陸送の意味とは?中古車の陸送を使うメリットやデメリット、運賃なども合わせて紹介!

   

ここ最近、個人間でのやり取りで、中古車を購入出来るようなオークションサイトなどの利用の普及により、「陸送」と言う運搬法方を目にする機会が増えています。

「陸送」と言う文字自体を目にすることが増えて、大体のイメージは出来ても、詳しく理解している方は少ないようです。そこで今回は、車を運搬する方法で一般的な「陸送」について分かりやすくご紹介したいと思います。

中古車の発送方法に多い「陸送」とは?

中古車の発送方法に多い「陸送」とは、「自動車を輸送車で運ぶこと」です。新しく自動車を購入した場合、受け取り場所まで自動車を運ぶ必要があります。

自動車を運ぶ行為を陸送と言い、一般的には自動車購入時の納車費用として計上されます。また、車両未登録の車を運転し、購入者の元へ運ぶことも、陸送と言います。

「陸送」の他に、「輸送」と呼ばれる方法もあります。その場合は、陸上だけでなく、必要があれば、海上をフェリーで運んだりすることも含まれます。

つまりは、陸上だけを通って、運べば、「陸送」、陸上以外も通るのであれば、「輸送」と言われます。

陸送にはどんなメリットがあるの?

届くまでの時間が短い

陸送は、陸上の道路を、当該車両を運転し、または、輸送車で運ぶので、余計な中継点が少なく、無駄なく、目的地に着くことができます。

「輸送」と比較すると、輸送では、海上をフェリーで運ぶので、中継点などがあり、陸送よりも時間がかかりがちです。

犯罪リスクの低下

陸送では、2-1.で触れたように、余計な中継点が少ないため、車両を仮置きしたり、駐車場に止めるようなことなども少ないです。結果、車上荒らしや、盗難などのリスクを低く抑えることができます。

低価格での運搬

陸送と輸送を、価格の面で比較してみましょう。まず、輸送では、船を使用するので、人件費や輸送費の他に、船賃もかかります。その点、陸送は、船賃はかかりません。その分、陸送のほうが、料金を低く抑えることができます。

車検が切れていても問題なし

車検が切れた中古車を、買って、引き渡しされる場合は、個人では、公道を走ることができません。

陸送業者に依頼すれば、車検切れの車両でも、運転できるように、専用の臨時ナンバープレートや、積載車などを使って運ぶので車検が切れた車両でも輸送をすることが可能です。

陸送のデメリットについて

到着時間の指定が難しい

陸送は、道路状況によっては、渋滞していたりして、目的地に到着するまでの、時間が読めないこともあります。そのため、細かい到着時間の指定が難しいでしょう。

長距離だと料金が高額に

近距離の陸送であれば、料金を低く抑えられます。しかし、長距離になってくると、人件費や輸送費が高額になってしまうこともあります。

陸送の運賃はどれ位かかるの?

ここでは、陸送の料金の目安として、だいたいの相場例を表します。

  • 隣接県(東京―横浜間)・・・23,900円
  • 東京―名古屋間・・・35,100円
  • 東京―大阪間・・・39,600円
  • 東京―福岡間・・・56,500円

といったところです。

また、車高が低いローダウン車、車高が1.7m以上の車両、故障などによる不動車などになると、割増料金がかかるようです。

また、引渡日又は納車日が日曜・祝日の場合に割増料金が発生する業者も有ります。週末は人気があるので高いという訳です。

参考までに、株式会社ゼロによる「マイカー・オートバイ輸送サービス」の見積もりを使えば、業者に連絡する事なく、簡単に陸送費や輸送日数の見積もりが出せます。

ここで、具体的な陸送業者を挙げると、東京都の株式会社YTK(自動車輸送のグッドアップ)、北海道札幌市の有限会社 バードシステム(カーコレクション陸送)、千葉県八街市の有限会社 プラスアルファなどが、あります。

企業それぞれ、独自の特色を打ち出しています。長所・短所を比較して、ご自分に合った業者を選ばれると、良いと思います。

個人間売買の増加で需要は増加している

少し前までは、中古車の陸送・輸送というと、中古車販売店からの買取りによるものなどが、主だったものでした。

しかし、昨今では、ネットオークションなどの普及により、個人間での中古車の売買が、増えつつあり、陸送業者への需要は、今後、高くなっていくでしょう。

陸送と輸送の使い分けは運搬距離で判断しよう

3-2.でも触れましたが、陸送が安く済むのは、近距離であることが条件の一つでした。例えば、一つの都道府県内であれば、当然陸送のほうが、安く済みます。

しかし、いくつもの都道府県を挟んだ長距離の運搬となると、船賃を考慮しても、輸送のほうが、安く済むこともあります。いろいろな業者で、陸送と輸送の見積もりを取り、比較検討することが大事になってくるでしょう。

まとめ

さて、上記を読んでいただいた皆様なら、中古車の「陸送」について、一通り理解できたのではないかと思います。

メリットとデメリットをよく考えて、陸送か輸送か、また、どの業者に依頼するかを、よく比較検討していただきたいと思います。

【EU用】記事終わりCTA_22/09更新

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トラック運転手

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す