2tトラックのオートマ車とは?AT限定免許でもトラック運転手になれるのか

   

トラック運転手になりたくても、AT限定免許しか持っていないからと諦めていませんか?
実はトラックには、AT限定免許でも運転できる車両が存在します。
そこで今回は、トラック運転手としての入門にぴったりな2tトラックのオートマ車について、オートマ車を運転するときの注意点と併せて解説していきたいと思います。

2tトラックにオートマ車ってあるの?

2tトラックにオートマ車のイメージを持つ人は少ないかもしれません。
しかし、実はトラックにもオートマ車があり、近年2tトラックのオートマ車を導入する運送会社が増加傾向にあります。
2tトラックのオートマ車には、クラッチペダルがなく2ペダルであり、ブレーキとアクセルを迷わずに選べることが特徴です。
クラッチペダルを踏む動作や、シフトレバーを操作することがなく、発進や操作がスムーズであることも魅力でしょう。
マニュアル車の免許は不要であり、オートマ限定免許を持っていれば2tトラックの運転手になれます。

マニュアルトランスミッション(MT)車とは

マニュアルトラストミッション車は、クラッチペダルがあるため簡単に速度を調整できます。
クラッチペダルは、踏み込む力をコントロールすることで、少しでも速度変化をつけることが可能です。
クラッチペダルのコントロールは技術が必要なものの、主に車を操るのはクラッチペダルであるといえるでしょう。
さらに、内部の構造がシンプルであるため故障しにくく、万が一故障した際にも部品が少ないため整備しやすいことが特徴です。
たまに、マニュアル車を「ミッション」と呼ぶ人がいますが、誤りであることを認識しておきましょう。
「ミッション」は「トランスミッション」を指すため、マニュアルかオートマかを指すワードではありません。

オートマチックトランスミッション(AT)車とは

オートマチックトラストミッション車とは、クラッチペダルがないことで渋滞でも疲れにくく、長時間の運転に適しているといえます。
自動でシフトチェンジされ操作がシンプルであり、操作を間違えた事によるエンストも起こしません。
シフト操作が自動で行われるため、運転ではシフトレバーの操作を行うだけです。
そのため、クラッチ操作での運転技術に差が生じることはなく、初心者であっても一定の運転性能で走ることができます。

「セミオートマ」って?

セミオートマのトラックは、クラッチペダルがなく、2つのペダルで操作をするトラックです。
ただし、シフト操作が自動で行われるものの、シフト操作が一切不要というわけではありません。
また、ドライバーの運転技術によって燃費が変化することがない点が特徴です。新しくドライバーを確保したい運送業界において、操作も簡単であり燃費も変わらないセミオートマは重宝され、導入する会社が増えています。

セミオートマ(AMT)はAT限定免許で運転できる?

道路交通法施行規則に記載された「AT車」とは、二輪を除いた自動車についてはクラッチペダルがない車を指します。つまり、セミオートマはAT限定免許で運転できるということです。
特別な免許や運転技術が不要であり、初めて運転する人でも操作しやすいことが魅力でしょう。

マニュアル車のメリット・デメリット

マニュアル車の2tトラックは、クラッチとアクセルのコントロールができるため、ドライブテクニックに自信のある人は運転を楽しめる点が特徴です。
しかし、クラッチ操作を行うため、渋滞でも気を抜けず疲れことがデメリットといえます。

オートマ車のメリット・デメリット

オートマ車の2tトラックのメリットは、エンジンストップの心配がないことがメリットです。しかし、細かな調整ができないため、運転技術のあるドライバーであれば不便に感じることもあるでしょう。マニュアル車の運転に慣れている人は、不満を抱くケースもあります。

セミオートマ車のメリット・デメリット

セミオートマの2tトラックのメリットは、マニュアル車と比較をして運転操作が楽であることです。
長距離や、一般の乗用車と比較をすると周囲への配慮も必要なトラックの運転において、少しでも運転に関する負担が軽減されることはメリットとなります。
デメリットは、アクセルを踏んでいる際に加速が切れるため、心地悪いと感じることです。操作が楽な反面、マニュアル車とは操作範囲が異なるため、変速フィートの悪さがデメリットになります。

AT限定免許でトラック運転手になる

運転操作がシンプルであり、AT限定免許でトラック運転手になれることから、運送業界ではAT車が主流になりつつあります。

会社によっては限定解除の補助があるため、トラック運転手へ転職する際には詳細を確認してみましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)無職LP

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 急募案件あり!無職のドライバー向け無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国
・年齢:10代~60代以上全て
・就業状況:無職(離職中)、離職予定

ドライバー専門の求人サービスで、急募案件を多く扱っている特徴があります!
なので、1週間以内の就職/転職が可能です。
再就職手当/失業手当の対応も可能なので、離職中のドライバーにオススメです!
条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【急募案件あり】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【3位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

 - トラック運転手