重機オペレーターの仕事はきつい?大変・辛いポイントを口コミでご紹介!

   

大きな重機を運転するのは楽しいけれど、重労働に疲れ果てているあなた。重機オペレーターの仕事に限界を感じていませんか。

でも、今まで培ってきた経験を生かして次のステージに進むことは十分可能です。

そこで、重機オペレーターの仕事の辛さを再確認した上で、経験を生かして働く方法についてご紹介したいと思います。

重機オペレーターとは

重機とは建設現場や工場、倉庫などで利用されている大型の機器で大きな荷物、重い荷物を移動させたり、広い範囲を整地したりと、人力ではできないような大きな力が必要な際に重用されるものです。

その重機を運転、操作する人のことを重機オペレーターと呼んでいます。もちろん重機を運転するにはその重機に対する知識や技術、資格などが必要になるために誰にでも運転できるわけではありません。

重機オペレーターの仕事内容

まとめて「重機」と呼んでいますが実際にはいくつもの種類があります。ここでは代表的な重機について紹介していきます。

フォークリフト

工場や倉庫、建設現場などで見られるものです。長いツメの部分をパレットなどに差し込んで持ち上げ、移動した先で下ろすということができます。運送業界なども含めてとにかく活躍の場が広く、フォークリフトの運転ができると活躍の場が非常に広がります。

油圧ショベル

パワーショベルなどでも呼ばれる重機です。土砂を掘り起こしてその土砂を別の場所まで運んだり、トラックに積んだりしているイメージが強い機器です。

また、ショベルにアタッチメントを付けることで岩石を砕いたり、建物を破壊して撤去するといった使われ方がされることもあります。

クレーン車

こちらも大型の工事現場などで見ることが多い重機です。先端のフックに大きい荷物、重い荷物を引っ掛けて吊り上げることができます。

クレーン車を運転するには資格が必要になるのですが、フックに荷物を引っ掛けるには「玉掛け」の資格を別にとる必要があります。

ブルドーザー

重機らしい重機と言われるのがブルドーザーです。油圧ショベルなどが土砂を掘り起こした後などを一気に整地することができます。土をならすだけではなく、専用のアタッチメントを使えば根を掘り起こしたり木を伐ったりすることもできます。

ロードローラー

前輪が大きなローラーになっており、

  • 建物を建てる前に地面を硬く踏み固める
  • アスファルトやコンクリートの上を走って強度を増す
  • 仕上がりを綺麗にする

といった効果があります。特に道路工事では確実に見かける重機です。

重機オペレーターのここがきつい

最近ではあまり聞かれなくなった「3K」だとよく言われていました。これは「きつい、汚い、給料が安い」というものです。

重機のオペレーターは確かに体力的にもきつい仕事ですし、仕事場が建設現場などで大きな荷物を扱ったりするために危険がつきものです。その割には給料が安いために割が合わないと言われたこともありました。

また、クレーン車などでは安全に慎重に操作をしていると他の職人から早く操作するように急かされることもあり

経験を積んで資格を取得する

それぞれの重機によっては資格がなければ操作できないことが多くなっています。そのため自分が操作したい重機の資格を先に取得できるのであれば取得しておいた方が良いでしょう。

特に「フォークリフト」や「玉掛け」の資格や、車両系の重機が運転できるようになる「車両系建設機械運転者」などを取得しているとどこの現場でも重宝されます。

また、会社によっては働きながら資格取得を応援してくれる場合があります。資格取得中を出勤扱いにしてくれたり、資格取得費用を支払ってくれたりします。

特に実務経験が必要になる資格の場合は働きながら取得する方が現実的です。取れる資格から順番にレベルアップしていくのも良いでしょう。

資格を取れば転職先も広がる

どこの会社でも資格を持っている人は

  • 「就職・転職しやすい」
  • 「資格手当がついて給料が上がる」

といったメリットがあります。そのため取れる資格であれば、ぜひ取得していきたいところです。

ただし重機オペレーターの場合は

  • 「会社に属している人」
  • 「属していない人」

の二種類があります。会社に属しているオペレーターは社員として安定した給料と福利厚生を受けることができます。

会社に所属せずにフリーで仕事をしている人はかなり高い日給ではありますが、保証がなく、福利厚生などもありません。また、「高い給料にあった高い技術」が求められるために要求も厳しくなります。

まとめ

重機オペレーターは楽な仕事ではありませんが、大きな機械を使って大きな仕事をするためにやりがいを感じる人が多くいます。

必要な資格も多くなりますが、重機を運転する爽快感を味わいたいという人は考えてみるのも良いでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、東京・関東を中心に求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、リクナビNEXTは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

リクナビNEXT

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東のみ・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - トラック運転手