ルート配送ドライバーとして採用されるための自己PRとは?

   

ルート配送ドライバーに応募するとき、自己PRはどのように書けば良いか悩む方もいるのではないでしょうか。これまでにドライバー経験がある人、未経験な人など、それぞれで自己PRの書き方は変わってきます。採用されるためにも、自己PRの書き方をしっかり抑えておきたいですよね。そこで今回は、ルート配送ドライバーの自己PRの書き方についてご紹介します。

自己PRを書くために必要なこと

自己PRでは、最低限書かなければならないポイントがあります。基本的な部分を押さえて、自己PRを作りましょう。

志望動機を伝える

ルート配送ドライバーという仕事に対して「自分がお客として感じたこと」や「運転を通じて物を届けること」への気持ちを伝えることで、業界への思いが強いことを知ってもらえます。

志望動機に自分の経験などを付け加える

ルート配送ドライバーや、配送業界での経験などはもちろん、入社したらどのように働きたいかをはっきりと伝えることも良い印象を与えるでしょう。

入社後どうなりたいかを最後にアピールする

配送業では人材を採用する時には次の3点が重要視されます。

1点目は、「配送業界や企業を選んだ理由」です。仕事内容に対するイメージや考え方、なぜこの仕事がしたいかを具体的に伝えましょう。

2点目は、「会社の為にどんなことができるか」です。配送をするにあたり自分のスキルがどのくらい生かせるかなどをどんどんアピールしましょう。

3点目は、「将来をしっかりと考えているかどうか」です。ただ漠然と働くのではなく、将来のビジョンを持って働ける人材を企業も求めています。

どんなことを自己PRで書けばいいの?

ルート配送ドライバーの自己PRの具体的な書き方を見ていきましょう。

過去にドライバー歴がある人は実績をアピールする

今までに学んできたことや持っているスキル、資格などの中からこの業界で活かせるものをアピールしましょう。

ただ持っていると言うのではなく、「これを使ってこのように働いていきたい」と明確に伝えることで、企業にとって有益である人材であることが伝わります。

そして何よりも一生懸命に働く意欲をアピールしましょう。やる気があるかないかは企業にとって最も重要な点です。

持っている免許や資格の種類をアピール

普通免許だけでは少々不利になりますが、中型、大型など免許や資格を複数持っている場合は自己PRにつなげられます。

体力ややる気をアピール

会社はまず入社後に即戦力となる人を欲しいと考えます。次に即戦力とまではいかなくても企業の方向性と合っているスキルを持っている人、仕事をこなしていける可能性を感じられる人に魅力を感じます。

反対に、その企業で全く関係がなく使えないスキルを次々とアピールされても、企業のことを分かっていないと思われてしまうでしょう。

企業の方向性に対して自分がどう思ってどう働きたいかや、自分の力を発揮していく方法を伝えることでその企業をしっかりと勉強し理解していると認識してもらえるようにしましょう。

押さえたい自己PRのポイント

自己PRでは、アピールポイントの根拠を明確に書きます。例えば、運転が得意であると書くのであれば、なぜ得意だといえるのかなど、根拠がなければアピールにならないことを認識しておきましょう。

これだけは気をつけて!NGな自己PR

自己PRを考える際には、2つの注意点があります。

企業のニーズにあっていないアピールをする

企業にとって、また、働くうえで不必要なスキルをアピールすると、ニーズがマッチしていないと判断されます。企業が求めているもの、ルート配送ドライバーとして必要なスキルや知識とアピールポイントを合わせることが大切です。

嘘を書いたり例文をそのまま真似すること

インターネット上には、さまざまな例文が紹介されています。しかし、自分で考えることが大事であり、万が一嘘を伝えても入社後に気づかれてしまいます。信用も失うことになるため、自分の言葉で考えましょう。

ルート配送ドライバーの自己PRの例文

ルート配送ドライバーに応募する際の自己PR例文を紹介します。

ドライバー経験者の自己PR例文

『私は貴社のコンセプトである「安心と安全を届ける」という部分にとても感銘を受けました。これまでの経験で、配送業とは荷物を早く届けることが一番大事なのだと思っていました。しかし、それ以上に「安全な運転ができること」がどれだけ大切なのかに気づくことができました。

安全に運転をして荷物を手早く届けることが、荷物の送り手にも受け取り手にも大きな安心を感じてもらえます。これが信頼と次の仕事へとつながりますし、荷物とともに気持ちを届けるのだと思っています。もしこちらで働かせていただけるとしたら、安全運転を第一に頑張っていきたいと思います。』

企業のコンセプトも入れながら、経験に基づく考えも盛り込んだ自己PR文です。

ドライバー未経験者の自己PR例文

『私の父はトラックの運転手で深夜のドライバーをしていました。そのため、私は父がどのように仕事をしているのかは分からないまま大きくなりました。

私が大人になり、運転免許を取得するために自動車教習所に通うようになると、車にはそれぞれに特徴があること、ハンドルやブレーキ操作も常に同じではいけないことが分かりました。

この時に、車を運転することを職業にすることの大変さを感じました。そして、車の中でも車体が大きいトラックを運転していた父の技術の高さを理解できたような気がしたと同時に、父のような運転をすることが目標になりました。

私は勉強しなければいけないことも沢山ありますが、もし貴社で働かせていただけることになった際には、さらに勉強と努力を重ね少しでも貢献できるように努めたいと思っています。』

未経験でも、自分の気持ちを中心として作成することで、意欲が伝わります。

まとめ

配送業と一言でいっても、運ぶ物の大きさや種類によって必要な免許も異なります。応募の段階ではもっていないスキルも必要とされることも珍しくありません。応募時点で、自分が持っている免許や資格以外にも、積極的に取得する向上心を持った人が適切だと言えるでしょう。

面接官は、業界や企業のことをどれだけ知っているか、これからどうなろうと思っているかを見抜きます。

その点に注意しながら、配送業への志望動機を考えましょう。「業界や企業を知ること」から始め、企業で活かせる自分のスキルをアピールし、将来の目標をはっきりと示すことで、企業にとって魅力のある人材になりましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手