8ナンバーのトラックは維持費が安い?必要な手続き・書類をご紹介

   

個人で運送業を行っていると、少しでも維持費を節約したいと思うものです。そんな時にドライバー仲間から「8ナンバーは税金が安くなるらしいよ」という話を聞くと、どうなんだろうと気になるものですよね。

そこで、8ナンバーにするメリットと注意点についてご紹介したいと思います。

8ナンバーとは

自動車のナンバープレートで地域名の横に書かれている初めの数字は、自動車の「用途」や「大きさ」を表しています。例えば「1」は普通貨物車、「3」は普通自動車、「4」「6」は小型貨物車や軽貨物車といった具合です。

そこで「8」が割り当てられているのが、通称「8ナンバー」と呼ばれている車です。8ナンバー車は「特種用途自動車」に分類され、「緊急車両」「法令特定事業で使用する自動車」「その他の特種な目的で使用する自動車」の3つがあり、全部で78の形状があります。

8ナンバーの車両例

8ナンバーの車両としては、下記のようなものがあります。

「緊急車両」
警察車両、消防車、救急車、検察庁車、緊急警備車など

「法令特定事業で使用する自動車」
給水車、郵便車、霊柩車、採血車、図書館車、郵便車など

「その他の特種な目的で使用する自動車」
現金輸送車、アスファルト運搬車、冷蔵冷凍車、散水車など

「患者、車椅子利用者の輸送目的の自動車」
患者、車椅子利用者の輸送目的の自動車

「特殊な作業目的の自動車」
ボイラー車、ポンプ車、農業作業車、事務室車、電気作業車など

「キャンプ又は宣伝活動を行うための特種な設備を有する自動車」
キャンピング車、放送宣伝車など

があります。

大型トラックなどに関連したものと言えば「冷蔵冷凍車」があります。これは、冷凍機や冷蔵気を車体に載せるという改造がされているために分類では特種用途になるのです。

8ナンバーにするメリット

2000年ごろまでは、8ナンバーの車は3ナンバーの普通車などと比べると税金面で安くなるといったメリットがありました。これは、8ナンバー車は特殊な用途で使用される車のために優遇措置が取られていたことが関係しています。

しかし、税金を安くするための不正取得が横行してきました。8ナンバーの要件を満たすために一時的に改造を施し、ナンバー取得後に元に戻すという手口です。

ただ2001年以降は用件が非常に厳しくなり、簡単に8ナンバーは取得できないようになっています。自動車税や車両税ではたしかに多少安くなっていますが、用件を満たすための改造やもとに戻す手間、費用を考えればほとんどメリットはありません。

8ナンバーの注意点

8ナンバーにする際の注意点を見ていきましょう。

要件の確認と必要書類の準備

8ナンバーを取得するためには以下の条件を満たしていなければいけません。

  • 特殊設備が運転席以外にあり、その面積が1㎡以上(軽自動車は0.6㎡以上)あること
  • 特殊設備の面積が運転席を除く合計床面積の2分の1を超えること
  • 積載スペースと乗車スペースの間に適当な隔壁又は保護仕切があること
    (最大積載量500kg以下の場合は、座席の背当てでOK)

この要件を満たした上で必要な書類を揃えて運輸支局か自動車検査登録事務所に自動車と共に持ち込んで「構造等変更検査」を受けなければいけません。

必要書類とは、

  • 車検証
  • 自動車検査表
  • 点検整備記録簿
  • 自賠責保険証書
  • 認印(手続き代行の場合は委任状)
  • 申請書(2号様式)
  • 手数料納付書 ※審査料として1,700円、車検証交付料として400円の合計2,100円
  • 自動車重量税納付書
  • 自動車税納税証明書

になります。

8ナンバーを取得するタイミング

8ナンバーを申請する際には「構造変更」の手続きを行わなければいけません。この検査は通常の車検時に行われる電気系統、ブレーキ、各種計器などの検査に加えて「変更箇所」の検査が行われるものです。

つまり、これだけを単独で受けるよりも車検と同時に手続きをする方が、二度手間を防げるということになります。もし8ナンバーを申請するのであれば車検のタイミングで行いましょう。

まとめ

現在、特殊車両などを除いて日常で車を使用する際に8ナンバーを取得することはほとんどなくなっています。唯一あるとすればキャンピングカーくらいです。

自動車税や車両税は多少安くなるというメリットはありますが、民間の任意保険などはむしろ8ナンバーの車の方が高いこともありますし、改造するのにも費用がかかるために実質的なメリットはほぼないと言えるでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)無職LP

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 急募案件あり!無職のドライバー向け無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国
・年齢:10代~60代以上全て
・就業状況:無職(離職中)、離職予定

ドライバー専門の求人サービスで、急募案件を多く扱っている特徴があります!
なので、1週間以内の就職/転職が可能です。
再就職手当/失業手当の対応も可能なので、離職中のドライバーにオススメです!
条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【急募案件あり】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【3位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、3位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

 - トラック運転手