トラック運転手の独立は個人か法人のどちらで開業すればいいの?

   

トラック運転手をしていると独立を視野に入れたくなることもありますが、現実問題として可能なのでしょうか。

今回は運送業開業に必要な要件と、個人開業と法人開業について、そのメリットとデメリットを解説します。

そもそも個人で運送業は開業(独立)できるの?

結論からいえば、個人での運送業開業は可能です。ただし、いくつかの要件があります。
運送業を開業するには、運送業許可を取得する必要があります。そのためには、大きく分けて5つの要件を満たさなければなりません。

人員

運転手5人と運行管理者1人の計6人が最低でも必要です。運転手と運行管理者は兼任することができません。また、整備管理者も1名必要ですが、こちらは運転手や運行管理者と兼任することができます。

事務所および休憩室

開業には事務所と休憩室が必要です。
賃貸でも構いませんが、市街化調整区域にある建物は原則として使用できません

駐車場

出入り口の道幅が5.5m以上ある駐車場の確保が必要です。

車両

車検証上の用途が「貨物」となっている緑ナンバーのトラックが、最低5台必要です。

資金

6ヶ月分の車両費や家賃、2ヶ月分の人件費や燃料費、1年分の保険料、税金などの経費を合わせた資金が必要です。1,000万円以上になることがほとんどです。

個人開業と法人開業の違いは?

運送業開業にあたって個人と法人のどちらかを選ぶには、それぞれのメリット・デメリットを知る必要があります。

個人開業のメリット・デメリット

個人で運送業を開業することのメリットは、法人で開業する場合にかかる20万円程度の会社設立費用がかからないことです。

それに対してデメリットは、法人に比べて社会的信用が低く、顧客や銀行の融資が得にくくなることです。

また、利益が出た際に節税対策が取れないこともデメリットとして挙げられます。さらに、将来的に法人化することを視野に入れているとしたら、その際には改めて法令試験を受けなければなりません。

運送業許可の譲渡と譲受認可も必要になりますので、ゆくゆくは法人化する予定があるのであれば、初期費用は増えますが法人で開業したほうが良いかもしれません。

すでに決まった取引先以外とは取引する予定がなく、今後も法人化することを視野に入れていないのであれば、会社設立費用のかからない個人開業を選ぶのもひとつの方法です。

法人開業のメリット・デメリット

法人で開業するメリットは、先に挙げた個人開業のデメリットに相当します。個人に比べて社会的信用が高くなりますので、銀行からの融資が受けやすくなり、新規の顧客も得やすくなります。

人材を確保しようとする際にも、法人であることがメリットとなり得ます。また、消費税の減免期間もありますし、利益が出た場合の節税対策も取りやすくなります。

デメリットとしては、20万円程度の会社設立費用がかかることの他に、会社設立時に煩雑な手続きが生じることが挙げられます。

また、会計処理が複雑になることが予想されますので、決算などで税理士に依頼する必要が生じ、そのための費用が発生します。

とはいえ、個人開業ののちに法人へ切り換えることのデメリットに比べれば、はじめから法人で開業するメリットの方が大きいといえるのではないでしょうか。

まとめ

個人開業のメリット

  • 会社設立費用がかからない

個人開業のデメリット

  • 社会的信用が低く、銀行の融資が受けにくい
  • 法人化する際の手順が煩雑になる
  • 節税対策が取れない

法人開業のメリット

  • 社会的信用が高く、銀行の融資も受けやすい
  • 新たな顧客や人材の確保がしやすい
  • 消費税の減免期間があり、節税対策が取りやすい

法人開業のデメリット

  • 会社設立費用がかかる
  • 税理士などのコストがかかる

法人より個人の方がデメリットは多くなりますが、個人開業にもメリットは存在します。

先を見て、自分の目的に合った事業形態をしっかり検討することが大切です。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!高待遇に求人を1分で無料検索(全国対応)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、ハローワークや求人誌、友達の紹介などで転職してしまっているからです。

もっと良い会社があるにも関わらず、面倒くさい・いつも使っているからという理由で、あまり求人を探さずに転職を決めてしまっているのです。

しかし、転職サイトなどはドライバー求人を専門にしていなかったり、検索条件がドライバー向きではなかったりして探しづらかったりしますよね。

そこで、私はドライバー専門求人検索出来るサイトで求人を探すことをオススメしています。

このあと紹介するサイトは、「ドライバー求人のみを扱った求人サイト」です。
※トラック、タクシー、トレーラー、ゴミ収集、フォークリフトなど運転を伴う求人

簡単な条件、エリアで検索すると、希望条件にあったドライバー求人のみを見つけることができます。

・転職したいが、忙しくて転職活動に時間をかけられない方
・初めての転職で、誰かに相談したい方
・ハローワークや求人誌の転職で失敗した方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の簡単無料求人検索サービス

ドライバー求人検索

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索/登録して見ることをおすすめします!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

 - トラック運転手