コンテナの荷降ろし作業の方法は?体を傷めないためのコツを解説!

   

きついと言われているコンテナの荷降ろし作業はいったいどういう方法があるのか知りたいですよね。また少しでも体の負担を軽減し楽に荷降ろしをするコツがあれば知りたい人も多いはず!

そこで今回は、コンテナの荷降ろし作業の一般的な方法や、体の負担を少しでも減らすコツをご紹介します。

きついと言われるコンテナの荷降ろし作業

コンテナは大きさも様々で、中にはトレーラーで引っ張るほどの大きなものもあり、その中には大量の荷物が入っています。この荷物を降ろす仕事がコンテナの荷降ろし作業となります。

当然中の荷物も様々で軽いものから、フォークリフトで降ろさないといけないほど重いものも存在します。

特に人力で作業するとなると全て持ち運ばないといけないため、体力的にも厳しいと言われています。そのため、少しでも荷降ろしを楽にできるような方法も含め、ご紹介します。

一般的なコンテナ荷降ろしの作業方法

コンテナの荷降ろし作業はフォークリフトで一気に降ろす方法と、人力で降ろす方法があります。

フォークリフトを使って降ろす

コンテナの中にある荷物がパレット積みであったり、重量物の場合はフォークリフトでの作業になります。そのため「フォークリフト運転技能講習修了証」の資格が必要になる場合があります。

しかし、フォークリフトで作業するということは、機械で荷物を運ぶことになるため、荷降ろし作業といっても体力的には割と楽な仕事になることも。もちろん早く作業する場合はフォークリフトの運転技術が必要になります。

人力で荷物を降ろす

人力で荷物を取り出す場合はコンテナ内の荷物は多種多様です。そのため、軽い荷物が大量にある場合はバケツリレーの要領で一気に下ろしたり、重い荷物は数人で持ち上げたりと、せわしなく動き回ります。

コンテナの荷降ろし作業はスピードも要求される場合があるため、体力が必要になる仕事と言えるでしょう。また、人力の場合は人数が必要であるためアルバイトを募集している場合がほとんどです。

人力なら少しでも楽に!荷降ろしのコツ

人力で荷降ろしすると、体の負担も大きくなるため、少しでも楽に作業ができるような方法をご紹介します。

腕を使うのではなく背中の力を意識する

ついつい荷物を早く下ろしたいから、腕を使って荷物を持とうとしてしまいがちになりますが、何度も同じ作業をしているとすぐに体に負担を掛けてしまいます。そのため腕の力で持とうとするのではなく、背筋を意識して体全体で荷物を持つことが基本となります。

中指と薬指を少しだけ曲げる

重い荷物を持っていると、どんどん手が疲れてきます。さらに手が疲れたからといって荷物を下に置くと再び持ち上げるために余計に体力を使ってしまうでしょう。

そのため、中指と薬指を少し曲げて荷物を持つことにより背中の筋肉を使うことができます。さらに指で荷物を引っ掛けることができるため、体の負担が軽減されるでしょう。

体に負担がかかる危険な荷物の持ち方

荷物を何度も運んでいると体に負担がかかり、怪我の原因となることもあります。そのため、危険な持ち方をご紹介しましす。

力任せ

当然大きな荷物や重い荷物を運ぶには力も必要になりますが、ただ闇雲に力任せに持てば良いという訳ではありません。力任せに重い荷物を持つと簡単に足腰を痛めてしまいます。

そのため、腕だけで持ち上げようとせず、腰で持ち上がるようにイメージしたり、体全体で持つことを意識し、持つというより、抱え込む感じで運ぶと良いでしょう。

低い荷物を腰をおろさずに持ち歩ける

低いところにある荷物はそのまま持とうとすると腰に負担が掛かりやすく、腰を痛めてしまう危険性があります。そのため、一旦しゃがんで荷物を抱え込み、立ち上がりながら荷物を持ち上げるようしましょう。腰は極力曲げずに足で荷物を持ち上げるイメージです。

往復が面倒で複数まとめすぎる

特にコンテナの奥の方になると移動距離も多くなり、何度も往復するのが面倒になり、一度に持つ荷物の量が多くなりがち。

しかし、複数まとめることで重くなった荷物を運ぶと当然疲労具合が大きくなり、体を痛めてしまうリスクの方が大きくなることに。そのため、できれば少し負担を減らしてでも何度も往復する方がいいでしょう。

コンテナの荷降ろし作業で気になるQ&A

コンテナ荷降ろし作業で気になる点をご紹介します。

コンテナ内にはローラーが敷かれているの?

全てのコンテナにローラーが付いているという訳ではなく、トラックによって違います。もちろんローラーが付いていると重い荷物を運ぶ際に少し楽に作業することができますが、誤ってローラーに乗ってしまうと転倒してしまうこともあるため注意する必要があります。

まとめ

コンテナの荷降ろしの仕事は力仕事になるためどうしてもきつくなってしまいがち。さらに重い荷物が大量に積まれている場合もあり危険もたくさん潜んでいます。そのため少しでも体の負担にならない安全な働き方を身につけてチャレンジしたいですね。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手