ルート配送は楽ってホント?どのような仕事内容かをご紹介

   

配送の仕事に興味を持ち転職を考えている方は、よくルート配送という業務内容を目にしますよね。しかし、ルート配送についてなんとなくこんなものではないかというイメージは出来ても、実際の仕事内容を把握している方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、ルート配送は楽なのか、仕事内容はどのようなものなのかについてご紹介していきたいと思います。

ルート配送の仕事内容

ルート配送の仕事は決まった場所、決まった時間に配送をしていくというもので、コンビニやスーパー、自動販売機など様々な場所に配送していきます。勤務時間が不規則になりやすいトラックドライバーの仕事のなかではもっとも規則的な勤務と言われています。

一般的には朝に会社や倉庫などで荷物を積んで、色々な配送先を回り、夕方くらいに会社に戻ってきて勤務が終了するという動きになります。

ルート配送は楽なのか

ルート配送は長距離ドライバーほど長い距離を運転しっぱなしということはありません。決められたエリア内を配送して回るからです。何を運ぶか、どこに運ぶかということはありますが、配送先が前もって決まっているために急激に忙しくなったりするということはありません。

ただ、時間通りに運ぶということには注意です。コンビニの弁当やおにぎり、スーパーの商品など到着する時間が遅れると販売に支障をきたすというものもあります。配送時間だけしっかりと守れているのであれば比較的気持ちは楽な仕事と言えるかもしれません。

ルート配送の一日の流れは?

ではここでルート配送ドライバーの具体的な一日の動きを紹介します。

6:00 出社してトラックのチェックを行い、配送ルートを確認して積み荷場へ
6:30 一日分の積み荷をトラックに積んでいく。その際おろす順番などをよく考えて積んでいくこと。午前中順番に配送先を回る。エリアや運んでいるものにもよるが5件~10件が一般的。
12:00~ 休憩、昼食をとる。
13:00~ 昼からの配送先を順に回っていく。
16:30  会社に戻る。トラックのチェック、報告書の作成、運転記録の記入などを行う。
17:00  退社して帰宅する

といった流れです。もちろん深夜に配送する場合や早朝に配送する場合もあります。そういった時間の配送のときには深夜手当や早朝手当がつくことがあります。

こんな人に向いているルート配送の仕事

人とのコミュニケーションを取りたい人

トラックドライバー、特に長距離ドライバーなどは一人の時間がとにかく長く、人見知りやあまり人とコミュニケーションを取りたくないという人も多くいます。

しかし、ルート配送は配送先で係の人と頻繁に会いますしコミュニケーションを取る必要も出てきます。人とのコミュニケーションを取りたいというドライバーには向いていると言えます。

長距離の運転が苦手な人

ルート配送は決まったエリア内を配送して回るために数百キロにも及ぶような長距離の運転をすることはありません。

長距離の運転は苦手だという人には向いていると言えます。

道を覚えるのが苦手な人

ルート配送は基本的に同じ場所に配送に行きます。だいたいは曜日で決まっていますが、その配送先への行き方さえわかっていればあちこちの道や広い範囲の道を覚えるという必要はありません。

単純作業が好きな人

ルート配送は新しい地域、行ったことがない場所に行く、やったことがない仕事をするということがほとんどありません。

同じ場所に配送に行って、同じような仕事を行います。こういった単純作業が苦ではない人にとっては向いている仕事だと言えます。逆に単純作業が苦手という人にはつらいかもしれません。

プライベートな時間を大切にしたい人

ルート配送のドライバーはトラックドライバーとしては珍しいほど時間には規則的です。そのため夜はプライベートな時間を優先させたいという人には非常に向いています。規則的な勤務体制を好む人がルート配送を選ぶのはそういった理由からなのです。

ルート配送のメリット

出勤時間が一定

ルート配送はほとんどが曜日ごとに配送先が決まっており、毎日勤務の開始時間や終了時間が大きく変わるということがありません。そのため規則的に出勤することができるため体への負担も少なくなります。

配達件数が決まっている

あらかじめ決められた配送先に順番にまわっていくために急に配送先が追加されるということはまずありません。もし急に言われてもそもそも配送分しか荷台に積んでいないので行くことはできません。そのため急に配送先が増えるということがないのです。

拘束時間が短い

トラックドライバーと言えば拘束時間が長いということが有名です。その分、荷積みを行っている間に休憩したりすることができるようになっています。

しかし、ルート配送は決められた配送先を順に回って、それが終了すると勤務も終了となります。そのため拘束時間はドライバーとしては短くなっているのです。

ルート配送のデメリット

毎日同じことの繰り返し

ルート配送は曜日ごとに配送先が決まっており、運ぶ荷物もほとんど同じです。つまり同じ仕事をとにかく繰り返すことになるため単純作業が苦手な人にとっては大きなデメリットとなってしまいます。

繁忙期には物量が増加する

繁忙期だからといって配送先が急に増えるわけではありませんが、運ぶ量が増えることがあります。新商品が多く出される月曜日や季節によっては運ぶ量が増え、そのことによって配送時間に影響してくるのです。

給与水準が低め

長距離ドライバーやタンクローリーなどのドライバーと比べるとルート配送は給与水準が低く設定されています。運送距離が短いことや特別な資格や免許が必要ないということなどが影響していると言われています。

人によってはストレスを感じることも

こういったデメリットによってルート配送ドライバーは大きなストレスを感じてしまうことがあります。ルート配送の場合は、自分の性格や性質を考えて向いているかどうかを判断しなくてはいけません。

まとめ

ルート配送はドライバーの中でも勤務時間や配送ルートなどが特殊な部類に入る仕事です。資格や技術というよりも性格が関係してくる仕事です。

同じような仕事を繰り返すことや、決まった配送先に決められた時間に配送するといった仕事が自分に向いているのかどうかということです。仕事内容の向き不向きを考えて選ぶようにしましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手