タコメーターの見方って?トラックにはメーターがいっぱい!

   

最近の普通車にはタコメーターがついていない車種も多く、タコメーターの存在すら知らない方もいますよね。しかし、ほぼ全てのトラックにはタコメーターが備わっており、存在を知らない方では見方も良く分からないですよね。そこで今回は、気になるタコメーターの見方から、普通車にはないトラック特有のメーターの見方までご紹介していきたいと思います。

タコメーターの見方って?

タコメーターはエンジンの回転数を確認するためのものです。主に変速するときにエンジンの回転数を確認するためにあるものですので、ドライバーが自分で変速をしないATの自動車ではそもそも必要のない計器です。もともとは手動の変速機であるMTで必要だったものです。「×000rpm」が回転数を表しているので、それで確認しましょう。

 

何の役に立つのか?

燃費の向上

MT車を運転する際はタコメーターを見ながら運転することで安定した運転を行うことができます。AT車の場合であってもタコメーターでエンジンの回転数を確認することでエンジンの状態を把握することができます。そこで意識的に高いギアを使ってエンジンの回転数をコントロールすることで燃費を向上させることができます。

パワーバンドの維持

エンジンが効率よく働いている状態が「パワーバンド(トルクバンド)」と言いますが、タコメーターを見ながら運転することでその状態を維持することができるのです。

シフトチェンジのタイミング

トラックに長い間乗っているとその車の音や振動、速度感覚などによってタコメーターを見なくてもシフトチェンジのタイミングがわかってくるものですが、慣れないうちはタコメーターはその目安になるものです。回転数を回しすぎたり回転が低すぎたりする状態でシフトしてしまうとノッキングなどの原因になるので注意しましょう。

回転数オーバーを防ぐ

エンジンの回転数がオーバーしている状態で走行しているとエンジンに負担がかかり続けて故障の原因になります。また、回転数オーバーの状態でシフトチェンジをするのもエンジンのためには良いことではありません。

MT車には必須のタコメーター

最近ではタコメーターがついていない車も増えてきましたが、MT車にはやはりタコメーターがあるメリットが多くあります。しかしトラックには依然としてMT車が多く、やはりタコメーターは必須であると言えるでしょう。

トラックについているメーターとは?

Ad Blue

Ad Blue(アドブルー)とは、日産化学工業(株)、日本化成(株)、三井化学(株)が
製造する「尿素32.5%の水溶液」のことで、ドイツ自工会の登録商標でもあります。
ディーゼルエンジンの「窒素酸化物除去装置」である「尿素SCRシステム」に必要になるものであり、この働きでアンモニアを発生させることができます。

加水分解によって発生したアンモニアは有害な窒素酸化物を窒素と水に還元することで環境保全に役立つようになっています。

燃料計

タンクにどれくらい燃料が残っているかどうかを測るのが燃料計です。ただし「メーター」「ユニット」「配線」などに不具合があると正しく計測することができません。満タンに燃料を入れたのに燃料計が正しく反応していないときなどは故障している可能性があります。

水温計

夏は特に水温計が重要になります。「C」は低温、「H」は高温を指し示します。そのあいだのセーフティゾーンを指し示していれば問題ありませんが、「H」の状態が続くとオーバーヒートする可能性が高くなっています。冷却水の量を確認する必要があると言えます。

ただし運転状態からすぐに確認しようとすると高温の蒸気が噴き出すことがあります。十分に自然冷却した上で確認をしましょう。

タコメーター

エンジンの回転数を確認するためのものです。MT車のシフトチェンジなどに必要な計器であると言えます。

スピードメーター

言わずとしれたスピードを確認するための計器です。厳密にいえば「実測値」ではなく、タイヤの回転数から計算してだされている数字なのですが、目安としては普通に使用することができます。

圧力計

タイヤ空気圧測定で、製品によっては増圧や減圧が簡単なレバー操作で可能になっているものもあります。

トラック特有の圧力計

トラックはタイヤだけでなくブレーキ、クラッチ、エアーコンプレッサーなどさまざまなところに「エアー」が使用されています。エアーコンプレッサーのプーリーには電磁クラッチが組み込まれており、レギュレター(圧力検出器)で電磁クラッチへの電源供給・遮断をしています。それらを正しく管理するために圧力計はかかせない道具などのです。

まとめ

トラックにはタコメーターをはじめ、様々な機器がついています。直接運転に関係はないというものもありますが、運転の補助や燃費の向上、安全な運転をするためには必要なものばかりです。最近ではタコメーターを搭載していない車も出てきていますが、トラックには必須の機器でもあります。ぜひ正しく有効的に使用していきましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、東京・関東を中心に求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、リクナビNEXTは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

リクナビNEXT

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東のみ・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - トラック運転手