運行管理者資格取得の難易度はどのくらい?資格取得に役立つ情報をご紹介!

   

国家資格である運行管理者資格は、運送業を行う上で必ず必要になる資格であり、法律で定められた人員を配置することが決められているため需要の高い資格です。

そのため、資格取得を目指す方は多く、合格率は気になる項目ですよね。そこで今回は、運行管理者資格の合格率や受験に関することについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

運行管理者ってどんな仕事?

運行管理者は正しく理解していないと「配車をする人」と勘違いすることがありますが、実際には違います。

「乗務員の配車予定を組む」「仮眠場所、休憩所の管理」「乗務員の運転技術指導」「点呼・確認」「乗務員の健康状態の管理」「運行状況の把握と管理」など仕事は多数あり、どれも重要なものばかりです。

運行管理者資格の難易度は?

貨物

運行管理者の資格には二通りあります。「貨物」と「旅客」というもので試験内容も違っています。貨物はトラックなどでの運送がメインとなっており合格率は「33%」前後となっています。3人に1人といったところでしょうか。

旅客

旅客の資格でも道路運送法などを学んだ上で試験を受けなければいけません。おもにバスやタクシーなど人を運ぶ業種がメインとなっています。合格率は「34%」前後となっています。

受験資格について

実務経験1年以上

運行管理者資格の試験を受けるには「自動車運輸事業者(軽貨物運輸業を除く)又は、特定第2種利用運送事業者の事業用自動車の運行管理に関する実務経験が1年以上ある」ことが条件となります。

基礎講習修了者

実務経験がない場合は、「国土交通大臣が認定する講習実施機関において、試験区分に応じた基礎講習を修了(受講予定の方は、試験日の前日までに修了)した」ものであることが条件になります。
「貨物」と「旅客」がありますので、それぞれ確認しておきましょう。

気になる問題内容と合格基準は?


問題内容

「貨物」と「旅客」では試験問題が違っています。試験内容は以下のようになっています。
・貨物
① 貨物自動車運送事業法
② 道路運送車両法
③ 道路交通法
④ 労働基準法
⑤ その他運行管理者の業務上必要な知識・能力

・旅客
① 道路運送法
② 道路運送車両法
③ 道路交通法
④ 労働基準法
⑤ その他運行管理者の業務上必要な知識・能力

合格基準

合格基準は以下の通りです。
① 原則として、総得点が満点の60%(30問中18問)以上であること。
② 下の出題範囲の(1)~(4)の出題分野ごとに正解が1問以上であり、(5)については正解が2問以上であること。

(1)貨物自動車は貨物自動車運送事業法、旅客自動車は道路運送法:8題
(2)道路運送車両法:4題
(3)道路交通法:5題
(4)労働基準法:6題
(5)その他運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識及び能力:7題

受験日程や受験料は?

まず「願書受付期間」ですが、
①11月下旬~12月中旬頃まで
②5月下旬~6月中旬頃まで(年2回)
となっています。

「試験日程」は、
①3月第1日曜日
②8月第4日曜日(年2回)
です。

受験は日本のそれぞれの地方の主要都市が会場となっていますので近い場所を選ぶようにしましょう。受験料は「6,000円」です。

そのほか書面で申請する際は「1,030円」、インターネットで申請する際は「648円」必要になります。

過去問題のやり込みが合格への近道

運行管理者資格の試験は毎年の試験に出題される問題はそれほど傾向が変わらないという特徴があります。しかも全問記述ではなく選択式ですので過去問をやり込めばかなりの得点をとることが期待できます。しっかりとやりこんで試験に臨むようにしましょう。

おすすめ問題集

運行管理者試験 問題と解説 貨物編 平成30年8月受験版

貨物の運行管理者試験の過去問やその解説がわかりやすくまとめられている問題集です。運行管理者資格の勉強の王道ともいえる問題集です。

2018年版 U-CANの運行管理者<貨物>合格テキスト&問題集【過去問題・予想模擬試験つき】

こちらは勉強内容のなかでも重要なところをわかりやすくまとめている問題集です。過去問や予想問題もついていますのでかなりおすすめできる一冊となっています。

詳解 運行管理者(貨物)過去問題集〈’18年版〉

こちらも勉強している人のあいだではベストセラーといえる人気の問題集です。安定した人気を誇っていることからもその信頼性がわかります。

まとめ

運行管理者資格は運送業界では必須の資格です。持っていることで会社内で重宝されますし、資格手当がつくこともあります。

責任が重い仕事ではありますが、それだけにやりがいを感じるという人も多くいます。ぜひ考えてみましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)無職LP

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 急募案件あり!無職のドライバー向け無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国
・年齢:10代~60代以上全て
・就業状況:無職(離職中)、離職予定

ドライバー専門の求人サービスで、急募案件を多く扱っている特徴があります!
なので、1週間以内の就職/転職が可能です。
再就職手当/失業手当の対応も可能なので、離職中のドライバーにオススメです!
条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【急募案件あり】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【3位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、3位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

 - トラック運転手