低床トラックはどんなトラック?特徴とメリット、デメリットをご紹介

   

地面から荷台床面までの高さが低い低床トラック。高床トラックとはどう違うのか、低床トラックのそれぞれの種類の特徴は何なのか、知りたいですよね。

さらに、低床トラックはどんなメリットやデメリットがあるのか知ることで、運転するときにもきっと役立つはず。そこで、今回は低床トラックについてまとめています。

「低床」「高床」トラックの違いは?

トラックの車種やボディーによって「低床」「全低床」「高床」などの種類が選ぶことができます。これは、トラックの種類によって違いますが、「地面から荷台床面までの高さ」がそれぞれ違うことによって呼び方が分けられます。

低床と高床の違いは、タイヤの大きさが違うことと、地面から荷台床面までの高さが違うという点がありるため、以下でそれぞれの特徴をご紹介します。

低床トラックの特徴

トラックの一番荷台が低いタイプで、タイヤを小さくして荷台全体の高さを低くしていることが特徴です。そのため、得に手積みの場合や重い荷物の積み下ろしが簡単に行うことができます。

高床トラックの特徴

荷台の位置が高く設定されているトラックのことで、リフトがついていることが多くタイヤも大きため、乗り心地も安定して走行できます。

また、荷物やドライバーに対しても揺れが少ないため低床に比べて乗り心地も良く、荷物への負担も少なくできます。さらにタイヤが大きいということは、タイヤの負担も減らすことができるため、メンテナンスも少なくて済みます。

一方地面から荷台床面までの距離が高いため、人力での積み下ろし作業での身体の負担は大きいとも言えます。

低床トラックはさらに全低床と超低床トラックがある

低床トラックの中ではさらに「全低床」と「超低床」とがあるため、それぞれご紹介します。

全低床トラックの特徴

荷台の床が地面から高すぎることで、荷積みや荷降ろしの際に相当な労力を使いことになります。そのため、それを解消するために荷台の位置全体を低くした全低床車というものが作られました。

全低床車とは、扁平タイヤを使用しタイヤ自体を薄くし、その分全体の車高を低くするという方法です。ホイールも小さいものを使い、より一層低床のタイプも存在します。

超低床トラックの特徴

全底床よりもさらに低くしたいという場合、リアタイヤのみ可能な限り小さくするという方法を採用した超底床というタイプが存在します。フロントタイヤはノーマルのままのため、キャビンの位置は変わらず、荷台だけが明らかに低くなっています。

低床トラックのメリット

低床トラックの場合、荷台の高さが低くなることで発生するメリットは以下の通りです。

荷物の積み下ろし作業が楽

一番のメリットは地面から荷台までが低いため、荷物の積み下ろしが簡単ということ。特に荷物を人力で運ばなければいけない場合は、特に身体に負担をかけてしまいます。

また、引越し業者など重い荷物を手積する仕事の場合はかなりきついでしょう。そのため、荷台が低いことで身体にかかる負担も大きく軽減することができます。

多くの荷物を運べる

荷台を低くしている分、積載スペースを多くとることができるため、容積的に多くの荷物を積むことができます。そのため、それほど重くはないが、かさばるものをたくさん運ぶ時などには重宝するでしょう。

低床トラックのデメリット

低床トラックは作業のしやすさを重視していますが、その分乗り心地などの走行に影響を与えることがデメリットにつながります。

タイヤが小さくスペアタイヤが2つ必要

低床の場合は後輪のサイズが小さく1台で2種類のタイヤが必要になるため、スペアタイヤも2種類必要になります。

乗り心地は他と比べると悪い

タイヤが小さい分揺れや衝撃が伝わりやすく、路面状況によりかなり車体が揺れることもあるため、乗車している人や荷物に悪影響を与えてしまうこともあります。

どうしても揺れの対策が必要な場合は、タイヤで吸収しきれない衝撃をサスペンションで吸収するために、エアサスを取り付けるという対策も考えられます。費用がかかりますが、その分荷物や身体に負担をかけないことができるでしょう。

詳細に知りたい!低床トラックのサイズ

底床トラックの詳細の寸法をご紹介します。

寸法はどれくらい?

大型トラック平ボディーの低床タイプの一般的な寸法は以下の通りです。

・8トン低床 車種8750、荷台幅7500、荷台長さ3050
・10トンノーマル 車種9500、荷台幅8500、荷台長さ2400
・10トン低床 車種10000、荷台幅9600、荷台長さ3150
・12トン低床 車種11500、荷台幅9600、荷台長さ3180
・14トン低床 車種13900、荷台幅9600、荷台長さ3150
・15トン低床 車種15300、荷台幅9600、荷台長さ3000
※積載重量は全て2350
※単位はmm

高さやタイヤのサイズはどれくらい?

大型トラックの平ボディーで比較してみると、ノーマルタイプで1400mmの高さで、低床の場合、10トンの荷台高さは950mm、超低床は850mmとなっています。ちなみに850mmの低床サイズは中型低床トラックと同じ高さのため、楽に荷物の積み下ろしができます。

12トン低床となると920mm、14トン低床だと950mmのため、低床タイプはノーマルと比べてとても低くなっていることがわかります。

また、タイヤサイズは大型トラックの低床タイプで245 70R 19.5インチが一般的となります。

まとめ

トラックの荷台の高さはさまざまですが、どれが一番いいという訳ではなく、どれもメリット、デメリットが存在します。例えば、低床タイプはたくさん荷物が積め、負担を減らすことができる反面、乗り心地が悪いという面もあります。そのため、荷台のタイプは用途によって使い分けることが大切と言えるでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)無職LP

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 急募案件あり!無職のドライバー向け無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国
・年齢:10代~60代以上全て
・就業状況:無職(離職中)、離職予定

ドライバー専門の求人サービスで、急募案件を多く扱っている特徴があります!
なので、1週間以内の就職/転職が可能です。
再就職手当/失業手当の対応も可能なので、離職中のドライバーにオススメです!
条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【急募案件あり】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【3位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、3位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

 - トラック運転手