自走ドライバーとは?自走/回送ドライバーの仕事の流れと働くメリット/デメリットとは

   

車両を目的地に届ける仕事のひとつに自走ドライバーがありますが、荷物を運ぶのではなく車両のみを輸送するため気になっている人も多いのではないでしょうか。

そこで、今注目の自走ドライバーの仕事内容やメリットとデメリット、についてご紹介したいと思います。

車両回送の種類

そもそも「回送」とは鉄道車両、バス、タクシーなど交通機関の車両を営業運転を行わないで移動させるものです。

実際に使用されている回送も多くの種類があります。

  • 乗り捨てられたレンタカーを元の場所まで回送する
  • 自動車を購入したお客の家まで回送する
  • 車を整備工場まで回送する

など様々です。回送する車は普通車だけでなく、トラックやバスなどの大型車なども含みます。

その回送の仕方には大きく二種類あります。

  • 「自走回送」
  • 「車両回送」

です。ここではその二つについて簡単に説明していきます。

自走

回送したい車両にドライバーが乗って、自走して回送することを自走回送と言います。その車が普通に走ることができる状態のときに多く用いられる方法です。

車両運搬

回送したい車を運転していくのではなく、回送したい車をキャリアカー、レッカー車などに積載して運ぶことを車両運搬と言います。故障していて自走できない車を回送するときに多く用いられます。

自走ドライバーの仕事の流れ

自走ドライバーとして働く場合もいくつかの種類があります。まず乗り捨てレンタカーの回送専門ドライバーです。

この仕事は

  • 「観光地」
  • 「行楽地」
  • 「観光シーズン」

であればかなりの繁忙期となり仕事が次から次へと回ってきます。そのためかなり多忙な一日が続くことになります。

それとは別に

  • 「大型車専門回送」
  • 「遠距離回送」

などもあります。大型車の場合は当然それに会った免許が必要になります。遠距離回送の場合は泊まりになることもあります。車中泊になることもありますので、かなり不規則な勤務体制になるでしょう。

こういった大まかな仕事の流れは「会社に属しているか」「フリーで仕事をしているか」によっても大きく変わってきます。簡単に言えば「保証があるかないか」「やればやるほど稼げるのか一定なのか」が違ってくると思っておきましょう。

資格

自走するドライバーは資格が必要となります。もっとも必要になるのは「運転免許証」です。普通免許を持っていれば一応仕事はできますが、幅広い車両を回送するのであれば、大型免許や牽引車、大型特殊免許なども必要になってきます。

また、車両を運搬することを委託して運ぶ際には「二種」の免許が必要になってきます。こういった免許を持っていれば持っているほど多くの仕事ができると思っておきましょう。
運転免許証

自走ドライバーで働くメリット

常に車を運転するということが仕事ですので「運転好き」「車好き」には大きなメリットとなります。また、「色々な車種の車が運転できる」というメリットもあります。

中にはヨーロッパの高級車専門の回送業者なども存在しており、そういった車を運転できるというのはなかなかできる経験ではありません。

フリーで行っている仕事の場合は日給制で日払いで支払ってくれることもあります。すぐに現金を手にすることができるというのもメリットと言えます。

自走ドライバーで働くデメリット

残念ながら自走ドライバーはデメリットも多い仕事です。

まず遠方の車の回送の場合などは往復の交通費やガソリン代が立て替えになることが多くあります。そのため先にある程度のお金を自分が支払う必要があります。

また、事故に遭った、車をぶつけてしまったという場合などは保険に入っているとはいえ責任問題が発生してきます。高級車であった場合などはより責任は重くなります。

他には最近の車に多くついているドライブレコーダーの存在です。これは事故などの時、責任の所在を明確にできるものですが、同時にドライバーがサボったりしていることもすべて記録してしまうものでもあります。

そして自走ドライバーは行きは二人一組で行動することが多い仕事でもあります。相方が仕事が遅い、折り合いが悪いといった場合は精神的にもつらい仕事となるでしょう。

自走ドライバーの雇用形態

回送ドライバーには

  • 正社員
  • 契約社員
  • アルバイト

などいくつかの雇用形態があります。また、地域によっても平均給料が違うといったことがあります。

代表的な都市の平均給料では、

  • 東京:時給1200円、日給1万円、月給20万円
  • 大阪:時給1000円、日給9500円、月給19万円
  • 福岡:時給1100円、月給25万円
  • 仙台:時給900円、月給16万円

となっています。総じてそれほど高い給料とは言えません。

まとめ

自走ドライバーは往復の移動や、運転している車に対しての責任などを考えた場合、給料が低いことを考慮すると割に合わない仕事とも言えます。

ただし、

  • 「色々な車を運転できる」
  • 「好きな運転をしていればお金がもらえる」

と考えることができる人にとっては素晴らしい仕事とも言えます。自分の性格や好みに合っているのであればぜひ応募してみましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)無職LP

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 急募案件あり!無職のドライバー向け無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国
・年齢:10代~60代以上全て
・就業状況:無職(離職中)、離職予定

ドライバー専門の求人サービスで、急募案件を多く扱っている特徴があります!
なので、1週間以内の就職/転職が可能です。
再就職手当/失業手当の対応も可能なので、離職中のドライバーにオススメです!
条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【急募案件あり】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【3位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、3位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

 - トラック運転手