白ナンバーのダンプは違法?ダンプに記載されている漢字の意味とは

   

荷物の輸送には運送業の許可を取った緑ナンバーでないと、輸送できないことはご存知ですよね。しかし、特にダンプなどは白ナンバーで輸送している車両も多く、不思議に思っている方も多いと思います。

そこで今回は、なぜ白ナンバーで輸送行為が出来るのか、また、もし法に触れてしまうようなことがあれば、どのような罰則を受けるのかまで詳しくご紹介していきたいと思います。

白ナンバーのダンプとは?

白ナンバーと緑ナンバーには、自家用か営業用かという違いがあります。例えば、ご家庭で所有している普通車であれば、通常は白ナンバーです。

しかし、個人タクシーであっても、タクシーは緑ナンバーであることが定められています。これらの違いは、目的地まで運転することでお金を稼いでおり、「営業用」とみなされるためです。

自分が所有している普通車であれば、例え知人を送迎したとしてもお金を稼ぐ目的ではないため、自家用となり白ナンバーになります。

つまり、運搬費を受け取って土砂を運んでいる場合は、緑ナンバーダンプでなければならないのです。万が一、白ナンバーダンプで同様の運行をしていた場合、違法行為となります。

なぜ白ナンバーで輸送行為が出来るのか?

運送法では運賃が発生する輸送の場合は、認可を受けた緑ナンバーが必要になります。しかし、請負という形や、販売という形での運搬は運賃として利益を上げていないため違法行為ではありません。

また、白ナンバーダンプであっても違法にならないケースがあり、自分の会社の商品(土砂・砕石)を運搬するのであれば、「運送業」ではないため、白ナンバーダンプでも問題がありません。

ほかにも、自分の会社が所有する採石場から、土砂や砕石を運搬し、運搬費用を受け取らずに土砂や砕石を売るのであれば、白ナンバーダンプでも違法にはならないのです。

ダンプに表記されている文字の意味は?

ダンプには、「地名 漢字 数字」と表記されています。漢字は、事業の種類を表しており、それぞれ異なる感じが表記されているのです。

それぞれの漢字の意味は下記になります。

営:運送事業を表しており、(営)以外は、白ナンバーでも輸送可能です。
販:砂利販売業を表しています。
採:砂利採取業を表しています。
建:建設業を表しています。
砕:砕石業を表しています。
石:採石業を表しています。
他:生コンクリートや廃棄物処理など、上記に該当しない製造業を表しています。

白ナンバーダンプの気になるQ&A

白ナンバーダンプを運転するにあたって、疑問点が多いと感じる人も多いのではないでしょうか。そこで、白ナンバーダンプを運転する人にとって気になる3つの疑問について解説します。

請負契約で掘削・運搬(場内運搬)を、その会社の所有する白ナンバーダンプで作業すると違法なのか?

1次下請の契約が掘削・運搬であれば、1次の所有する白ナンバーダンプは違法ではありません。

上記内容で公道を走った場合は?

1次下請の契約が掘削・場内運搬や公道を走行する運搬の場合、1次の所有する白ナンバーダンプは違法にはなりません。

上記内容で請負会社が白ナンバーダンプをチャーターして走らせた場合は?

回転率をあげるために白ナンバーダンプをチャーターして走行する場合、違法になるため注意が必要です。

違法行為で受ける罰則について

違反行為であるとみなされた場合、どのような罰則があるのでしょうか。一般貨物と特定貨物の罰則を確認しておきましょう。

一般貨物自動車運送事業違反

不特定多数からお金を受け取り、普通自動車以上の車を運転する場合、国土交通大臣の一般貨物自動車運送事業の許可をもらわなければなりません。

違反すると、1年~3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金か、併科に処することが定められています。

特定貨物自動車運送事業違反

特定の相手からお金を受け取り、普通自動車以上の車で運送業を行う場合、国土交通大臣の特定貨物自動車運送事業の許可をもらわなければなりません。

違反すると、一般貨物自動車運送事業違反同様の罰則を科せられます。

まとめ

ナンバーの色には、自家用か営業用かという明白な違いがあります。しかし、白ナンバーダンプでなければならないと思われる事例でも、緑ナンバーダンプでよいとされるケースもあるのです。

運送会社からの指示だけでは判断できない場合、違反行為をしないよう、しっかりと確認をしてから運行しましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東(東京/埼玉/千葉/神奈川など)、愛知県
・年齢:全年齢OK
・経験:経験者、未経験者ともにOK

運送会社の多いエリアにて、かなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。
特に、関東や愛知県でお仕事を検索したいドライバー様には、自信を持ってオススメできます!
10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能です!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としていますが、関東以外の求人情報は他社より多い状況となっております。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント 公式サイト >>

【3位】 マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東以外・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's 公式サイト >>

 - ダンプ運転手