4トントラックの車両総重量と最大積載量の関係・免許の種類を徹底解説!

   

4トントラックといえば、4トンまで荷物を積み込むことができると思われがちですが、車両総重量と最大積載量の関係から、実際に積み込みができる量を確認する必要があります。

また、取得している免許の種類によって運転できる車両総重量が異なるため、4トントラックを運転できない場合もあるので注意が必要です。今回は、4トントラックと車両総重量の関係について詳しく解説します。

4トントラックの総重量とは?車両総重量と最大積載量

4トントラックというだけあり、4トンまで荷物を積んでもいいというわけではありません。そこで、4トントラックの定義をご紹介します。

4トントラックの定義とは

4トントラックの定義は、車両総重量8トン未満、最大積載量5トン未満の中型トラックに分類されます。

また、2007年の道路交通法改正によって車両総重量が11トン未満、最大積載量6.5トン未満に引き上げられたため、中型トラックでも車両総重量が違い、車種によっては荷物を4トン以上積むことができるトラックも存在します。

さらに、4トントラックは架装としてクレーンが装備されていたり、食料品や冷蔵庫を運ぶための保冷設備、車体後部に装着されるテールゲート昇降装置や水槽など様々な仕様があり、車両重量が変わってきます。

4トントラックの車両総重量によって最大積載量が変わる!

4トントラックの最大積載量は車両総重量によって変わります。そこで、最大積載量の求め方をご紹介します。

4トントラックの最大積載量を求める方法

4トントラックの4トンとは、実はかなり曖昧な表現で、すべてのトラックが4トンの荷物が積めるわけではありません。

正確な最大積載量の求め方は、車両総重量と車両重量(キャブ+シャシー+架装の重量)、乗車定員(1人あたり55キロ×人数)との兼ね合いによります。

よって、最大積載量=車両総重量−車両重量−乗車定員(人数×55キロ)で求めることができます。ということは、車両総重量が重くなれば、積める量も少なくなる、また、車種や装備品によって車両総重量が変わるということがいえます。

過積載に要注意!

車両総重量によって積める荷物の量が決まってくるため、注意しなければいけないことがあります。

それは、現在の車種は装備品が増え車両総重量が重くなってきているため、昔のトラックに比べて荷物が積めなくなってきている傾向があります。そのため、気付かずに過積載になっているなんてことにならないように注意が必要になります。

自分の免許で4トントラックは運転できる?車両総重量に注目!

4トントラックを運転できる免許の区分が少しややこしく、所得した時期によっても変わってきますので、一度確認してみましょう。

平成19年6月1日までに免許を取得した場合

免許制度の法改正前である平成19年6月1日までに免許を取得した場合、「普通免許」の運転できる範囲は車両総重量8トン未満、最大積載量5トン未満となっていました。そのため、「普通免許」で4トントラックを運転をおこなうことができます。

平成19年6月2日~平成29年3月11日までに取得した場合

免許制度の法改正で新たに追加された「中型免許」ですが、この免許ができたため、今まで「普通免許」を所得すれば4トントラックを運転できたものができなくなってしまいました。

この法改正で「普通免許」は車両総重量5トン未満、最大積載量3トン未満となり、「中型免許」は車両総重量3.5~7.5トン未満、最大積載量6.5トン未満となりました。ただし、平成19年6月1日までに普通免許を取得した人が法改正後にいきなり運転できないという訳ではなく、あくまで6月2日以降に免許を取得した場合に適応されます。

平成29年3月12日以降に取得した場合

平成29年に新しく法改正がされ、普通免許と中型免許の間に設立された「準中型免許」では4トントラックを運転することができません。法改正後の運転できる区分は以下の通りになります。

「普通免許」を取得した場合は車両総重量3.5トン未満、最大積載量が2トン未満となっているため、運転することができません。さらに新たに追加された「準中型免許」は車両総重量3.5~7.5トン未満、最大積載量4.5トン未満となっているため、この免許でも運転することができません。

しかし、「中型免許」があれば、車両総重量7.5~11トン未満、最大積載量6.5トン未満であるため運転することができます。よって、「普通免許」「準中型免許」は4トントラックを運転することができないため注意してください。

まとめ

4トントラックは最大積載量は車種によって違い、自分のトラックはどれだけ荷物を積むことができるのかを計算する必要があります。

さらに免許を取得した時期によって運転できるかどうかも変わってきますので、自分が運転できるかどうかしっかりと把握しましょう。

経営者/採用 担当者様へ|ドライバー採用したい方は必見!

「求人媒体にお金を払ったのに1人も応募がなかった...」
「今すぐドライバーを採用したい!」
などを感じている方は、ドライバージョブという人材紹介サービスがオススメです!

ドライバージョブは以下のような特徴があります。
1.完全な成果報酬型で、確実にドライバーを採用
採用が決まって初めて費用が発生するサービスとなっております。

2.無料面談設定を、大量かつ迅速に提供
多くのドライバーが集客出来ているため、無料の面談設定をスピーディーに実施することが可能です。
契約後、1週間以内に採用まで繋がった実績もあるようです。
※とある法人様の一例となります。

3.手間をかけずに、良質な求職者様を採用
キャリアパートナーが転職背景を詳細にヒアリングするため、相性のいい求職者のみ、ご紹介することができます。

このような特徴から、現在では全国のドライバーを採用したい会社(一般貨物/産業廃棄物/バス/タクシーなど)から、お問い合わせが常に来ているようです。
もしご興味がある場合は、以下のページから無料の資料ダウンロードをオススメします!

無料 資料ダウンロードはこちら >>

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手