エンジンオイルを交換するタイミングで、オイルエレメントも交換しましょう。

エンジンオイルだけではないトラックのオイル交換

トラックに取り入れられているオイルについては、エンジンオイルだけではありません。他にも様々なオイルがあります。

そこで、エンジンオイルを除く3つのオイルと、それぞれの交換時期についてご説明しましょう。

ミッションオイル

ミッションオイルとはMT車に取り入れられているオイルです。トラックは基本的にMTですので、当然この手のオイルが入っています。

また、ミッションオイルの交換時期についてですが、ケースによって違いがあり、早くても20000km程度とされています。

デフオイル

デフオイルについては、カーブを曲がる際に必要なパーツであるディファレンシャルを機能させるために必要なものです。交換時期については、ミッションオイルと同様、20,000km程度が目安とされています。

ブレーキオイル

ブレーキオイルについては、ブレーキに関連するものであり、トラックにおいては当然必要なものです。交換時期については、1年ごとが目安とされています。

オイル交換をしないと部品の劣化を早める

オイル交換は何気ない作業のように感じられるかもしれませんが、日々安定的な走行を可能とする上で非常に重要です。

まず、ミッションオイルの交換を怠ると、ギアの切り替えがしにくくなったりという不具合が出る可能性があります。

次に、デフオイルの交換を怠ると、異音が発生したり、デフそのものの破損という事態になる可能性があります。

次に、ブレーキオイルの交換を怠ると、重要なシーンでブレーキがうまく機能しなくなる可能性があります。大変危険ですね。

まとめ

オイル交換を怠ってしまうと、事故という最悪のケースにつながる可能性があります。そのため、プロのドライバーとしての自覚を持ち、定期的にきちんとオイル交換をする必要があるのです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)アフィなし

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東(東京/埼玉/千葉/神奈川など)、愛知県
・年齢:全年齢OK
・経験:経験者、未経験者ともにOK

運送会社の多いエリアにて、かなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。
特に、関東や愛知県でお仕事を検索したいドライバー様には、自信を持ってオススメできます!
10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能です!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としていますが、関東以外の求人情報は他社より多い状況となっております。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東以外・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - トラック運転手